• トップ
  • 放送後記
  • セットリスト
  • ポッドキャスト

iTunesに登録する

iTunesをお使いの方は、このボタンをクリックして番組を登録することができます。

RSS_Podcasting

このアイコンをRSS対応ソフトにドラッグ&ドロップすると、自動で番組をダウンロードできます。

>> 初めての方はこちら

番組メールアドレス

プロフィール

菊地成孔(きくちなるよし)
●生年月日:1963年6月14日生
●出身地:千葉県銚子市
音楽家、文筆家、音楽講師。
85年にプロデビュー、ジャズを基本に音楽活動を展開。
現在は「デートコースペンタゴン・ロイヤルガーデン」、「菊地成孔とペペトルメント・アスカラール」、「菊地成孔ダブ・セクステット」で活動中。
文筆家としては「スペインの宇宙食」、「歌舞伎町のミッドナイトフットボール」、「ユングのサウンドトラック」など。

IPサイマル radiko

放送後記第16回(2011年7月31日) 菊地成孔さん収録を終えて語る。

DSC02239.JPGのサムネール画像

★お疲れさまでした(笑)。えーと・・・今週は少女時代の楽曲分析があまりに時間が長くなったので、やばいなーという表情を押さえきれませんでした。サブの慌てっぷりが、ブースの中の菊地さんにバレちゃいましたね。

 

 はははは。こちらこそすんませんでした(笑)。

 

 ★本来、パーソナリティーのテンションが下がらない様に、サブ側のディレクターはどんなに番組がつまらないと思っても(菊地さんの番組の事じゃないですよ)ニコニコして、しゃべり手をノせるというのが仕事だと思っているのですが、今回は「編集どうしよう」という恐怖が押さえきれませんでした。

 

まあ、こんな事いきなり始める人はいないでしょうから(笑)。おさえられなくても仕方ないですよ(笑)。ワタシもしゃべりながら、どうしよう、一刻も早く止めなければと思っていました(笑)。

 

 
★僕の隣の守安君(アシスタント)が能天気にゲラゲラ笑っていたのですが、奴は「あと40分カットしなきゃいけない」とかの心配をしなくてもいいから笑ってられるんだなと(笑)。うらやましかったですね。何も考えずに笑っていられるのが。

 

 
自分のブログにも書いてますが、アナリゼはちゃんとやったらもの凄く時間がかかるので、アナリゼのショーですね、要するに。何れにせよ面白くかつ要点は押さえようと、ちゃんと全部書いて何回かリハもやってみたんですが、何回やっても必ず1時間半越えするんで、もうメンド臭くなっちゃって(笑)「いいや急いで早口でやれば」みたいな、無茶苦茶な締めになりまして(笑)、「やるだけやって切ってもらえば良いんだ」なんつって(笑)。ただ、本職とはいえ、ビギナー、というか、リスナー対応で(笑)ラジオ局のブースでやる。というのは初めてでしたので時間の感覚が狂ったようで(笑)、まあ、あとはパイロット版みたいにザクザク切って、要するにこの人は2時間位話したんだなと。それをまとめたんだなとリスナーに分かればいいかなというつもりで・・・最後は投げちゃったんで(笑)。とは言え、異常に長かったですね。ははははは。しまったなと思いました。

 

 
★たぶん、キレイにつなごうとすると、「あれ?急に難しい言葉がここで出て来たぞ」みたいになって、かえって訳わからなくなるぞという事になるので、間、間に「ここでつなぎました」って分かる様に違和感のあるアタック音を入れたりした方がいいかもしれませんね。(目の前にあるシンセサイザーを見て)たとえば「ボヨヨーン」みたいな。

 


あ、SEありますよ。こんなのどうですか?
(注 この後、菊地さんが目の前のシンセで何10パターンも「ジャン」「ジャジャジャン」「ポヨーン」とかのSEを弾いてくださいました。結局考えた末、使ったのは1つだけでしたが)

 

 

★ですが、収録した講義をなんとか30分くらいに編集しても、意味が全く伝わらないものになる可能性もあるんですが(弱気&すでに言い訳)。

 

 
いや、最低でも、面白さは伝わるんじゃないかと、、、、、えー、思います(笑)。要は、同じ短調(マイナー)でも、根性マイナー、パワーマイナーみたいなものと、クールマイナーがあるんだと、メジャーも躁病みたいなはしゃぎのハイメジャーとせつないクールメジャーがある。と、いう事だけでも十分だと思います。KARAは根性マイナーなんだけど、少女時代はクールマイナーで、これはコスチュームとか歌詞とか振り付けだとかと同じく、そもそも楽曲の作りが違うんだと。あと、実家の話。実家に帰ると力が出るんだけど、実家を通り過ぎるとあまり力が出ないという事ですね。実家はトニックというんですが、その2点だけでだいぶ分かるんじゃないかな。
(注 この後、あそこを切って、残してという相談は翌日メールでも行われました。その結果が放送ですがあれでよかったのかどうかは、リスナーの皆さんにおまかせします)

 

 
★がんばって・・・みます(とても苦しそう)。

 

 
よろしくお願いします!まあ次回からは通常バージョンに戻りますんで(笑)。

 

 

★エンディングで菊地さんが「次回からまた歌舞伎町の話をする」といったくだりがありましたが、懐かしくて涙が出て来ました(笑)。最近、歌舞伎町の話聞いてないなー、みたいな。

 

 

そんな(笑)。泣くほど辛かったですかアナリゼは(笑)。

 

 

★で、突然話は飛びますが、菊地さんの部屋は散らかっていますか?それとも片付いてますか?

 

 
いや、散らかってますよ。

 

 

★そうですよね。散らかってますよね?じゃあ聞くなよって感じですが(笑)、部屋は散らかってますけど、ひとつ不思議だなと思うのが、楽曲は大変緻密に構成されているじゃないですか。それと散らかった部屋っていうのは・・・同居するものでしょうか?

 

 

 いや同居するんじゃないすか?そうですね、推測ですけど、ノイズミュージックとか、混沌とした音楽とかをやっている人の方が部屋がキレイだと思うんですよね。ワタシはとにかく部屋は散らかってる派ですね。ノートもぐちゃぐちゃだし。

 

 

★とある脚本家の方のメモなんかを見せていただくと、字は汚いし「こうこうこうでこんな感じ」みたいなものすごくザックリしているんですが、出来上がった芝居はすごい緻密だったりするんですよ。菊地さんのノートも字を見るとグシャグシャですが(ごめんなさい)形となって出て来るもの(口上とか)はものすごく緻密じゃないですか。散らかっている部屋の人の脳みそからは散らかっているものしか出て来ないんじゃないかって思うんですが、この落差って何なんでしょうね?

 

 

いやあ、それはわかんないですけど(笑)。どうなんでしょねそれは(困った顔)。昔からとにかく散らかってますね。そうですね・・・アイディアがいっぱいあるので、整理しきれないんですよね。だから散らかってると言っても・・・何て言ったらいいか、頭の中では整理されているんですよね。脳内はすごい整理されていると思います。ワタシは思考だとか、演奏を含めた行為が、混乱して散らかってしまったという経験はあまりないんですよ。今日の収録は散らかりかけましたけど(笑)。時間的制約によって。だいたい授業の時間が長いと2時間半なんですよ。美学校が2時間半で私塾が2時間なの。2時間半で番組が50分だから半分以下だなと思ったんですが、半分でやってたつもりがいつもと同じペースになっちゃいました。今日はそうなりましたけど、頭の中は、まあ、自己申告だから何とでも言えるけど(笑)、整理されていると思います。カオスを全部外に逃がしてるんですね。だから外界は混乱してますけど。

 

 

★散らかっている事で忘れ物をしたり・・・

 

 

 ありますよ。同じCDを何枚も買ったりね。紛失したと思った本が何冊もあったり(笑)、そんな事はあります。

 

 

★ライブで楽譜が足りない!とか。

 

 

いや、それは無いです。ライブの前はメチャメチャ整理して、で、ライブが終わった頃には楽譜はめくったりしてグシャグシャになってるじゃないですか。それをマネージャーにざっと持って来てもらって、また部屋の中で雑然と置いておいて、ライブの直前にキレイに整理して使うんですよね。だからライブの楽譜とかセットリストとかは前夜にメチャメチャ集中してキレイにしますね。でも大体、前の日の夜っていうか朝っていうか。

 

 

★試験勉強はどうですか?

 

 

試験勉強は全然やった事ないですね。

 

 

★よく言われるのは部屋が散らかっている人は心も散らかっていると。僕は部屋が散らかっていると大抵何かしら仕事でミスをしますね。大事な資料を忘れたりとか。菊地さんそういう事がないのはすごいですよね。

 

 

結構いますよそういう人。○○○○君の部屋とかワタシの部屋どころじゃないですけどね。○○君はワタシと違って食い物とかジュースが散らかってるんで(笑)。ものすごく高い本がオレンジジュースでベタベタになっていたりするんで。あと、そうですね、マンションの11F、9Fを借りてて、11Fは自室で、原稿書いたり楽譜書いたり選曲したり、重要な作業はそっちでやりますけど、そっちはちらかっていて、9Fの方はマネージャーのおかげで毎日ピカピカなんですよね。彼はすごい整理整頓ができる人なので、いつでもお客さんが来ても大丈夫な状態になっていて、それを往復しながら仕事しているんで、9Fがキレイな部屋、11Fが汚い部屋みたいな感じでこう、分裂しているのかもしれませんね。

 

 

★そう言えば、震災前に一度9Fにおうかがいした時は散らかっていたんですが、震災後にもう一度うかがったらとんでもなくキレイになっていてびっくりしましたね。

 

 

やはり復興の力ですよね。

 

 

★不思議だなあと思うんですよね。何故そんな散らかった部屋から整合性のあるものが生まれるのかと。

 

 

ジャングルみたいなもので、端から見るとメチャメチャに見えるんだけど、生態系があるんですよ、ああいう場所っていうのは。ここらへんにこういう種類の蝶がいるみたいなね(笑)。

 

 

★このあたりに手を伸ばすとあのCDとか?

 

 

そうそう。それも刻々と位置が動いていくんで(笑)そういうのを記憶する力はあるんですよね。このあたりにアレ置いたっていうのは。見る人によっては地獄の様に散らかっていますけど、部屋主の主観の中では整然としてるっていうか(笑)。

 

 

★大事なものを踏んじゃったりする事は?

 

 

ありますよ。CDなんか何枚割ったか。歩いたらパリンパリンといいますからね。ウチの廊下は。ピンポンって人が来たから玄関まで歩いたら4枚割れたとか(笑)。「オマエ、マイルス踏み割って歩いていいのかよ」とか割れますけど、音楽を踏み割ってる訳じゃないんで、単なるブツを踏み割ってるんで(笑)、音楽はリスペクトしてますよもちろん。

 

 

★今、片付けられなくて悩んでいる方がいっぱいいらっしゃると思うんですが、何かアドバイスをお願いします。

 

 
ああー、片付けられない人ね。部屋中ゴミになっちゃうみたいな人でしょ?あれは広い意味での心の病なので、病が改善すれば自然と直ると思いますけど、あれはたぶんワタシの予想ですけど、混乱しているのではなくて溜め込んでいるんですよね。溜め込んだものを外に出せないの。あれは病的肥満や貯金と同じですよ。人間には溜め込むという病理があるんで。

 


★捨ててどんどん身軽になる、「断捨離」みたいな考え方もありますけど、いかがですか?

 

 


捨てるの大好きですよ。溜まってきたらドサッと捨てますね。捨てるのは本当に気持ちいいですね。断捨離なんて、そんな立派な物じゃないですけど。だって、CDと洋服と本しか持ってないんで(笑)。何かオトナの男としてお恥ずかしい解離ですが(笑)。重要な書類とかは事務所に保管してあるんでね。なんで、まとめてバーンと捨てて(笑)。 ただ、混沌として整理されていない。と言えば、パソコンの中が・ぜんぜんダメですね(笑)、パソコンは便利なもので検索ができるじゃないですか。あのおかげでパソコンという環境の中での自分はだいぶだらしないと思いますね。どこに何かあるか分からないから。検索で呼び出しちゃうんで。部屋じゃ検索できないですもんね。壁に「エリック・ドルフィー」って書いたら、ドルフィーのCDが空中にピュッて出て来たらいいんですけど(笑)。出て来ないんで、実際の部屋はある程度覚える訳ですよね。だからパソコンいじっている時が一番だらしない気分ではいますね。

 

 

★(同じくパソコンがだらしないので深く共感)なるほどねー。紙とペンを使っている時の方がちゃんとしているみたいな?

 

 
はい。その自覚はありますね。紙とペンです。とはいっても、今、紙とペン使うのも、音楽関係とこの番組の台本だけですけど(笑)。

DSC02256.JPGのサムネール画像