【2022/09/11】原沙知絵さんが次に乗る自転車は!?

自転車協会 presents ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信するTBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時) 今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

引き続き女優の原沙知絵さんをお迎えしました。 

先週はたくさんの思い出が詰まった二十年来の愛車との別れについて語っていただきましたが、そんな中、原さんが今注目しているのはスポーツタイプの電動アシスト自転車。 どんなタイプが原さんのライフスタイルにぴったりか、石井さんと疋田さんも知識と経験をもとに考えました。

 駅やバス停から目的地までの距離が長い場合は、公共交通を使わずに自転車で足を運びたいそうです。 「そうすることで土地勘が身体に染み込むと思うんです。そして今、農園で毎月野菜を買っているんですが、配送ではなく自分の足で取りに行きたいから籠があると便利ですね。できればおしゃれなものがいいですね」と原さん。

 疋田さんがすすめたのはパナソニックのJコンセプトで、「クロスバイクとママチャリの中間」といったスタイリッシュさが若いママさん世代にも人気なのだそうです。

 一方、石井さんからは「電動アシスト自転車は独特の奥深さがあるので、実際に試乗してみないと自分に本当に合うかどうかわからない」とのアドバイスがありました。 前向きな原さんは二人の話に真剣に耳を傾け、メモをしっかりとっていらっしゃいました(笑) 

そんな原さんは以前、日本とオーストリアを行ったり来たりの生活を送られていました。 「さすがは自転車大国。車、歩行者、馬車、バス、自転車と道路がきちんと整備されている。歩道を自転車が走ろうものなら当たり前のように怒られる。そして、手信号をみなさんが出していて、その姿が格好良かったです」と振り返られました。

 さらに、初の書籍「心も体も心地よい 私のセルフケア習慣」への思いも伺いました。 詳しくは音声でお楽しみください。 

番組ではメールを募集中です。 自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、 サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、 自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、 「忘れられない愛車の思い出」などなど。 cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ