• トップ
  • 放送後記
  • セットリスト
  • ポッドキャスト

iTunesに登録する

iTunesをお使いの方は、このボタンをクリックして番組を登録することができます。

RSS_Podcasting

このアイコンをRSS対応ソフトにドラッグ&ドロップすると、自動で番組をダウンロードできます。

>> 初めての方はこちら

番組メールアドレス

プロフィール

菊地成孔(きくちなるよし)
●生年月日:1963年6月14日生
●出身地:千葉県銚子市
音楽家、文筆家、音楽講師。
85年にプロデビュー、ジャズを基本に音楽活動を展開。
現在は「デートコースペンタゴン・ロイヤルガーデン」、「菊地成孔とペペトルメント・アスカラール」、「菊地成孔ダブ・セクステット」で活動中。
文筆家としては「スペインの宇宙食」、「歌舞伎町のミッドナイトフットボール」、「ユングのサウンドトラック」など。

IPサイマル radiko

菊地さん最新インタビュー。胸キュン(笑) 青春時代について語ります。

DSC02590.JPGのサムネール画像
燃えつきる=キャロル・ラスト・ライブ!

★以前番組で、高校時代に悪い女友達2人組がいたとおっしゃっていましたよね。バイクで海に行ったりした。差し支えなければその2人のお話をしていただけますか?

 

 悪い。っちゅうか、要するにエイティーズ・ヤンキーですよね。その当時どの学校にもいた、後に「積木くずし」みたいなビジュアルになってゆく。まあ「ビーバップハイスクール」ですよ。レディースが出て来ますねアレには。んでまあ、コンビででしてね「まり」と「まりこ」だったんで(*菊地注/どちらも仮名です)、「まりまりこ」と呼ばれていたんですけれど(笑)、どっちが「まり」でどっちが「まりこ」か忘れちゃいましたけどそれくらい一心同体になっていたんですよ。1人が小さいんですよね。もう1人が大きいの。でも悪いって言っても今のギャルと一緒で格好が単にそういうだけで、本当にハードコアに悪い奴は別にいたんですけれど。「まりまりこ」はワタシの学校でしたからね。一応銚子市で一番偏差値の高い進学校です。「一番偏差値が高い」ったって、銚子市ですけどね(笑)。

んでまあ、一番悪いのがいたのは●●●●っていう女子校だったんですよ。よくある話ですよね。ワタシの学校でヤンキーの格好をしていると目立つっていうだけで、ガチで悪いのは●●●●っていう就職するしかない女の子達が行ってた高校に山ほどいて・・・今ではあのパワーバランスがどうなっちゃったか分かりませんが、高校もだいぶ編成が変わっちゃったんで、帰ったら無くなった高校もあるかもしれず、っていうのが地方都市の現状ですよね。で、「まりまりこ」はワタシと同じ、私立文系のあまり勉強ができないクラスにいた名コンビだったと。

ただまあ、バイクにも乗ったりしていたんだけど。ワタシも2ケツした事が1~2回あるっていう程度で感じで、ワタシの場合、ビジュアルのイメージから、女子の不良っていうと「まりまりこ」のイメージがバッと出て来ちゃうというだけの話で、彼女達は実際イタい事はしてなかったんで、まあ有機溶剤とかね(笑)、タバコは吸ってたと思いますけど。タバコはみんな吸ってたし、酒も飲んでいたし、セックスもしていたと思うんですが、まあそれは大体みんなしていたんで、悪い・・・という感じではなかったですけどね。ギャルの源流ですよ。良い子で面白くてルックスが独特という。

 

★菊地さんはこの2人からどういう感じで一目を置かれていたんですか?

 

 いやまあ、なんか面白い奴、って事だと思いますよ。たぶん。いろんな男がいるけど、連中はドラスティックだからものすごい美形で野球部でピッチャーやってるとか、そういう所に価値観がいくじゃないですか。でもそのどっちでもなかったんで。とは言え、まあ体重は100キロ近くありましたから(笑)前も言った通り。だからデブで面白い奴だったと思いますね。デブで面白くて音楽に詳しく、物知りなちょっと気の違った奴って感じだったと思いますよ(笑)。

 

 
★2ケツ大変ですよね。重くて。

 

 ただ向こうが細いんでね。バイクは250でしたね、確か。で、海岸ちょっと走りましたけど。まあそんな甘酸っぱいもんじゃないですよ。ドキドキしたりとかは全然なくて(笑)ただ本当に友達として。ブーンと行って遊んだだけです。海岸って言っても、遠出するイメージじゃないですから銚子は。もうそこここが海岸なんで。ちょっと学校から出て、坂降りたら海岸ですから。ちょいと行っただけで、そんなに輝かしく甘酸っぱいものではないですけれど。

 

★高校生と言えばRCサクセションの「トランジスタラジオ」みたいに授業をさぼって屋上でタバコ吸って・・・

 

 
ああ。あれは進学校だったら美しいですけどね。全員が屋上でタバコ吸ってる様な学校だったら美しくもなんでもないですよね(笑)。ウチらはまあ●●●●っていって一番上なんですけれど、さっきも言いましたが一番上と言っても何せ銚子ですから(笑)まあロクでもないですよね。いずれにせよ。だからもう全然みんな基本的には勉強できないし、タバコも普通に吸ってましたしね。あんな素敵なモノではないです。

 

 ★バレンタインとかどうでした?

 

 
あ?バレンタイン。まあ常に付き合ってる子がいて、付き合ってると言っても(笑)・・・高校生の付き合いですからたかが知れてますけど、付き合ってる子がコロコロ変わったりして楽しくやってましたから。バレンタインデイは楽しくチョコもらったりしていましたけれど、とは言え今みたいに(手作りチョコの)キットが売っててハンドメイドでものすごいのが来るとかあんなのなかったですよ。まだあの当時ですから、ゴディバとか日本になかったと思うし、東京にあったとしても銚子にないですから(笑)その・・・菓子屋で売ってるチョコレートに手紙がついてるくらいですよ。確か。




★黒幕P 体重100キロでもモテたんですね?

 

 
ああー。あんまり本人が気にしてなかったので。オレはデブだコンプレックスみたいなのはなくて・・・あんま気がついてなかったんですよね(笑)・・・ヤバいって事に。でもやっぱデブに汗っかきとか不潔というのが重なってくるとダメかもしんないですけど、今のデブキャラ、伊集院さんだとか、ワタシが一時期バックバンドのメンバーとしてお世話になった、亡くなったウガンダさんとか、あの人もすごいオシャレで、いつでも清潔でいい匂いさせてて。ワタシも実家が飲食店で、親父がムチャクチャ清潔で、夏場は一日に4回風呂入るって言う男で、死ぬ直前まで香水振ってましたし、ワタシも自然とそういう感じで。まあ結局デブでもイケてればOKですよね。やせてても気持ち悪かったらダメじゃないですか(笑)。だからデブが決定的な痛打になるという感じはなかったですね。そこそこ良い調子にやってたんで。

 

 
★あのー無理矢理話をそっちに持って行こうとしている訳ではないんですが、一番甘酸っぱい思い出って何ですかね?あれキュンとしちゃうな・・・みたいな。高校生の時とか。

 

 
ああー高校生の頃は・・・別に話ごまかす訳じゃないですけど、今でこそ何て言うんですかね、中年の感受性になって来て、あきらめだとか渋みが出て来ましたけど、ついぞ35〜6までは毎日甘酸っぱかったんで(笑)、毎日キューンとしていたんですよね。あのー今でも油断するとキュンとするんで(笑)落ち着けよと、自分にいい聞かせてますけど(笑)。まあまあこれは全然NGじゃなくて載っけてもらってかまわないんですが、39歳で不安神経症をやるまでは毎日キュンとしていましたね。あれやると、そんなにキュンとしてちゃマズいって事が解るんですよね(笑)。

ですからまあ、それまでは狂った様に、毎日のキュンとして、レコード聴いては「これが人生の1曲」って毎曲思ってた様な状況ね。一種出過ぎている訳ね、アドレナリンが(笑)。まあ躁状態っていうか。躁病みたいな躁じゃないけど、軽躁状態みたいなのがずーっと続いていて、毎日感動して、毎日感涙にむせび、みたいな状態が長かったんで、「あの日こそ特にキュンとした」みたいのがないんですよね。

 

 
★ずーっとキュンとしてたんですね?

 

 
はい。それは非常に危険な事です(笑)。

 

 
★黒P オーバーヒートしますよね。

 

 
躁病的ね。躁病っていうのはもっとスゴいんだけど。自分でも止められないし、キュンどころじゃないんで、躁病は。もっとすごい誇大妄想的な事とか、すさまじい所まで行くんで。ワライタケを食ったみたいな、顔は笑ってるけどすごい苦しいっていう状態が躁病なんですよね。ワタシは躁病ってほどじゃないんで、要するに青春病みたいな奴で、主観的にはすごい幸せなんですよ。それがあるとき預貯金をおろす様に不安がドサッとおりて、それでパニックみたいになったんですね。それで両極行っちゃったんで、まあ間を行きましょうって事ですよね簡単に言えば。興奮し過ぎない様に、演奏にとっておきましょうっていう(笑)。トランスは仕事している時間だけにとっておいて、終わったら少し何も考えない時間とかね、つまんねえなあとか、辛いなあっていう時間があるのが普通ですから、っていう風になりましたけど。それまではお祭り騒ぎですよね。

 
ただね、これ、何回かインタビューが連作みたいになっていますけど、あの時代(80年代)貧乏っぽいくて鬱っぽい人ってあんまりいなかったんですよね。いたんでしょうけど、ビハインドだったと思います。少なくともワタシの周りは。全員が半狂乱になってて、「コマネチ」って言うと止まんないみたいな。「コマネチ」って一回言って満足する時代じゃなかった。「コマネチ!コマネチ!コマネチ!」って(笑)誰か止めてくれっていう時代ですよね。30回位言ってる奴とかいたんで。お前ひどいなーと思いながら、自分も言うと止まんないんですよね。(一度履いたらもう止まらない)赤い靴みたいな。これが普通なんだと思って。で、上京したのが82年なんで、東京もこんなんなってて(笑)、ああ俺は別に間違ってなかったっとばかりにそのまま35過ぎる位までずーっと(お祭り騒ぎを)やってたんですよね。バブル崩壊とかで、お、窓辺が秋っぽいぞと思って来て、色々鬱とか引きこもりとか、校内暴力とか、景気の悪い話が出て来たなあと思ってもまだわかんなかったですね。自分がずっとキュンキュンしていて。彼女とファーストキスだの、童貞がなくなった日とかもちろんその中にたたみ込まれてくるんですが、そこだけバコーンと突出している訳ではなくて、毎日スゴかったですね。セックスはもう、病気だというほどヤバいのをやりまくりましたけれども、セックス以外も全部セックスみたかったんですよ。今思い出すと、微笑ましいというよりもゾッとします(笑)。

これなんか可愛い過ぎるエピソードですけど、思えばワタシ、給食の時に・・・放送部がいるじゃないですか。で、放送部と別にゲリラって言うか勝手に放送してたんですよね。

 

 ★ほお〜(驚)

 

 
爆笑問題の田中さんの「ウーチャカ大放送」(学生時代、田中さんがしゃべってカセットに録音していたDJ番組)話を、あいつおっもしろいよな〜田中。みたいに話すじゃないですか。だから(自分もやっていたので)笑えないなと思って(笑)。まあウーチャカとかつけてませんでしたけど(笑)、勝手にマイクジャックして、というより、放送部のいい子達は、学校からの命令で連絡事項を読むだけじゃないですか、だから暇してるんですよね。そこに変なのが入って来て、いっぱいレコード持って。いいよいいよ弁当食ってて、とか言って(笑)。あの当時から連絡帳みたいなのに台本書いてたんで(笑)。

 

★ははははは。

 

ある意味、音楽家演奏デビューよりタッチの差で早いんですよ(笑)。

 

 
★黒P ある意味筋金入りですね。

 

 
こっち(ラジオ)が本業じゃないかっていう怯えは常にあります(笑)。本業で一番とった事ないですから(笑)。最初にレコードかけた喜びっていうのも、アレもだいぶキュンと来てますね。それは覚えていますよ。

 

★校内放送の方は・・・

 

高校2年からやっていました。その頃にずーっとつるんでいた相方の筆跡に画伯が似ているんですよ。

 

★へえー。

 

そいつは大学のジャズ研も一緒で、ワタシの青春時代をかなりリカバーしているんですよ。んでまあ、あんまり会わなく成って、風の噂ではドイツ行っちゃったんですよね。全然音信不通になって。画伯の作品、、、っていうか、ハガキですけれども(笑)、観たときはドキっとしました。

 

 
★黒P 当時は校内でジャズをかけていたんですか?

 

 
はい、ジャズ/フュージョンという。ただ、当時はテクノポップとか、ニューウェイブ、パンクが台頭した頃なんで、ニューウェイブ、テクノ、山下達郎さんみたいなのもあって、余りに豊かでワタシ、グジャグジャになってたんで(笑)、番組ではメチャメチャにかけていたんですよね。ジャスかけて、フュージョンかけて、山下達郎かけて、キャロルなんかもかけ、現代音楽もかけみたいな感じで。ずっとその、画伯と同じ筆跡の奴とつるんでね。

 

★じゃあここ(粋な夜電波)でやっている事の前身ですね。

 

 まったく同じですね。成長ないですね(笑)。

 

★前も言いましたけど、そういうお友達との事を是非小説に書いていただきたいですね。

 

 とてもじゃないけど無理ですね。兄貴が小説家だから言う訳じゃないですけど、あの仕事信じられないです(笑)。まあ、大きく純文学とエンターティメントとありますけど、純文学の作家っていうのは凄いなあと思いますよいつでも。純文学の作家と哲学者はハンパないです。音楽家から一番遠いと思います。

 ただ、こういう奴がいたっていう話は本当に面白いのがいっぱいありますよね。あの時の貯蓄で食ってますよ。歌舞伎町の貯蓄でやっているように見えますけれど、実際それはあるんですけれど、素養っていうかそういうのはその頃にできちゃってたんで。とてつもない、マスメディアに出たら1秒でお詫びテロップ。といった人々とのつるみがワタシを支えてますね(笑)。

 

 ★黒P しゃべりもやっていたんですか?

 

 しゃべりもやっていました。はい。懐かしいですよね。

 

 ★今日こんな事があった・・・みたいなフリートークも?

 

いやあ、今思い出すだに顔から火が吹き出す様な、それこそ青春のやっちゃった・・・ウーチャカ(大放送)ですよ(笑)。みうらじゅんですよ。

 

★当時のテープがあったらいいですね。

 

 
テープはねえ、放送のテープはないんですよ。違うテープがいっぱい出できちゃった時があって・・・実家から出てきちゃったんですね(笑)。その、画伯の筆跡の奴と、学校じゃなくて彼の家の自室でスネークマンショーのマネとかしてるの(笑)。それだけじゃなくて、フリートークの普通のFM番組のマネとかしてレコードかけたりしているのが出て来ちゃって、まあそれ全部聴き倒して、その後即刻焼却っていう。命からがらMDに移しましたけど。まあこれは門外不出だっていう状態ですよね。顔からもう地獄の業火が(笑)。

 

 
★黒P 聴きたいですねえ。

 

 

ああいうのがYOU TUBEとかに上げられてしまう可能性がある時代に生まれなくて本当によかったと思いました。あれは絶対誰にも渡ってないんで。ワタシしか持ってないから。ワタシがカセットテープからパソコンに上げない限りはありえないですよね。

 

★今、YOU TUBEに上がっちゃうからなあ。

 

 
当時と同じ暮らしは絶対できないですね今。つまんないことこの上ないですよ(笑)。

 
DSC02586.JPGのサムネール画像
「増殖」YMO