#dig954

2月16日(水)「劇画一代・梶原一騎とは何者だったのか」

2月21日~25日の放送内容はコチラ

さて、いつもノーガード戦法・藤木TDCとトリプルクロスカウンター・外山惠理でお送りしている水曜Dig。
今夜、取り上げるテーマは
『巨人の星』『あしたのジョー』『タイガーマスク』

        劇画一代・梶原一騎とは何者だったのか?

*明日のためにDig1。
ライターの木村光一さんをお迎えして、当時の少年たちは、

なぜ、梶原作品にあれほど夢中になったのか?掘り下げていきます。
木村さんは、藤木さんと同い年(1962年生まれ)。
10年ほど前に、雑誌『ナンバー』で、梶原一騎・真樹日佐夫原案の

小説『ふたりのジョー』という作品も書いています。
さらに、梶原一騎の原作にはどんな特徴があったのか?
梶原一騎原作の『甲子園の土』を描いた

漫画家の一峰大二さんにうかがいます。

*明日のためにDig2。
『夕やけを見ていた男 評伝梶原一騎』を執筆した、

ジャーナリストの斉藤貴男さんをお迎えします。
生い立ち、原作者としての絶頂期、逮捕...

梶原一騎の人物像について掘り下げていきます。

*明日のためにDig3。
今、梶原一騎をどのように読めばいいのか?
また、みなさんと梶原一騎作品との関わりについてのメッセージも紹介。

ラジオをお聞きのみなさんからは
*梶原一騎作品、私のイチオシ
*梶原一騎についての疑問・質問
などメッセージを募集

藤木コラムは、『ビデ倫裁判』最終弁論レポート

メールは    dig954@tbs.co.jp
Faxは    03-5562-9540
ツイッターは    #dig954