#dig954

3月15日(金)「メタンハイドレート」

藤木TDC江藤愛のコンビ
でお送りする金曜Dig!



先週は野球中継が延長したため、

TBSラジオでは

2週間ぶりの放送です!


今夜のテーマは

『メタンハイドレートなど

 海底資源の開発が

 もたらす未来とは?



■ 今週12日火曜日、経済産業省は、
 愛知県沖の海底地層に埋まっている   
 次世代エネルギー『メタンハイドレート』から
 天然ガスの主成分であるメタンガスを
 取り出すことに成功しました。 

■ メタンハイドレートは深海や永久凍土の地層で、   
 メタンと水が結びついた氷状の物質。   
 火をつけると燃えることから
 『燃える氷』とも呼ばれています。 

■ このメタンハイドレートは
 日本近海にも大量に眠っているとされ、   
 その量は日本で消費する天然ガスの
 およそ100年分とも言われています。 

■ 日本では2011年に
 東京電力・福島第一原子力発電所の事故が発生し、   
 火力発電の割合が増加。   
 日本はエネルギーの95%を
 海外からの輸入に依存しているため、   
 各地で電気料金が値上がりしている状況です。   

■ そのため、国産の燃料の確保は
 重要な課題となっていて、   
 メタンハイドレートはその切り札となれるのか
 注目が集まっています。 

■ 茂木・経済産業大臣は会見で   
 「日本周辺の資源を
 一日も早く活用できるようにしたい」と述べ、   
 国産の燃料開発に意欲を示しました。 

■ 今夜は、メタンハイドレートとは一体どのような物質で、   
 実用化に向けどういった課題があるのかを
 明らかにした上で、   
 こうした海底資源の開発技術がどこまで進んでいて、   
 今後、どういった未来をもたらすのか、
 考えていきたいと思います。



スタジオには、
科学技術ジャーナリストの

石川 憲二(いしかわ・けんじ)さん
をお迎えします





さらに、週刊東洋経済・編集委員の

中村 稔(なかむら・みのる)さんに
電話でお話をうかがいます!


リスナーのみなさんからメッセージも募集!

『メタンハイドレートに関する疑問

*『海底資源開発やその技術に関する質問



メールは dig954@tbs.co.jp

FAXは  03‐5562‐9540

ツイッターのハッシュタグは #dig954





23時25分頃からの

ColumnDigTag『藤木TDCのCDT』

暴力団と日本社会の赤裸々な関係を暴く本

「大阪府警暴力団担当刑事」を紹介します!







ニュースのコーナーでは
『安倍総理のTPP交渉参加表明』について
東京大学大学院教授の

鈴木 宣弘 さんに
電話でお話をうかがいます!



今までのラジオに加えて、

インターネットでも生放送が聴けます。

詳しくはこのホームページ左上の

「生放送を聴く」のボタンから。 

 

お葉書によるご意見・ご感想は

〒107‐8066 

TBSラジオ「ニュース探究ラジオ・Dig」まで