IPサイマル radiko

2010年10月 アーカイブ

10月23日(土) 5:05a.m.~ 5:30a.m.
「高齢化社会と介護難民」前編
学習院大学経済学部教授鈴木亘さん
▼今回のゲスト

鈴木 亘 (すずき わたる) 

学習院大学経済学部教授。
1970年生まれ。上智大学経済学部卒業後、日本銀行入行。
1998年に退職後、大阪大学大学院にて経済学博士号取得。
(社)日本経済研究センター副主任研究員、東京学芸大学准教授などを経て、現職。

鈴木さん プロフィール.jpg

▼ダウンロード

時間の関係で放送でカットされた部分も含めたディレクターズ・カット版です。

※「高齢化社会と介護難民」前編をダウンロードする(mp3 35'18")
↑ここをクリック
 
 
▼主な内容

意外と知らない介護保険制度
 利用できる介護サービスの違いは?
 介護保険上の「施設介護」と「在宅介護」の分類

なぜ介護難民が増えるのか?
 2005年の介護保険法改正で何が起こったか?
 「たまゆら」のような無届施設がなぜ増えたのか?

介護制度と市場メカニズム
 介護報酬は公定価格 上がらぬ賃金
 需要の多い介護産業 なぜ労働力不足が起こるのか?

麻木さん 左.JPG 鈴木さん 右.JPG
 
次週10月30日(土)の放送では、後編として、
介護難民と介護労働力不足を解消するためには何が必要か、
鈴木亘教授に具体的に政策提案をしていただきます。ぜひお聞きください。

ページのトップへ戻る

10月16日(土) 5:05a.m.~ 5:30a.m.
「デフレの克服と成長戦略」後編
日本総研調査部主席研究員山田久さん
▼ダウンロード

時間の関係で放送でカットされた部分も含めたディレクターズ・カット版です。

※「デフレ克服と成長戦略」後編をダウンロードする(mp3 36'50")
↑ここをクリック
 
 
▼主な内容

デフレ克服と経済成長のためにやるべきことは?
 3ステップの経済政略を実行せよ!
 「海外需要の取り込み・賃上げ・社会保障の充実」がカギ

海外需要の取り込みに必要なのは?
 新興国、東南アジアの需要を取り込む策は?
 輸出牽引型の内需成長

日本の雇用・賃金システムをどう改革すべきか?
 非正規雇用の問題などを放置したままで産業構造の転換は出来るか?
 職を選べる、自由なライフスタイルというのは可能か?

労働市場転換に必要な政策は?
 能力を証明する、社会横断的な能力認定の仕組み
 参考にするのはヨーロッパの労働市場
 現役世代のための社会保障

麻木さん&山田さん 収録の様子をスタジオ外から.JPG 麻木さん&山田さん 並び.JPG

さて、次週10月23日(土)の放送では、学習院大学の鈴木亘さんをお迎えして
介護制度の問題点について取り上げます。ぜひお聞きください。

ページのトップへ戻る

10月9日(土) 5:05a.m.~ 5:30a.m.
「デフレの克服と成長戦略」前編
日本総研調査部主席研究員山田久さん
▼今回のゲスト

山田 久 (やまだ ひさし) 

1963年生まれ。大阪府出身。
87年に京都大学経済学部を卒業後、住友銀行(現三井住友銀行)入行。
経済調査部、日本経済研究センター出向を経て、93年に㈱日本総合研究所に出向。
2007年より日本総合研究所・調査ビジネス戦略研究センター所長、主席研究員。

山田さん プロフィール.jpg

▼ダウンロード

時間の関係で放送でカットされた部分も含めたディレクターズ・カット版です。

※「デフレ克服と成長戦略」前編をダウンロードする(mp3 36'13")
↑ここをクリック
 
 
▼主な内容

デフレと「値下げ・賃下げの罠」
 デフレにこれだけ長く苦しめられている国は、先進国・途上国含めて日本の他にない。
 日本の陥った値下げ・賃下げの罠とは?

新興国の台頭と、日本の国際競争力低下
 リーマンショックで世界的な不況の中、なぜ日本だけがデフレを抜け出せないのか?
 日本の産業構造の問題とは?

小泉-竹中の「構造改革路線」がデフレを進行させたのか?
 儲かっても労働者に分配しない企業と、リストラよりは賃下げを望む労働組合。

デフレ反転に金融政策は有効か?
 日銀や世界の動向を見ると、金融政策だけでデフレを克服するのは難しい。
 短期的な政策だけでなく、政府は中長期のビジョンを示すべき。

日本の構造転換のタイムリミット
 日本人は十分な貯蓄を持っているというが・・・
 高齢化が進む中で、今後10年以内に国の借金が国民の貯蓄を上回るリスクがある。

P1020479.JPG P1020486.JPG

次週10月16日(土)の放送では、後編として、山田さんに「デフレ脱却」にむけた
具体的な政策提案をしていただきます。ぜひお聞きください。

ページのトップへ戻る

2010年10月9日(土)スタートの新番組「麻木久仁子のニッポン政策研究所」。
毎週土曜日、朝5時5分から5時30分までお送りしていきますので、
どうぞよろしくお願いします。

番組では、日本が直面している問題について毎週専門家をお招きして
「今どうなっているのか?」という現状分析、そして「ではどうすればいいのか?」
という政策提言をしていただきます。

パーソナリティは今年3月まで11年半にわたって「バトルトークラジオ・アクセス」
のナビゲーターを務めた麻木久仁子さん。
「アクセス」では出演者やリスナーが「YES/NO」に分かれて熱い討論を
繰り広げるのが売りでしたが、今度の番組では朝も早いことですし、
専門家の分析と提言をじっくり聞くことに主眼を置きたいと思っています。
(つい熱くなってしまうこともあるかもしれませんが 笑)

政治家や官僚を批判するだけではなく、
どのような政策を、どのような優先順位で実行していくべきなのか、
私たち自身が選択するための材料を示していきたい、
そんな思いで番組はスタートします。


放送内容はポッドキャストでも配信していきますので、ぜひお聴きください。

 

(プロデューサー 長谷川裕)

 

                                      

ページのトップへ戻る

1