• トップ
  • 放送後記
  • セットリスト
  • ポッドキャスト

iTunesに登録する

iTunesをお使いの方は、このボタンをクリックして番組を登録することができます。

RSS_Podcasting

このアイコンをRSS対応ソフトにドラッグ&ドロップすると、自動で番組をダウンロードできます。

>> 初めての方はこちら

番組メールアドレス

プロフィール

菊地成孔(きくちなるよし)
●生年月日:1963年6月14日生
●出身地:千葉県銚子市
音楽家、文筆家、音楽講師。
85年にプロデビュー、ジャズを基本に音楽活動を展開。
現在は「デートコースペンタゴン・ロイヤルガーデン」、「菊地成孔とペペトルメント・アスカラール」、「菊地成孔ダブ・セクステット」で活動中。
文筆家としては「スペインの宇宙食」、「歌舞伎町のミッドナイトフットボール」、「ユングのサウンドトラック」など。

IPサイマル radiko

2011年12月アーカイブ

DSC01652a.JPGのサムネール画像

★お疲れ様でした。次回は第一回の再放送ですが、ファーストアルバムにはそのアーティストの全てが入っているなんてよく言われますよね。

 

そうですね。たった4曲とはいえね。

 

★ 泣ける所も笑える所もあり、全部の要素が入っている。個人的には大好きなのでまた放送する事ができてうれしいです。ところで今、初回から今までの放送内容をまとめたリストがあるのですが、菊地さんこれを見ていただいて印象的だった回とかありますか?

 

そうですね。もう30回過ぎてますけど、夜電波は「あれ~この日何やったっけ?」っていうのがないですね。(リストを見ながら)特に日曜時代は、口上の内容から、プレイした曲も全部覚えているんじゃないかなってぐらいで、全部印象深いですね。「印象深くないね~この回は」というのが全くないですね。

今年は震災は言うまでもなく、余震の日々の中でレコーディングしたり、ブルーノート東京と契約したり、(DCPRGが)インパルスと契約したり、個人事務所立ち上げたり、個人的には転機の年と言ってもいい年なので、それなりに感慨がある年のはずなのね。生まれて初めてした、しかも重要時が、いくつもあったんですから。

 でも、大づかみなイメージというか、ぱっと一年を振り返った時、ずーっと『夜電波』をやっていた感じですね(笑)。ずーっと『夜電波』の事考えて『夜電波』をやり続けていたというイメージです。だから全部覚えてますし・・・(さらにリストの見返しながら)ああ、2時間になってからも全部覚えてますね。やっぱり(笑)。

 まあ、どんなに自信があっても自画自賛なんて他じゃしませんけど、この番組に関しては「全部面白かったよね」と衒いなく普通に言えるというか、素直な気持ちで(笑)、「だって本当に、やっててオモシロく無かった時なんか一回も無かったんだもの」と。なんか全集とかあるじゃないですか。ああゆう感じでこう、全部を全集にしてとっておきたい感じですよね。はい。個人的には持ってる訳ですけどね(*番組のリーガルな録音物として)。

 

★節目節目でいろんな人が現れたというか・・・例えば刑務所の中の「懲役太郎」(5年の刑で服役中)さんから手紙が来たり、毎週ハガキに絵を描いて送ってくる天才画伯だったり、あとは菊地さんが意図したものではありますがKILLER SMELLSことヒシダさんとか、作り手のこちらが予想しないキャラクターがどんどん乗っかって来てそれがなんかこう、やっていて嬉しいですね。リアクションがここまである番組って、僕が今まで関わった番組では珍しいですね。

 

ああ、そうなんですか。普通の一般的な番組って、ハガキ職人とか、ネタの中で必ずキャラクターみたいなものが出てきてしまうとか、番組のADさんが変わり者だとか、なんか絶対あるじゃないですか。キャラクター出てきますよね?ああゆう事のバリエーションだと思っていたんですが、それにしても一般的に言うと強烈なんだなと。画伯と懲役太郎さんは。あとヒシダさんっていうのは(笑)。

 

★全員アウトサイダーですよね。

 

そうですね。

 

★ちょっと大げさですけど、この閉塞感のある世の中に、かかえきれないものを持ってこぼれてしまった人を救済するプログラムになっているかもしれませんね。

 


だはははは。救済って、青汁じゃないんだから(笑)、まあなんて言うのかな。番組全体のトーンとマナー、よく広告屋とかが言うじゃないですか?「トンマナ」とか言っちゃったりして。あんなもん、100%知的に設定できるもんじゃないですよね、自然に出て来るモノとのハイブリッドで流動的に形成される訳ですが、とにかくワタシが番組開始に際して心がけたのは「自分がいま聴きたい番組を作る」という事だけなんですが、んでまあ、それは、言葉で言っちゃうとアレですけど「良い調子」って事なんですね。「面白おかしく、良い調子で行きましょうよ」って事です。だから、どんなにエグイ回でも、狂気の回ですらも、基本的には癒される感じが出てると思うんですよね。やってるワタシが「あー、良い調子だなあ」と思ってやってるんで。

まあ、日本がこんな状況じゃなかったら、この番組のこの凝縮した内容でやったら疲れるっていうか、聴いてて嫌になっちゃうエグイ番組になっちゃったと思うんですけど、ホスピタリティには毒性も不可欠だという法則がありますよね、そういう適合のパーセンテージが、状況と適応関係になっていると思いますが。

 

 ★優しい番組な気がしますね。別にお説教もしないし。

 

 え?説教したりするんですか?ラジオって。

 

 ★そういう人もいますよ。パーソナリティーによっては。「もっと本気を出せよ」みたいな。叱ってもらいたいリスナーとかに対してね。

 

 ああなるほどね(笑)。来年からバンバン叱っていきますか?ははははは。お前ちゃんとしろ!しっかりしろって!大バカヤロー!みたいな(笑)

 

★リスナーの兄貴みたいな。

 

 そりゃ無理ですよ。弟なんだから(笑)。

 

 
★でも全てを受け入れているという懐の深さは感じますよね。

 


懐が深いっていうと大層立派な事みたいですが(笑)、ワタシは混血というか、あらゆるものが混じっている状態が好きなんですよ。洗練というのは、混濁からしか生まれ得ません。それがジャズですよね。

 

★では無理やりまとめに入りますが、リスナーへのご挨拶も兼ねて来年の抱負なんぞをお願いしたいのですが。

 


そうですね。こんな風にしようとか、これを話そうとか、この曲をプレイしようとかはいっぱいあるんで、それをやっていくだけなんで、結局今までと何も変わらないんですが、まあ今日は放送で、儀礼的な意味とはいえ、一年間ご愛聴いただきましてありがとうございましたというような事を申し上げたかったんですが、(時間が足りなくて)それどこじゃなくなって放送が終ってしまったので(笑)、えーなんつうか不義理なようなねイメージがあるんで(笑)、まあそういった挨拶を番組ホームページで補完するっていうのもどうかと思うんですけど(笑)、とは言えまあまあ、これはショービズの方は誰でも言う事ですけど、お客様あっての番組ですんで、楽しんでくださっている方々がいらっしゃるという事が番組の励みになっていうという意味では、他の番組と何も変わりませんから、そういう感じで来年もひとつよろしくお願いします。そして、できれば大企業の方、スポンサーになってくださいっていう(笑)。

 

★ははははは。

 

まあ、エグゼクティヴの決断が難しいとは思うんですがね(笑)。

 

★そうですね(笑)。

 

まあ、3月が乗り越えらればそれで良いんだと(笑)。

 

★「麦とホップ」「セブンイレブン」とかね!

 

両社がついたら「近田春夫の粋な夜電波」になりますけどね(笑)。まあロイヤルホストとかね。この番組で連呼されるって事が企業利益につながるかどうか、ははなはだ疑問ですが(笑)。

 

 
★そうですねー。

 

 
でも前回、近田春夫さんと珍しく2時間ベタづきでいていろんな話をしましたが「麦とホップ」と「セブンイレブン」を褒めている所は全く邪気がなかったですよね。他に邪気があるとかじゃないですけど(笑)、本気で100%ピュアな時間が生じたという(笑)。

 勿論これはワタシ自身の反省であって、まかり間違っても近田さんや、ましてやリスナーの方へのディすりではない事を強調しますが、ワタシは「人間は一日に一度ぐらいは自殺したくなるもんなんだよ」っていう言葉に、おそらく。ですけど、リスナーが「救われました。名言を有り難う」という事に成りうると思うんです。そうした関係が生じるのは、とてもステキな事で、書籍やテレビとも違う、ラジオの宝の様な物であると思うんですよ、でも最初に言った「自分が聞きたい番組」とはちょっと違うんですよね。さっき言ったトンマナね。

だから、ワタシがキチンと突っ込んでいけば良かったの。「それまさに<自殺したくて当たり前>じゃないすか(*番組でもプレイした「調子悪くて当たり前」に掛けて)」とか、「自殺したいと思った事なんか一度も無い、一日に一回はマジで他殺したいと思う人はどうすれば良いんでしょうか。どっちが当たり前なんでしょうか」とかね(笑)、だけど、そこがAMの生番組の限界であり、強味であるというか、タイマンの対談じゃなくて、コッチはタイムキープだのなんだの気にしながら喋るホストで、まあ、受け手ですよね、菊地秀行先生の時もそうでしたが(笑)、良いゲストっていうのはグルーヴして力のある言葉を連発する訳、それに対して、脳内では山ほど突っ込んでるんだけど「うう、天気予報が」とか思ってると、口が自動的に「おお、そうですねえ」って言ってるの(笑)、それでワーッと先に進んじゃうんで(笑)。

「いやー近田さん<カラオケに違う曲乗せればいいんだ>っていうけど、そんな曲聞いたことないですし、初期渋谷系以外は」とか(笑)、「<世論なんか怖くねえ>とおっしゃいますが、怖い怖くねえという話じゃなくて、世論の形成状況について話したいんですよ。相撲があんなんなっちゃったのは、ネットの世論形成力の質が、幼稚なまでに純真になってるからだと思うんですけど」とか、「<K-POPは開けてる>とおっしゃいますが、どこにどう開けてるか。J-POPが下回り(低音部の事)出せないのは、出すと不良の音楽に聴こえるからでしょう。不良とオタクの両方をマーケットに入れないといけない、というミッションがJ-POPの低音不足という奇形性を生んでる訳で、それがエキゾチックになってると思うんですけど」とか、「コード進行は確かに古いものだけれども、今SMAPがこういうレトロな曲を、対アジア仕様でやってる、しかも斉藤和義さんがやってる。斉藤和義さんは、ご自分が作った資生堂のタイアップソングを替え歌にしてYOU-TUBEに上げ、反原発運動した人じゃないですか?その人が年の暮れにタイアップソング(「家政婦のミタ」主題歌)と、<ぱっと聴き資生堂のCMソングに聴こえ易い(実際は違う)>SMAPの新曲を同時期に出して売れまくっているという状況についてお聞きしたかったんです歌謡曲評論家としての近田さんに」とかね、今こうやってソラで思い出せるだけでも山ほどあった。そういった話を、ワタシがホストとしてどんどん突っ込んで行けば良かったの。そうすれば近田さんからもっと高度な話が聞けたと思うんです。でも、ダメだったのよね~(笑)。進行は気になるわ、話がグルーヴして止まらなく成るわで。

だから、やりながら内心で「ああ、いけねえいけねえ、このままだと<自殺怖くねえ><世論怖くねえ><J-POP面白くねえ>で、一刀両断の金銀銅メダルが出てしまう。生きるのが辛い人々が餌喰らってヒーヒー言ってしまうではないか。それは別に全然悪い事ではないが、それってバリバリの兄貴系。良いのか粋な夜電波がそれで。なんとかしろオレ」という無駄な警告音が鳴りまくっていたんですが(笑)、まあ、そういう回はそういう回で良いんですけどね(笑)。ただまあ、対談者としてスキルが足りませんね。来年の反省にしたいと思います。

そんな中、「麦とホップ」と「休みの日には何をされているんでしょうか?」については、脳内ツッコミがゼロになった(笑)。近田さんも誰もが完全に純粋で真空になったっていうか(笑)、第一に、実際「麦とホップ」がうまいっていうね(笑)、あすこは良かったですねえ。日本で三番目にCMの音楽を作っている人が、企業と商品っていう事に関してはあんなにピュアになるのか?さすがロックンロール。って思いましたけどね。

 

★近田さんどんな圧力がかかっても言うって言ってましたからね。

 

だって本当にうまいから言うんだっていうね(笑)。あれこそ消費者の声ですよ。素晴らしいと思いました。


| 放送後記

DSC01590a.JPGのサムネール画像
番組初回の収録時の懐かしいショットです。この頃は画伯もヒシダさんも登場していません。


12月30日(金)は、今年の4月17日(日)に放送された第一回の再放送(前後に菊地さんの最新トークつき)になります。

アーティストのファーストアルバムには全ての要素が入っているともいわれます。当番組の原点を知りたい方、聞き逃した方は是非。番組Dも聞きながら、チョコチョコと裏話なんぞをツイートしたいと思っております。録音なんで(笑)。

TBSラジオでは「レコード大賞」のため放送がなく、地方局でレコード大賞を放送しない局のみに向けての放送(20:00〜20:57)になります。なお、放送の有る無しは各ネット局に よって対応が異なりますので、お手数ですが各自調べていただけますとありがたいです。IBC岩手放送と、TBCラジオ(東北放送)は radiko.jp復興支援プロジェクトにより全国で聴取可能です。


| 放送後記

DSC04187.JPGのサムネール画像
菊地さんスタジオにIN!右隣はJ-WAVEの番組に出演した事もあるレコード探偵ボブこと中村さん。
DSC04188.JPGのサムネール画像
えーと。ここでこの曲を・・・と割り振る菊地さん。
DSC04198.JPGのサムネール画像
始まった!地方局限定の裏送りは正味57分間。
DSC04220.JPGのサムネール画像
2011年、最後の生放送です。
DSC04222.JPGのサムネール画像
普段とは違い、どんどん生放送中にメールをくださいとアナウンス。
DSC04223.JPGのサムネール画像
今日の地方局限定裏送りをわざわざ電波が届く所まで旅に出て聴いている方もいました。しかも「味な粋電波」という事で食堂でアジをつつきながら(笑)。
DSC04224.JPGのサムネール画像
出ました!菊地さんが歌舞伎町の居酒屋で目撃したWBO話。
DSC04226.JPGのサムネール画像
WBO話が盛り上がり、いただいたメールがあまり読めず、失礼しました。
DSC04241.JPGのサムネール画像
57分間はあっという間。
DSC04273.jpgのサムネール画像
天才画伯。今年最後の新作。
DSC04274.jpgのサムネール画像

DSC04275.jpgのサムネール画像

DSC04276.jpgのサムネール画像

DSC04277.jpgのサムネール画像

DSC04278.jpgのサムネール画像

DSC04279.jpgのサムネール画像

DSC04280.jpgのサムネール画像

DSC04281.jpgのサムネール画像

DSC04282.jpgのサムネール画像

DSC04286.jpgのサムネール画像

DSC04287.jpgのサムネール画像

DSC04288.jpgのサムネール画像

DSC04289.jpgのサムネール画像

DSC04264.jpgのサムネール画像
久しぶり!番組の忘備録的な価値がある写実派画伯の新作です。
DSC04267.jpgのサムネール画像
そして、もうすっかり定着したツルツル&コンピューター画伯。
DSC04268.jpgのサムネール画像

DSC04269.jpgのサムネール画像

DSC04271.jpgのサムネール画像

DSC04272.jpgのサムネール画像

DSC04265.JPGのサムネール画像
お!こちらの画伯は初投稿!ですよね?
DSC04261.jpgのサムネール画像
今年最後のファッションチェック。帽子はOKUNO AYAKO。セーターはアレキサンダー・マックイーンのはずだけどタグが取れちゃったので正確には?パンツはホーキンス。ブーツは新宿のABCマートで購入したレッドウイング。お疲れさまでした!
| 放送後記

61Hh3qhVh-L._SL500_AA300_.jpg
♪M2はこちらからかけましたが、海外のアマゾンにしかなかったので各自探してください。同じ曲は他のアルバムにも入っているかと思います。

♪M1 Santa Claus Is Coming To Town /Bill Evans
♪M2 Ornithology/Charlie Parker
♪M3 The Man I Love/Miles Davis
♪M4 What Are You Doing New Years Eve?/
        Ella Fitzgerald Mangini Vs. Pallin Mix

DSC04259.JPGのサムネール画像
♪M3 俗にケンカセッションと言われている曲をかけながら、各ミュージシャンの動きを実況解説しました。
DSC04258.JPG
♪M4 時間がなくて、ちょろっとしかかかりませんでした。

| セットリスト

DSC04133.JPGのサムネール画像
先日の放送でも告知した通り12月23日(金)は、TBSラジオでは特別番組のため放送がなく、地方局のみでの放送(20:00〜20:57)になります。なお、放送の有る無しは各ネット局に よって対応が異なりますので、お手数ですが各自調べていただけますとありがたいです。IBC岩手放送と、TBCラジオ(東北放送)は radiko.jp復興支援プロジェクトにより全国で聴取可能です。
| 放送後記