#dig954

3月22日(金)「合成ハーブ」

藤木TDC江藤愛のコンビ
でお送りする金曜Dig!


今夜のテーマは

『きょうから

 "指定薬物"として包括規制!

 合成ハーブの広がりは

      止められるのか?


■ 今まで法律に基づく規制の対象からはずれてきたために、  
  "脱法"とも呼ばれてきた、合成ハーブ。 

■ この材料として使われる可能性のある化学物質772種を、
 厚生労働省が"指定薬物"として
 製造や販売を禁止する包括規制を、きょうから始めました。 

■ 2009年頃から広く流通しはじめた合成ハーブは、   
 大麻や覚せい剤などの違法薬物と似た化学物質を
 乾燥させたハーブに混ぜたもので、 
 催眠・興奮・幻覚・幻聴などの作用があり、   
 痙攣や意識障害などの
   重い健康被害を引き起こした例もあります。 

 ■ 合成ハーブを使用した男がひき逃げ事故を起こし、   
 危険運転致死で逮捕されるなど社会問題化したことで、 
   去年から本格的に法規制する動きが加速していましたが、   
   化学物質の構造を一部だけを変えることで、
   規制から逃れる新製品が後を絶たず、   
   いたちごっこという指摘もあります。   

■ 今夜は今回の包括規制により、
  合成ハーブを取り締まる環境はどう変わるのか、   
  その危険性・有害性、
  合成ハーブが広がった背景などを理解し、
  規制の現状と、その広がりを止めるための課題について、
  考えていきたいと思います!


スタジオには、
国立精神・神経医療研究センターの
薬物依存研究部・依存性薬物研究室長

舩田 正彦(ふなだ・まさひこ)さん
をお迎えします



さらに、合成ハーブの販売店を取材した
毎日新聞社会部記者の

黒田 阿紗子(くろだ・あさこ)さんに
電話でお話をうかがいます!



リスナーのみなさんからメッセージも募集!

『合成ハーブに関する疑問・質問




メールは 
dig954@tbs.co.jp

FAXは  03‐5562‐9540

ツイッターのハッシュタグは #dig954





23時25分頃からの

ColumnDigTag『藤木TDCのCDT』

昭和のノンフィクション奇書をガイドする

「昭和史の謎を解く名著60冊」を紹介します!









ニュースのコーナーでは
『財政危機に陥っているキプロス』について
毎日新聞の

坂井 隆之 さんに
電話でお話をうかがいます!



今までのラジオに加えて、

インターネットでも生放送が聴けます。

詳しくはこのホームページ左上の

「生放送を聴く」のボタンから。 

 

お葉書によるご意見・ご感想は

〒107‐8066 

TBSラジオ「ニュース探究ラジオ・Dig」まで