• トップ
  • 放送後記
  • セットリスト
  • ポッドキャスト

iTunesに登録する

iTunesをお使いの方は、このボタンをクリックして番組を登録することができます。

RSS_Podcasting

このアイコンをRSS対応ソフトにドラッグ&ドロップすると、自動で番組をダウンロードできます。

>> 初めての方はこちら

番組メールアドレス

プロフィール

菊地成孔(きくちなるよし)
●生年月日:1963年6月14日生
●出身地:千葉県銚子市
音楽家、文筆家、音楽講師。
85年にプロデビュー、ジャズを基本に音楽活動を展開。
現在は「デートコースペンタゴン・ロイヤルガーデン」、「菊地成孔とペペトルメント・アスカラール」、「菊地成孔ダブ・セクステット」で活動中。
文筆家としては「スペインの宇宙食」、「歌舞伎町のミッドナイトフットボール」、「ユングのサウンドトラック」など。

IPサイマル radiko

菊地成孔さんインタビュー。10月21日(金) 兄・菊地秀行さん生出演を終えて。

DSC03046.JPGのサムネール画像

★お疲れさまでした!


マジでお疲れさまでした!(笑)


★本日のお兄様との放送を振り返ってみていかがですか?


そらもう楽しかったですよ(笑)。何せ生まれてこのかた一時間半兄貴と二人きりで、間に誰もおらず、話したのは初めてですから、これはもうとても新鮮な体験でしたね(笑)。


★面白かったですよね?


そ・・・うですね(笑)。まあ、あんな事すればつまらない事にはならないとは思いますが、とにかく今日は自分の命を賭すつもりで(笑)、生にしたって事ですね。収録にしておけばあとで編集出来るんでノーリスクじゃないですか。ですけど、そんなんじゃあジャズメンとして男が廃りますから(笑)。まだ今日は兄のヴォルテージの60%ぐらいでしたけど、ただ100%出ちゃうと今度は放送できなくなるんで(笑)。


★メチャメチャにしてやるとはおっしゃってましたけど常識的な線で落ち着きましたね。


はい。まあ「アイツはブラフではなく、本当にメチャメチャしに来る」というのは、それこそ兄のキャラを考えた上でのブラフで、本当はとても弟思いの優しい人物ですが、ただほら、自己キャラ持ってるクリエーターが生オンエアに出ると、やりすぎちゃう可能性があるじゃないですか。そこをコントロールするのに身を削る思いでした(笑)。でも結果的にはぜんぜん。何せ、最近はそうでもないですけど、ワタシ以上にテレビやラジオにも出てた事がある人で、決してオンエアがダメという人ではないので、今日はちゃんとやってくれたんで有り難いです。ただとにかく、親父が生きていた頃、3人揃うとワタシが黙っていて、親父と兄貴がしゃべっているんですけど、これはもう1文字も活字におこすことができない様な凄まじい会話だったんで、面白いんですけどね、港町のキビシイ会話なんで。柳ジョージさんの追悼の口上でも言いましたけど、日本は港町のパーセンテージが多いですから、「解る解る」という方も多いと思いますけれども。


★今まで16歳離れていると思っていたのが、本当は14歳だったというのは衝撃的でしたね(笑)。


はい。今日は正しい年齢差を初めて知ったんで(笑)。今日っていうか、昨日の晩知ったんで(笑)、ものすごくドキドキしました(笑)。細かい話はキリがないですけど、本番前日に「うっわー、14歳差だったんだ!」つって、最初の口上から修正しておけば何も無かったんですが、今まであらゆるメディアで16歳差だと言いまくって来た事もあり(笑)、どうしよっかなどうしよっかな。もう生本番ギリギリの判断で、16歳差だと言おう。兄に訂正を入れさせよう、年齢差に頓着があったら絶対訂正する筈だ。と思ったんですね(笑)。いきなりイライラしながら入って来たんで、内心「やったー」と思いながらも、やっぱおっかなかったですね(笑)。でも、兄貴の部屋の天井に貼られていたモンローのポスターが実は親父が貼っていた件とかはマジで初めて知ったんですよ。っていうか、未だに兄が貼ったと思ってますけど(笑)。


★お兄様、オンエアが終わった後、あっさり帰っちゃいましたね。


はい。ああいう人なんですね。なので、あっさり帰るなんていうのは当たり前ですね。放送前に電話も何も一切ありませんでしたから。「明日よろしくな」とか「終わっら飯でも行くか」とか。こっちもないに決まっている、むこうもあるわけないという構えで。そんなもん、あったら逆に気持ち悪い訳です。


★クールな兄弟ですね。


てかまあ、14であれ16であれ、それだけ離れればどっちみち一緒に暮らしていないんで、実の兄弟という感覚が薄いですね。ただ顔もそっくりですし、声も喋り方もだいたい同じで、ちょっと前フリでしくじっちゃったけど、昔はマジで声もそっくりだったんですよ。兄の家でワタシが電話に出ると「ああどうも菊地先生」つって、編集者がそのまま話しかけましたから。まあ、思い起こせばそれも20年近く前の話ですが。とにかく、まあ、これは当たり前の話ですが、違う所が鮮やかに違うだけで、本当に兄は食い物に興味ないですし、こっちは食い物にしか興味ないし、酒もそうですし、ワタシはホラーとかミステリーとかいった怖いものは全然ダメで、むこうはそういうの中心に書いてて、だけどあとは同じなんですよね。何て言ったらいいんですかね。一緒に住んではいないけれども分かり合ってるという感じだと思いますね。


★次回もありますかね?


いや、呼んだら来ると思いますけど、えー。別段そんな、わざわざ呼ばなくてもいいんじゃないかな。って気はしますけどね(笑)。


★間違ってとんでもない聴取率を叩き出したら・・・


そんな何もかも投げ捨てて数字だけを大事にする局だったらワタシが足を洗いますよ(笑)。そんなもんああいう事をすれば面白いに決まってる訳で、そういう事をするために音楽番組やってる訳じゃないですからね(笑)。っていうか、「間違って」も何も数字取ってくれなきゃ困りますよ!(笑)、何のためにリスク犯して呼んだんだ!っていう(笑)。そもそも兄とは冠婚葬祭ぐらいしか会わないですから。


★この番組でしか会わないっていうのはどうですか?冠婚葬祭に行かないで、そのかわりこの番組で会うっていう。CMの間に冠婚葬祭話をすませてもらう(笑)。


いやあそれはエグすぎですよ(笑)。キラースメルスはまりの人もそうなんだけど(笑)、やっぱエグいもんはハンバーグや鳥の唐揚げみたいにポップですからね。普段いろいろと音楽流したり喋ったりしてるのもなんもかも全部危ない線のエグい感に持って行かれてしまう。というのは20世紀の罠です(笑)。ワタシ個人としては今日楽しかったですけれど、やっぱりね緊張が半端じゃないんで(笑)。終わって肩の荷が降りた瞬間にしどろもどろになっちゃったりしてね(笑)。ですんで遠慮しときます。違う人の兄貴だったら全然緊張しませんが(笑)。


★これから赤坂(フーターズ)に飲みに行きますしね。よかったですね。


そうですね最低でも年1回の恒例になればいいかなと。いや、やっぱそれも良いです。無くて(笑)。

DSC03018.JPGのサムネール画像