• トップ
  • 放送後記
  • セットリスト
  • ポッドキャスト

iTunesに登録する

iTunesをお使いの方は、このボタンをクリックして番組を登録することができます。

RSS_Podcasting

このアイコンをRSS対応ソフトにドラッグ&ドロップすると、自動で番組をダウンロードできます。

>> 初めての方はこちら

番組メールアドレス

プロフィール

菊地成孔(きくちなるよし)
●生年月日:1963年6月14日生
●出身地:千葉県銚子市
音楽家、文筆家、音楽講師。
85年にプロデビュー、ジャズを基本に音楽活動を展開。
現在は「デートコースペンタゴン・ロイヤルガーデン」、「菊地成孔とペペトルメント・アスカラール」、「菊地成孔ダブ・セクステット」で活動中。
文筆家としては「スペインの宇宙食」、「歌舞伎町のミッドナイトフットボール」、「ユングのサウンドトラック」など。

IPサイマル radiko

第159回(2014年6月13日)『生誕51周年記念!菊地成孔をはぐくんだ邦楽たち。銚子・観音町から、新宿・歌舞伎町まで』の写真館です。

DSC_0001.JPG
セッティング中。ポツンと置かれたCD-J。
DSC_0005.JPG
菊地さんに用事があってスタジオ入りした選曲補佐の中村さんDはレコード屋さんでもらったブラジル音楽の再発CDのチラシに、O(オススメ)と×(買わなくてもよい)をつけていただきました。ありがとうございました。
DSC_0012.JPG
用事。
DSC_0021.JPG
質問メールに目を通す菊地さん。紹介しきれない程のたくさんのメッセージありがとうございました。
DSC_0036.JPG
曲をかける順番を思案中。
DSC_0051.JPG
『生誕51周年記念!菊地成孔をはぐくんだ邦楽たち。銚子・観音町から、新宿・歌舞伎町まで』と題して、菊地さんが人生を振り返りながら、当時の日本の名曲をオンエアしました。以下、djaponさんが文字起こしをした抜粋です。

今回は「和モノ」という縛りもありますし、さらに言うと、自分でいろいろ...どんな番組にしようか一所懸命考えたんですけど、やっぱりね...ジャズ、ヒップホップ入れてると、とりとめがつかなくなっちゃうんで、全部抜きました。...ので、結局やっぱり子供の頃の記憶となる和モノの曲となると、昭和歌謡にならざるを得ないですよね。この曲がワタシに...「チェンバロが入ってるとオシャレだ。」っていう、ま...今では当たり前の事なんですけど、「チェンバロが入るとオシャレ。」っていうことと、あとは「インターテクスチュアリティ」。いきなり難しい言葉喋ったな...って感じですけど、「インターテクスチュアリティ」ってのは例えば、この楽曲がそうなんですけど、ワタシもよくやります...いまだによくやってますけど。音楽作品なんだけど、自分が書いたんじゃない、関係ない有名な本のタイトルをそのまま音楽作品...アルバムの名前にしたりね...ワタシは「構造と力」っていうアルバムがありますけど。まあ...ムーンライダーズさんっていう...後に1曲かける...かもしれない、今日ちょっと何の予定も決めずにフリースタイルでやってますからね、「カメラ=万年筆」っていう有名なアルバムがあって、全曲が映画のタイトルになってるんですよね。これはまあ...10ccなんかもやったアイディアですけど、「インターテクスチュアリティ」...しかし10ccもムーンライダーズも、ワタシいい加減大人になってからです。

DSC_0070.JPG
それに対してこの曲、弘田美枝子さんの「人形の家」という曲はですね、これは...イプセ ンの戯曲ですよね、「人形の家」っていうのは...それをムード歌謡のタイトルにしたんです、なかにし礼さんが。作曲は川口真先生です。え~...非常に素晴らし いです。今回あの...「自分を彩った音楽」とか言って、いちおう全部聴いたんですけど、残念ながらね...ノスタルジーと結び付いてるからいいと思ってるだけ で、今聴くと色褪せてるものもあるんですよね。でも「今聴いてもやっぱり凄いわ...。」っていう、やっぱりその...「ほんとにクオリティがあるよな...。」って いうものだけ、今回お届けしようと思って積んで来たんですけど。弘田美枝子さんという方は、元々はっちゃける...アイドルだった人です。あの...「V・A・ C・A・TION...楽しいな...」つって「ヴァケィション」歌ってた方なんですね。その方が、ある時ガンッと「大人の歌を唄うんだ」っつってジャズ歌手に転 向されるんですよね。その後も大変な人生を歩みます、弘田さんは。しかし「弘田美枝子物語」ではありませんので、とにかく曲を聴いていただきたく思いま す。これがワタシをして、「ムード歌謡にちょっとシャンソン風味が入ること」「チェンバロ...」そして「インターテクスチュアリティ」...この3つの重要な、 いまだにワタシが大切にしていること...の原点になっていると思います。聴いて下さい。なかにし礼作詞、川口真作曲によります、「人形の家」

IMGP4412.JPG
では当番組自慢の画伯たちの新作をご紹介します。まずは匿名さん。「日本語ラップ特集」ですね。
IMGP4416.JPG
猛獣達を見事に束ねる菊地さん(笑)。初めての投稿でしょうか...練馬のS画伯でいいですか?
IMGP4417.JPG
ニコニコ動画で素材士(よくわかっていませんが)として活躍中のツルツル画伯。
IMGP4418.JPG

IMGP4419.JPG
あくまでも不謹慎な姿勢がブレない、天才画伯。
IMGP4420.JPG

IMGP4421.JPG

IMGP4422.JPG

IMGP4423.JPG

IMGP4424.JPG

DSC_0085.jpg
おしまいにファッションチェック。またしてもメモを紛失して記念撮影に。
DSC_0087.JPG
『生誕51周年記念!菊地成孔をはぐくんだ邦楽たち。銚子・観音町から、新宿・歌舞伎町まで』終了。お疲れさまでした!菊地さんも放送で言ってましたが、4時間必要でしたね。さて、次回は久しぶりに菊地さんが思いつくままにしゃべって曲をかけるフリースタイルです。