第480回「好きなウルトラマン論」

東京ポッド許可局

マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオがお送りしている「東京ポッド許可局」。7月2日の放送では・・・

 

鹿島:好きなウルトラマンはなに?

マキタ・タツオ:アハハハハッ!

鹿島:今また『シン・ウルトラマン』が映画でやって、庵野さんのセレクトした昭和のウルトラマンの4作品だかを映画館でもやってたんですよ。

マキタ:そうなんだ。

鹿島:ウルトラマン、今キテるから。

マキタ・タツオ:アハハハハッ!

鹿島:僕は1970年生まれで、マキタさんもそうだよね。

マキタ:そうだね。

鹿島:最初のウルトラマンって1966年なんですよ。

タツオ:そんな前なんだ!

鹿島:じつは僕もマキタさんもウルトラマンは再放送直撃世代ですよね。

マキタ:そうだね。

タツオ:「再放送直撃」という言い方はないんですよ。

鹿島:再放送が直撃したんですよ!

タツオ:僕らの番組だけで言ってる言葉ですからね(笑)

鹿島:僕は「これがリアルタイムだ!」と思って見てましたから。あれは小学校3年生くらいですかね。7歳8歳くらい、昭和53年くらいに直撃しました。リアルタイムでいうと、マキタさんはなに覚えてる?

マキタ:俺はタロウだね。

鹿島:あ~、やっぱり!

タツオ:『ウルトラマンタロウ』ですね。

鹿島:僕らはタロウかレオですよね。

タツオ:レオってあったね!

マキタ:レオはM78星雲じゃないんです!

鹿島:ほら始まった、来たよ(笑)

タツオ:うるさい人がたくさんいるジャンルだからな~。

マキタ:タロウはウルトラの母と父の実子なんですよ。

タツオ:そうなんだ。

鹿島:「実子」

マキタ:アハハハハッ!

タツオ:家父長制だね。

鹿島:そのときに初めて母は出てきたんじゃないかな。

タツオ:それはボーナストラック的な感じがあるね。

マキタ:ツインテールみたいな感じだよね。

鹿島・タツオ:そうそう。

鹿島:父の角、触りたかったよね。

タツオ:「角を触りたかった」っていう話なの?

マキタ:水牛みたいだったよね。

鹿島:そのうえで、誰が好きですか?

マキタ:俺は思い出があったのは、やっぱりちゃんと見てたからタロウかな。タロウは良かったよ。

鹿島:「ウルトラの父がいる~♪」

マキタ:「ウルトラの母がいる~♪ そしてタロウがここにいる~♪」

鹿島:そうです、そうです。

タツオ:その曲は知ってるよ。

鹿島:それは再放送とかで見たことある?

タツオ:俺はセブンだね。

鹿島:あ~、セブンね!

マキタ・タツオ:「セブン、セブン、セブン、セブン~♪ セブン♪セブン♪セブン♪」

鹿島:これは歌い出す番組ですから。

タツオ:とはいえこれは85~6年の番組だったから、10歳になるならないくらいの感じでした。なんか、セブンのメガネみたいなの売ってたよ。

鹿島:ウルトラアイ。

タツオ:ウルトラアイっていうんだ。

鹿島:NHKにもそんな番組あったな。

マキタ:あったね、『ウルトラアイ』

鹿島:化学研究のね。

マキタ:あれは面白かったね。

タツオ:なんか、あれはみんな学校でやってた記憶があるかな。

マキタ:メガネかけてるやつは「メガネ貸せ」って言われて、「セブン!」ってやってたよな。

鹿島:ウルトラマンごっこだね。

タツオ:でもやっぱり俺はウルトラマンは世代じゃないかな。あんまりピンと来なかったね、最後まで。「なんで3分しか持たないんだろう?」とか。「敵みたいな生物はなにをしに来たんだろう?」とか、いろんなことを考えちゃって。でもそういうこともなんの説明もなくやってるもんだから、「そういうもの」っていうのを飲み込むしかないから。だからもう乗っかれなかった。「仕上がったルールにお前は乗っかるんだよ」っていう。

鹿島:最初からそういう目線で見てたんだ。子どものころからな。

タツオ:そうだね(笑)

 

続きはこちらの音声から

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ