#dig954

6月28日(木)「牛レバ刺し」

藤木TDC&江藤愛の今夜のDig、
今夜のテーマは・・・

『牛レバ刺し禁止直前
 
 "本当に"もう食べられないのか?』


■ 厚生労働省は、来月1日から、
 食中毒の恐れがあるとして、
 生の牛レバー(肝臓)を「レバ刺し」などとして、
 販売・提供することを禁止します。

■ これは、牛の肝臓にO157など
 腸管出血製大腸菌がいることが確認されたためで、
 厚生労働省によりますと、今のところ、
 腸管出血製大腸菌に汚染されているかどうかの検査方法や、
 洗浄、殺菌などの有効な予防対策が
 見いだせないということです。

■ 7月以降、この規制に違反した飲食店には、
 2年以下の懲役、
 もしくは200万円以下の罰金が
 科される可能性があります。

■ 一方、全国の食肉販売業者が加盟している、
 全国食肉事業協同組合連合会=全肉連は、
 この規制に反発。

■ 今年5月には、提供禁止を見直すよう求める要望書を
 厚生労働省に提出。
 要望書では、牛の解体処理後、速やかに肝臓を取り出して、
 徹底的に洗浄、検査することによって
 「O157が存在しない肝臓のみを流通させることができる」
 と反論しています。

■ また、現在も全肉連では、
 牛レバー生食規制の反対署名を行っていて、
 6月19日時点で、
 すでに6万7000人以上の署名が集まっています。

■ 消費者からも禁止には様々な声があがり、
 「規制やむなし」という意見がある一方で、
 牛レバ刺しを提供している飲食店には、
 現在、駆け込み需要が発生。
 閉店前に品切れになる店が続出しています。



今夜は、
東京大学・食の安全研究センターのセンター長、

関崎 勉 さんをお迎えして、
牛レバ刺しが禁止になる理由や背景を
わかりやすく整理しながら、

今後、食べられるようになることはないのか、

詳しくお話をうかがいます!


さらに、ノンフィクションライターの

藤井 誠二さんに、

飲食店や消費者への影響など

電話でお話をうかがいます!



皆さんからは

『牛レバ刺し禁止について思うこと
を募集中!

また、牛の生レバーを提供している飲食店や
食肉販売業者の方、
もし番組をお聴きでしたら、
『現在の状況や規制の影響』について教えてください!



メールは dig954@tbs.co.jp

FAXは  03‐5562‐9540

ツイッターのハッシュタグは #dig954



ニュースのコーナーでは、

一橋大学大学院社会学研究科の

塚越 健司 さんに

『ハッカー集団アノニマス』について、

お話をうかがいます。



今までのラジオに加えて、

インターネットでも生放送が聴けます。

詳しくはこのホームページ左上の

 

「生放送を聴く」のボタンから。 

 

お葉書によるご意見・ご感想は

〒107‐8066 

TBSラジオ「ニュース探究ラジオ・Dig」まで