『たまむすび in 武道館』豪華出演者が大集結! 約8,200人が来場し大盛況にて終了!!

TBSラジオ 『たまむすび』 の放送10周年記念イベント、『たまむすび in 武道館~10年の実り大収穫祭!~』が、9月21日(水)に日本武道館にて開催されました。


開演の10分前には、番組のラジオコラムでもおなじみの春風亭一之輔が前説を担当し、早くも観客を沸かせたあと、『たまむすび』のパーソナリティ・パートナー陣が、名前が書かれた巨大なうちわを持ち一人ずつ登場し、華々しくイベントがスタート。現在の各曜日パーソナリティ・パートナーが一同に揃うのは初となり、序盤からトークが炸裂しました。
 

続いて、番組のテーマ曲となる『扉』を担当するChocolat & Akitoが生歌唱し、その後も、赤江珠緒×火曜パートナーの山里亮太による「赤坂1回キャンディーズ」の漫才や、木曜パートナーの土屋礼央率いるRAG FAIRと番組レギュラー陣による「たまむすびミュージックショー」、金曜出演者の外山惠理(TBSアナウンサー)×玉袋筋太郎による和太鼓の披露、さらには、10年間の過去の素材を振り返りながらのレギュラー陣でのフリートークや、出演者も知らされていなかったサプライズ映像が放映された「ヤンタマ!やらかし先生!」のコーナーでは、会場が大爆笑と感動に包まれました。
 

今回は、サプライズゲストも続々登場。ミルクボーイによる「たまむすび漫才」や、水曜5週目を担当する博多華丸、「たまむすびミュージックショー」内では、2016年~2018年に金曜パーソナリティを務めた安東弘樹さんによる「ぶら下がり棒チャレンジ」、さらには、「日本武道館で柔道したい」と言う赤江の対戦相手として、柔道家のウルフ・アロンさんが登場するなど、豪華出演者によるまさかまさかの展開に。

終盤では、歌手の中西圭三さんが登場し、ヒットソングメドレーを披露したあと、中西さんが作曲を担当し、番組で募集したワードを赤江がしたため作詞した、番組のオリジナルソング『ドラマチック・プログラム』をレギュラー陣とともに生歌で披露。『たまむすび』での激動の10年を象徴するこちらの曲は、現在TBSラジオの公式YouTubeでも公開中です。涙あり、爆笑あり、盛りだくさんの内容でお届けした本公演。エンディングでは、再びレギュラー出演者が勢ぞろいし、日本武道館に大集結した約8,200人のリスナーとともに記念撮影。最後にパーソナリティの赤江珠緒は、「みなさんに久しぶりにお会いできて本当に本当にうれしかったです。明日も午後1時にお会いしましょうね!」と語り、会場全員で「たまむすび」コールをし、大盛況にて幕を下ろしました。


なお、当日は生配信も実施され、現在はアーカイブ(見逃し)配信を実施中。
配信期間は9月28日(水)23:59までとなり、配信チケットの販売は、9月28日(水)21:00までとなります。生配信を見逃した方も、ご来場いただき再度ご覧になりたい方も、ぜひ見逃し配信にて何度でもお楽しみください!

 

 

たまむすび in 武道館 ~10年の実り大収穫祭!~

●現在、「見逃し配信」実施中!
・配信プラットフォーム:イープラス・ FANY
・配信チケット販売期間:9月28日(水)21:00まで
・配信期間:9月28日(水)23:59まで
 

●イベント特設サイト(TBSラジオ公式サイト内)
 https://www.tbsradio.jp/c/tama10/
 

●イベントハッシュタグ:#たまむすびin武道館


 

 

 

 

 

 

 

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ