IPサイマル radiko

2011年9月 アーカイブ

9月24日(土) 5:05a.m.~ 5:30a.m.
「ポスト3・11の住宅政策」part3
京都大学防災研究所・巨大災害研究センター 准教授牧紀男さん
※ ↓ポッドキャストをダウンロードする(mp3 23'57")


▼主な内容
 地震が活動期に入ったとみられる日本列島。
 移動が難しく、リスクが大きい持ち家政策から、
 移動を前提とした住宅政策に転換するために何が必要なのか?
 具体的な政策を伺います。

CIMG1090.JPGのサムネール画像

ページのトップへ戻る

9月17日(土) 5:05a.m.~ 5:30a.m.
「ポスト3・11の住宅政策」part2
京都大学防災研究所・巨大災害研究センター 准教授牧紀男さん
※ ↓ポッドキャストをダウンロードする(mp3 23'57")


▼主な内容
 賃貸住居から始まって、最後には一戸建て住宅を買って上がりの
 日本社会に存在する住宅すごろく文化。
 東日本大震災を経験した日本社会において、住居を買うリスクは、
 果たして許容できる事なのか。
 人はどのようにして自分の住居を求めて、
 そして何をきっかけに移動していくのか?
 住居を買う?買わない?
 人々が安心して暮らしていくために必要な住宅政策とは?

CIMG1088.JPGのサムネール画像

ページのトップへ戻る

これまで2度にわたって「ニッポン政策研究所」で漁業や水産業についての
政策提言をしてくれているあさ研ファミリー(?)、勝川俊雄さんの初の単著、
日本の魚は大丈夫か―漁業は三陸から生まれ変わる』(NHK出版新書)
が発売されました。




いま漁業を変えなければ、魚が食べられなくなる!?
世界的に魚食人気が高まり魚の値段が上がる中、
日本の魚は、売り上げも自給率も右肩下がりである。

日本の海は本来ひじょうに豊かなはずなのに、
このままいけば我々の食卓から魚が消えてしまうほど水産資源が減っている。

これまで消費者からは見えづらかった「水産ムラ」の構造的な問題をどう変え、
豊かな産業と海と食卓を取り戻すか。

改革派の旗手が三陸漁業復興への思いを込めて世に問う話題作。
また、魚を安心して食べるために、情報が乏しい水産物の放射能汚染についても解説する。

※リスナーの方5名に、この『日本の魚は大丈夫か』をプレゼントします。
ご希望の方は、氏名、住所、番組の感想を明記して、
メールアドレス asaken@tbs.co.jp までご応募ください。

締切りは9月18日(日)到着分まで。



勝川 俊雄 (かつかわ としお) 
katukawa.jpg
1972年生まれ。東京大学海洋研究所などを経て、2008年から現職。
資源管理を理論的に研究する立場から、日本の漁業を持続可能な産業に
再生するために、積極的な発言を続ける漁業改革派の若き論客!


・「日本の漁業に未来はあるのか?」(2010年12月)
 http://www.tbsradio.jp/asaken/cat-717/


・「震災から復興するための漁業政策」(2011年4月)
 http://www.tbsradio.jp/asaken/cat-765/

ページのトップへ戻る

9月10日(土) 5:05a.m.~ 5:30a.m.
「ポスト3・11の住宅政策」part1
京都大学防災研究所・巨大災害研究センター 准教授牧紀男さん
※ ↓ポッドキャストをダウンロードする(mp3 23'57")


▼主な内容
 東日本大震災に より、甚大な住宅被害が発生しましたが、
 今後、どの住宅を、どのような場所に、どのような形で再建するのか?
 また、住宅政策はどのように転換すべきなのか?
 考えていきます。
CIMG1085.JPGのサムネール画像のサムネール画像 CIMG1084.JPGのサムネール画像

ページのトップへ戻る

9月3日(土) 5:05a.m.~ 5:30a.m.
「"世代間格差と選挙制度"PART3」
一橋大学経済研究所・世代間問題研究機構・准教授小黒 一正 先生
※ ↓ポッドキャストをダウンロードする(mp3)


▼主な内容
 世代間格差を世代間闘争にして良いのか?
 今、確実に広がりつつある世代間格差ですが、
 それを是正するため、若者が、"声を上げる"必要があり、
 選挙制度改革などを利用して、年長世代に訴えていくべきというのが、先週までの話。
 では、日本社会が危機的な状況の今、この世代間格差問題を、
 世代間闘争に発展させて良いのか?
IMG_0475.JPG
IMG_0490.JPG

ページのトップへ戻る

1