伊東ゆかりさんを迎え、「ポップス・歌謡曲と共に70年!」

サンスター 文化の泉 ラジオで語る昭和のはなし

今回は、日本を代表する歌手のお一人、伊東ゆかりさんをお迎えして、「ポップス・歌謡曲と共に70年!」と題してお送りしました。

伊東ゆかりさんは、昭和22年生まれ、東京都品川区のご出身です。6歳の頃から進駐軍のキャンプで歌い始め、11歳の時に「クワイ河マーチ」でレコードデビューを果たしました。昭和38年、中尾ミエさん、園まりさんと共にポップスを得意とする「スパーク3人娘」を結成、テレビ番組を中心に人気を博します。その後、昭和42年にソロとしてリリースした「小指の想い出」が爆発的ヒット。今でも歌い継がれる名曲として知られています。さらに「恋のしずく」「朝のくちづけ」「知らなかったの」と立て続けにヒット曲を世に送り出しました。一方で、NHK紅白歌合戦の紅組の司会、TBSの音楽番組「サウンド・インS」の司会を務め、さらには俳優として、NHK連続テレビ小説「ひらり」に出演するなど多方面で活躍。昭和、平成、令和とエネルギッシュに走り続け、来年、デビュー70周年を迎えられます。

今回は、伊東ゆかりさんの代名詞のような存在の楽曲「小指の想い出」がにまつわる様々なエピソードをご披露いただきました。なんと「小指の想い出」は日本レコード大賞の大賞受賞が予想されていた曲だったそうです。対抗馬だったのは、こちらも誰もが知っているあの曲でした!さらに、翌年の「恋のしずく」もレコード大賞の受賞が予想されるナンバーだったそうです。当時のヒット曲にまつわるお話しがたくさん飛び出しますよ!!

さらに、名曲として知られる伊東ゆかりさんの「あなたしか見えない」にまつわるお話しも伺いました。令和の今もステージで歌っている楽曲のひとつです。オリジナルは、リタ・クーリッジのヒット曲で、なかにし礼さんの訳詞が見事の一言です!

歌手として第一線を歩んでこられた伊東ゆかりさんの魅力が詰まった1時間です。ぜひ、お聴きになって下さい!

伊東ゆかりさんのヒストリーがわかるCDボックスが発売されました。初のオールタイム・シングル・コレクションとなる6枚組のCDボックス「ポップス・クイーン ~オールタイム・シングル・コレクション~」は、ソニー・ミュージックレーベルズから、定価:1万3200円で販売中です。

番組は「radiko」の「タイムフリー」で放送後一週間、お聴きいただけます。下記のバナーをクリックしてください

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ