もぐもぐマルシェ 今回は「奈良県」

地方創生プログラム ONE-J

「ご当地グルメ」を食べて飲んで品評する「もぐもぐマルシェ」。
全国のおいしいものを集めた物産展の開催をめざして進行中です!
このコーナーには、気象予報士の坐間妙子さんにもお付き合いいただき、
奈良県グルメを一緒にもぐもぐしました。

この日紹介したのは、
見て!食べて!二度幸せになれるお寿司。「手鞠わさび葉寿し」

奈良県のお寿司屋さん「うめもり」で販売する一口サイズのお寿司。
昔の奈良の山地では、保存食として“わさびの葉っぱ”で
ごはんを包んで食べる風習があったそうです。

それを現代版にアレンジし、わさびの葉っぱで包んだシャリに、
サケやエビ、ウナギなどの豪華なネタをのせました。

本仮屋 「おいしい!!!」

斉藤 「シャリがモチッとしてて美味しいね!うんまああ!!!」

本仮屋 「これ、お寿司なのに今ここに届いてるって凄くない?」

坐間 「冷凍なんですって!!」


本仮屋さん、斉藤さん、坐間さんが絶賛するこちらの「手鞠わさび葉寿し」。
こちらには「うめもり」の創業者の“ある想い”が込められているんです。

娘さんが15歳の時に大きな病気を患い、入院することに。
闘病中に病院で迎えたクリスマス・イブ。少しでも笑顔の時間を過ごしてほしい、という想いから病室に「手巻き寿司セット」を持ち込み、クリスマスパーティを開いたそうなんです。

心から喜ぶお子さんの姿に「食べ物の持つ特別な力」に気づかされたそうで、それ以来「うめもり」のお寿司には、多くの方が笑顔で元気になるよう願いが込められているそうです。
この日は、そんな「うめもり」さんの思いが詰まった奈良県グルメをもぐもぐしました!


ツイッターで募集した奈良情報は、時間の都合上エンディグで紹介しました!

<奈良のおすすめスポット>
奈良のおすすめスポットは奈良公園です。
奈良公園には鹿がいるので鹿と触れ合ってスマホで写真を撮ったり
鹿せんべいを鹿にあげています。

<奈良あるある>
奈良県民は、一度は、『鹿せんべい』を食べた事が有る。  などなど・・・

リスナーの皆さま、たくさんの情報ありがとうございました!

 

 

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ