#dig954

放送後記 1月12日(木)「JR福知山線脱線事故とは何だったのか?」

藤木TDCと江藤愛でお送りしたDig。

木曜Digの生放送は年明け最初の放送となりました。

今年もこのコンビのDigをよろしくお願いします。

 

テーマ本編では、

2005年4月に発生したJR福知山線の脱線事故で、

業務上過失致死の疑いで起訴されていたJR西日本の前社長に

無罪判決が言い渡されたニュースをきっかけとして

事故を振り返りつつ、裁判の争点は何だったのか?

を掘り下げていきました。

fujiki0112.jpg 

 

スタジオゲストは、

弁護士の山本憲光(やまもと・のりみつ)さん。

山本さんには無罪判決が出されたのはなぜなのか?

企業経営トップが責任を問われるとはどういうことなのか伺いました。

yamamoto0112.jpg 

 

 

そして、鉄道ジャーナリストの梅原淳(うめはら・じゅん)さん。

梅原さんには、事故がどのような状況の下で行ったのか?

当時の鉄道業界の安全対策はどうなっていたのか?を伺いました。

umehara0112.jpg 

 

 

また、一連の裁判の取材を続けている

共同通信神戸支局の松井健太郎(まつい・けんたろう)さんには、

裁判では何が問われたのか?事故から裁判に至るまでの経緯を

電話で伺いました。

studio0112.jpg 

 

 

江藤さんの様子

eto0112.jpg 

 

 

0時すぎのニュースでは、

アフガニスタンに駐留しているアメリカ海兵隊の兵士が

タリバン兵士の遺体に放尿しているシーンを映した動画が

流出している問題について、ニューヨーク在住のジャーナリスト、

北丸雄二(きたまる・ゆうじ)さんに伺いました。

 

 

曜日パーソナリティのコラムコーナー「藤木TDCのCDT」。

今夜のテーマは、富士フイルムの小型映画用8ミリフィルム・フォーマット

「シングル8」のフィルム販売中止で8ミリ映画はどうなっていくのか?

をテーマに語りました。

 

藤木さんが手にしているのは「月刊宝島」。

「昭和遺産探訪」という連載を持っている藤木さん。

今回取り上げた8ミリ映画だけでなく、真鍮菅アンプ、すしの折詰など

昭和の香りが残るスポットやアイテムを紹介する連載です。

digtag0112.jpg 

 

 

 

きょうのOA曲

GO‐GO MARIO / Trouble Funk (藤木さんの一曲)

戦士の休息 / 町田義人 (キズナプロジェクト)

 

(担当:瀬尾)