#dig954

2月8日(水)「子ども・子育て新システム」

荻上チキと外山惠理の水曜Dig。

今夜のディグ・テーマは
「待機児童。幼保一体化...。
『子ども・子育て新システム』で解決するのか?」

先月末、政府の有識者会議「子ども・子育て新システム」のワーキングチームが、制度の最終案を取りまとめました。
最終案では...
*幼保一体型の「総合こども園」(仮称)を2015年をめどに創設
*認可保育所は3年程度をめどに完全に「総合こども園」に移行させるが、
 幼稚園の場合は「総合こども園」に移行することもできるが幼稚園のままでもいい
*民間企業やNPOにも、総合こども園への参入を認めた
*保護者は、市町村から保育の必要性の認定を受けた上で、総合こども園と直接契約する。
 利用料は、所得や利用時間に応じた形で、現行と同水準となる見通し

今月中に政府が正式決定し、3月中に関連法案を国会に提出。
2013年度から順次実施...という見通しになっています。

厚生労働省によりますと、保育所の入所待ちをする「待機児童」は、去年4月現在で全国で2万5600人。
新システムで、子どもの保育や幼児教育はどう変わるのか?
待機児童などは解決されるのか?
*ジャーナリストの猪熊弘子さんをお迎えするほか、
*「子ども・子育て新システム」基本制度ワーキングチームのメンバーでもあった日本保育協会理事・坂崎隆浩さんに伺っていきます。

ラジオをお聴きの皆さんからは...
*「子ども・子育て新システム」についての疑問・質問
 今の保育所や幼稚園に関して抱いている疑問・質問
*小さいお子さんがいる方、保育園や幼稚園の関係者からの声も是非!


11時38分頃からは「NEC Wisdom Square
今月は「仕事としての社会貢献」というテーマで、
TABLE FOR TWO International代表、小暮真久さんをお迎えしています。
2回目の今夜は、「実際の活動内容。読み聞かせの例」

また、10時台のニュースのコーナーでは、自殺対策月間の標語「GKB47」の顛末について。
ライフリンク代表の清水康之さんに伺います。
そして、深夜営業では、絶滅したと思われていた海鳥発見のニュースも取り上げます。

「コラム・チキチキ塾」は、『ニッポン異国紀行』(石井光太)
お楽しみに。

メールは        dig954@tbs.co.jp
Faxは        03-5562-9540
ツイッターは    #dig954