• トップ
  • 放送後記
  • セットリスト
  • ポッドキャスト

iTunesに登録する

iTunesをお使いの方は、このボタンをクリックして番組を登録することができます。

RSS_Podcasting

このアイコンをRSS対応ソフトにドラッグ&ドロップすると、自動で番組をダウンロードできます。

>> 初めての方はこちら

番組メールアドレス

プロフィール

菊地成孔(きくちなるよし)
●生年月日:1963年6月14日生
●出身地:千葉県銚子市
音楽家、文筆家、音楽講師。
85年にプロデビュー、ジャズを基本に音楽活動を展開。
現在は「デートコースペンタゴン・ロイヤルガーデン」、「菊地成孔とペペトルメント・アスカラール」、「菊地成孔ダブ・セクステット」で活動中。
文筆家としては「スペインの宇宙食」、「歌舞伎町のミッドナイトフットボール」、「ユングのサウンドトラック」など。

IPサイマル radiko

第30回(2011年11月11日)少女時代特集のスピンオフ対談。菊地成孔さん×韓東賢さん(日本映画大学准教授)がK-POPを語るポッドキャストをUPしました!

DSC03458.JPGのサムネール画像
11月11日放送の「少女時代特集」ですが、実はスタジオに菊地さんのお友達である韓東賢さん(著書『チマ・チョゴリ制服の民族誌』でおなじみ)が遊びにいらしていました。韓さんは菊地さんがハングルを歌詞に取り入れたりする際、色々とお手伝い(監修や翻訳)されている方です。せっかくなので、生放送終了後、お二人でK-POPについて対談していただきました。テディ・ライリーではなく(笑)、K-POPに関してかなり突っ込んだ話をされているので、是非お聞き下さい!「韓国にフラれた日本は嬉しいのか悲しいのか?アメリカに舵を切った少女時代特集」の意味がよくわかるかもしれません。(ちなみに対談中で韓さんが思い出せなかったグループ名はBrown Eyed Girlsです)。19日の少女時代アナリーゼのイベントの予告編としても機能するかと思います。