「腰痛おさらば塾」11月25日放送分

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

毎月最後の金曜日「おはよう定食」内で5時20分ごろからお送りする
『腰痛おさらば塾』。
関節のつらい痛みと縁が切れるようアドバイスをいただきますのは
柔道整復師・さかいクリニックグループ代表、 酒井慎太郎さんです。  

今回は「脊柱管狭窄症」についてお送りしました。

「脊柱管狭窄症」は、
背骨の中にある神経が通る管=脊柱管が狭くなり神経が圧迫されて
痛み・しびれが出るものです。

脊柱管狭窄症は「背骨の後ろ側に起きるトラブル」の代表格ですが
例えば「椎間板ヘルニア」など「背骨の前側のトラブル」も同時に
抱えている人も多いようです。ですから、たとえ脊柱管狭窄症と
診断されていても、ご自身の痛み・しびれが本当はどこから来ているのか
チェックしたほうがいいそうです。

チェックポイントと対処法は
●「腰を後ろにそらす」と痛みが増すのが「脊柱管狭窄症」なので
こういう症状が強い人には「ねこ体操」がおすすめです。
*床に正座し丸めたバスタオルかクッションをおなかに当てます。
*両腕を前に伸ばしながらゆっくりと上体を倒して腰を深く丸めます。

●逆に「体を丸めて」痛みが出るのは「体の前側のトラブル」、
例えば「椎間板ヘルニア」などが疑われます。
こういう症状の人は「おっとせい体操」を取り入れてみましょう。
*床にうつぶせになった状態から、ゆっくり、おっとせいのように
体を後ろに反らして胸を張ります。

「ねこ体操」「おっとせい体操」いずれも1分程度姿勢をキープ
してみてください。どちらの体操が自分に合っているのか?
人によって違いますので合っている方をやってみてください。

きょうのお話などもっと詳しく知りたいという方は
 内外出版社から出ています酒井先生の本、
『1日1分 腰トレ 脊柱管狭窄症は自分で治せる』
をご覧ください。定価1320円で発売中です。

北区・王子にあります酒井先生の治療院では
毎週月曜日と土曜日に無料のミニセミナーを行っています。
予約制です。詳しくは
さかいクリニックグループのホームページをご覧ください。

ちなみに酒井先生は来月、
ドイツなどヨーロッパで講演をされるそうです。
先生の本はヨーロッパ全域でも販売されていますし
先生の技術や情報は世界へ伝わっていってるんですね。
「腰痛おさらば塾」次回もお楽しみに。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ