• トップ
  • 放送後記
  • セットリスト
  • ポッドキャスト

iTunesに登録する

iTunesをお使いの方は、このボタンをクリックして番組を登録することができます。

RSS_Podcasting

このアイコンをRSS対応ソフトにドラッグ&ドロップすると、自動で番組をダウンロードできます。

>> 初めての方はこちら

番組メールアドレス

プロフィール

菊地成孔(きくちなるよし)
●生年月日:1963年6月14日生
●出身地:千葉県銚子市
音楽家、文筆家、音楽講師。
85年にプロデビュー、ジャズを基本に音楽活動を展開。
現在は「デートコースペンタゴン・ロイヤルガーデン」、「菊地成孔とペペトルメント・アスカラール」、「菊地成孔ダブ・セクステット」で活動中。
文筆家としては「スペインの宇宙食」、「歌舞伎町のミッドナイトフットボール」、「ユングのサウンドトラック」など。

IPサイマル radiko

放送後記 第5回(2011年5月15日)  菊地成孔さん収録を終えて語る

RIMG1189.JPGのサムネール画像
皆さん今週もお聞きいただきありがとうございました。5回目にしてメールが3倍に増えました。まあ、4回目にいっぱい読んだからかなって気がしますけどね。まあ、増えただけではなく、最初は手探りで「初めて聞きました」みたいな方が多かったのですが、もう通の方からマニアメールが来てるなと。しかもいたずらなマニアではなく、いい感じのマニアの方が多いので、この調子で行くとメールを読むだけで番組が終わってしまうかなというぐらいの豊かさですので、どんどんいただきたい感じですよね。ラジオに来るハガキとかメールって、なんかもう1人で書いてるから入り込むと狂った感じになっている人が多いじゃないすか。ああゆうんじゃなくて、いい調子の力の抜けたマニアの方から来ているんで、「ちゃんと伝わっていますよ。全部目を通していますよ」という事をお伝えしたいです。

★前回のジョン・ウィリアムスのメールの影響だと思いますが、今回のサン・ラみたいにサン・ラの説明が全くなく、いきなりトップギアで切り込んで来るメールが増えましたね。いちディレクターとしては普通のメールも欲しいなと。すべてがマニアックなメールになると最初から最後まで分かる人にしか分からない番組になってしまうので・・・

なるほど。そこにまで行かない様に(リスナーの方に)してもらうって事ですね。

★ここからは前回のインタビューの続きです。菊地さんはリスナーの失恋の悩みや人生の悩みに答える兄貴にはなれないと、リスナーもいずれ気がつくだろうと。この人に相談してもムダだと。

そうですね。叱ってはくれないと。叱って濡れ・・・燃えさせてっていうマーケットがこの世にある事もよく知ってるんで、金儲け重視・・・金儲け重視って言ったら失礼ですけど、人間として充実した状態にしたいんだったら、時折叱ったりする技術と態勢を持たないといけないと思うんですけど、なんでしょうね?これが全然(できなくて)・・・ほめるのは得意ですよ。相当不細工だと目されている人も一番可愛いみたいに褒める事ができます、全然。けなせないですね。けなすと後が怖いと思っているのかな(笑)。よくわかんないすけど。

★銚子の母校の吹奏楽部を訪問しましたよね?顧問とかやったらいかかですか?

いやいやいや(笑)絶対できないですよ。吹奏楽部とかクラシックっていうのはヨーロッパから来ているじゃないですか。SMなのよね。これは例え話ではなくて、本当にSMなんですよ。ヨーロッパの文化っていうのは。だから鞭打って、土下座させて、泣いて、震えて、怯えさせて、恐怖心で縛り付けて、それで興奮して出来上がっていくわけ。クラシック音楽っていうのは。だからブラスバンドもジャズみたいなところはありますけれど、基本的にはクラシックじゃないですか。母校行った時に、すごくおっかない女の先生がいて(笑)、もう生徒が怯え切っていて、そんなにケツの穴締めちゃったらいい音出ないよってって思うんですけど、まあ先生おっかないんでね、私は行ったら楽しく話して、わーみたいな。「宇多田ヒカルちゃんと仕事してさ」「えー」なんてワーッと盛り上がって、で、ちょっと先生いないスキに「先生怖いでしょ?」って言ったらもう大受けに受けちゃって、モテモテになっちゃって(笑)みんなで写真撮っちゃって、(自分は)そういうタイプですよね。先生おっかなかったですよ。やっぱりでっかい組織をまとめていくにはある程度怒らないとダメなんじゃないですかね?でも僕も人数の多いバンドやっていますけど、一回も怒った事はないですよ。褒めるか、忘れるか、楽しくやるかで持ってっちゃってますね。人間としては大変な欠陥を持っていると自覚していますけど。怒るばっかりの人も大変な欠陥を持っていると思いますけど(笑)。(僕は)全然怒れないんで。怒らなくちゃいけない時も怒んないんで。

★本当は怒られなきゃいけない人が、問題点に気づかない可能性があるんじゃないですか?

あ、いや。「バカじゃないの?」とか言いますよ(爆笑)。面白く。「3年間ドの音がラのままだよね?」とか言いますけど、それは面白く言うんで、イヤミな感じにも言わないですよ。こいつやだなーって思って脇でじーっとしている生徒も思わずブハッと吹き出してしまうくらいに面白くは言いますけど。そうすると楽になるじゃないですか。言われた人も。ただ叱らないと一線以上行かない人っていうのはいっぱいいるから、もっとこの人は厳しい先生につけば伸びるのになと思う人がいたりする事はあります。その時は、気の毒だなって思います。気の毒って言うかしょうがない(僕を先生に)選んじゃったんだから、って思いますけど。かと言って、その人の事を思って無理して怒ってもぶきっちょな事になってしまってもいけないですから(笑)自分に合わない事はやらないですね。怒んないですね。

★では、それを踏まえたうえでリスナーに警告を(笑)

そうですね。まずモテたためしがなく、童貞なうえに、プライベートな恋愛だとか何とかっていうのは神秘のベールに包まれている(笑)っていう事で事務所一同やっていますので(笑)そこらへんに関するちょっと素敵な話とかね「俺もこういう事があってさ、若い頃」っていうのは大変申し訳ないんですけれど、リクエスト曲と同じで受け付けていないんだと。あと、人生の悩み。これも本当に申し訳ないんですけれど、ワタシと同世代の人。つまり生まれた時が高度成長で就職した時はバブルだったっていう2つ当たっている人ね。この人達は困った事がないんで、今就職難だとか、行き先が見えないって言っている若い人達に与える言葉がないんですよ。うかれて騒いでいたら大人になっちゃったんで。若い人に囲まれてね、「お前ら内定がたくさんあってチキショウ、俺たちは就職で苦労したんだ」って言われて、棒でたたかれても文句言えないなって常日頃思っていますから。若い方に対して「人生とは・・・」とか何もないですね。ワタシはこの通りそこそこ楽しくやってるんで、よかったら一緒にどうぞ以外のメッセージは何もないんで(笑)。若い方は・・・今大変だと思いますよ。学生相手にしているから。特に若い男の子は大変だって事は骨身にしみて分かるんですよ。草食系男子だの、女がおっかなくなって、SEXも大変だと、なんだかんだともってきたところにこの有様じゃないですか。男として生きていて大変だよねって思うんですけど、「キミ大変だよねー」っていうのも随分失礼な話でね(笑)「俺も若い頃大変だった」って言えれば肩のひとつもたたけるんですが、全然大変じゃなかったんで、毎日遊んで暮らしていましたからね。そっちも(人生の悩み相談)ダメだと。役に立ちませんよという所ですかね。役に立てる部分がすごく狭いいいですよ。すごい珍しい病気にかかって死にかけたとかね、重い神経症にかかって精神分析を受けたとか、かなりマニアックな大変さしか知らないんで(笑)一般的な大変さ全くわかんないで、そのへんはお役に立てずに申し訳ありません。選曲がんばります(笑)ってところですかね。

★じゃあ、狭い所はまた追って、お話をうかがいます。

あんまり人様の役には立たないですよ。経験している人少ないんで。

★菊地さんに怒られたいリスナーがこれを読んで、去って行きましたよ。

じゃあ、この番組を通して怒るかもしれない(笑)。若いADさんを怒鳴りつけていますっていう話にして、ちょっとスイッチングがおかしかったら、その指に(火のついた)タバコをぐいっと押し付けるんだっていう事にしておいて(笑)、怒られたい人も備蓄しておくっていうのが、レーティング(聴取率)的にはいいのかもしれませんね。