身体拡張スーツ「スケルトニクス」に Rid on!!

アシタノカレッジ

9月21日(水)のアシタノカレッジはニキさんと、PO法人 mimosasの副理事で臨床心理士・公認心理師のみたらし加奈さんがお届けしました!

【パワードスーツでエンターテイメントを切り開く】
身体拡張スーツ『スケルトニクス』を開発した株式会社ロボットライドの阿嘉倫大さんにお話を伺いました!

従来の着用型ロボットは、空気圧や電力などを使って筋力を補強するものですが、
「スケルトニクス」は、人間の持っている力だけで動かすロボット。
人体の骨格を参考に構造を設計されていて、現在の最新型は第七世代になります。

阿嘉さんは、沖縄高専に通っていたときに出場した「高専ロボコン」で優勝。
この経験から「ロボットと人の融合が面白い」と思うようになったのがきっかけで、現在の開発に携わっています。

そんな「スケルトニクス」に、ニキさんが搭乗!
目にした瞬間からニキさんも大興奮でした!

「スケルトニクス」に乗ってみたい!という方は、「スケルトニクス」のSNS等をチェックしてください👀

~~~

【温暖化の影響で変わりゆく魚食文化】
秋の味覚「サンマ」は、数年前まではお手頃価格で味わえていた庶民の味方がもはや高級魚となってしまうかも・・・?
科学ジャーナリストで朝日新聞記者の山本智之さんに「サンマ」について、そして温暖化の影響で変わりゆく魚食文化について伺いました。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ