• トップ
  • 放送後記
  • セットリスト
  • ポッドキャスト

iTunesに登録する

iTunesをお使いの方は、このボタンをクリックして番組を登録することができます。

RSS_Podcasting

このアイコンをRSS対応ソフトにドラッグ&ドロップすると、自動で番組をダウンロードできます。

>> 初めての方はこちら

番組メールアドレス

プロフィール

菊地成孔(きくちなるよし)
●生年月日:1963年6月14日生
●出身地:千葉県銚子市
音楽家、文筆家、音楽講師。
85年にプロデビュー、ジャズを基本に音楽活動を展開。
現在は「デートコースペンタゴン・ロイヤルガーデン」、「菊地成孔とペペトルメント・アスカラール」、「菊地成孔ダブ・セクステット」で活動中。
文筆家としては「スペインの宇宙食」、「歌舞伎町のミッドナイトフットボール」、「ユングのサウンドトラック」など。

IPサイマル radiko

第138回(2014年1月19日)の写真館です。ポップスの歴史のお勉強〜大瀧詠一さんに捧ぐ。

IMGP8650.JPG
今週の収録には、某雑誌の取材が入りました。カメラマンの方は夜電波のリスナーさんだったので、ブースの中で大喜びされていました。
IMGP8692.JPG
今週は「ポップスの歴史のお勉強」がテーマ。それが最終的には先日お亡くなりになった大瀧詠一さんへの追悼に繋がっていきました。
IMGP8706.JPG
以下、djaponさんの文字起こしの抜粋です。

えと...さてですね(笑)、ポップスと言ってもですね、20世紀ですよね。レコードのポップスの話なんですけど。特にシングル盤っていうか、今言っても若い方なんか分からないかもしれませんけど、「ドーナツ盤」っつって、1曲だけ入ってる...ね。「シングルカット」っていう言葉自体も、なんか...死語、古語になっちゃいましたからね。五十になったな...って感慨でいっぱいですけど。ま、20世紀のポップスといえば、片面に1曲だけ入ってるシングル盤...ま、裏面が後から出てきますけどね。あのレコードに1曲だけ入って、それを家で何回も聴く...っていう欲望ですよね。

IMGP8783.JPG

「いやあ、そりゃあテクノロジーが発達したから、そうなったんだろ?」っていう話かも しれないですけど、やっぱテクノロジーが発達するにしても、やっぱり後ろには欲望がないとダメですから、まず。なんで、ある欲望があって、1曲だけ家で何 回も聴きたい...っていうことになったと思うんですよね。20世紀の、特に欧米のポップスですよね。ま、もっと言うと、アメリカン・ポップスっていうのは、 もちろんフォークソングだとかですね、大衆の音楽ですよね...路端の音楽っていうか...ストリート側の音楽も出自にしているっていうか、親の片方ですけどね。 ただやっぱね、クラシックからも来てると思うんですよ。特にまあ...その直前の娯楽だった、オペラですよね。

IMGP8860.JPGのサムネール画像
ポップスの歴史を解説する流れで、当番組ではめったにオンエアされない、オペラのアリアがかかりました。
IMGP8859.JPG
以下、曲目はセットリストをご参照ください。
IMGP8863.JPG

IMGP8867.JPG

IMGP8878.JPG

IMGP8793.JPG
オペラにおける前歌がレチタティーヴォ。
IMGP8805.JPG
それがジャズではバース、ポップスではバースとはサビの事、ヒップホップでは、サビ(フック)の前の部分がバース←あってますよね?なお、今回の放送は音楽をカットしてしまうと話の内容が全く伝わらないので、ポットキャストのUPはひかえさせていただきます。どうかご了承ください。
IMGP8833.JPG
黒幕P登場。
IMGP8838.JPG
悪だくみ中です。
IMGP8883.JPG
恒例のファッションチェック。帽子はAYAKO OKUNO、マフラーはGAP、ニットとパンツはユニクロ、メガネ(老眼鏡)はDITA。なお、画伯達の新作は先週大放出したので、今週はお休み。次回の写真館をお楽しみに。
IMGP8888.JPG
えーと靴は・・・本革です。