#dig954

1月12日(水)「自衛隊のFX(次期主力戦闘機)はどうなる?」

藤木TDCと外山惠理でお送りしている水曜Dig。

今夜のテーマは
「自衛隊のFX=次期主力戦闘機はどうなるの?
ステルスみたいに見えにくい実情」

防衛省は今月に入って次期主力戦闘機、FXの機種選定に向けたプロジェクトチームを設置。
年内に最終選定する方針です。

自衛隊が現在持っている戦闘機は、F-15、F-2、そしてF-4。
特に、F-4は開発されたのが1950年代。
日本では1971年に配備が始まったということで、つまり、もう40年近くも、飛び続けているわけです。
今もおよそ70機が現役だそう。
で、防衛省が選定作業を行っているのは、このF-4に代わる機種。
候補として挙がっているのは、3つくらいあるらしいです。

そこで、今日は、自衛隊のFXはどうなるのか?
はたからはなかなか見えにくい選定作業の実情などについて、軍事ジャーナリストお2人をお迎えして伺っていきます。
お一人は、Digでもおなじみ、神浦元彰さん。
そしてもう1人は番組初登場、桜林美佐さんです。

*今の戦闘機はどこまで技術が進んでいるのか?
 どれだけコストはかかるのか?
 など自衛隊の戦闘機に関する疑問・質問
*航空ショーなどで戦闘機を間近に見た経験はある?
*戦闘機。メカとして好きですか?かっこいいと思う?
などメッセージを募集。

藤木コラムは「新年は古新聞から学べ」

メールは dig954@tbs.co.jp
FAXは   03-5562-9540
お便りは 〒107-8066 TBSラジオ「Dig」まで
twitterは、#dig954 でご参加を!