令和4年度「TBSこども音楽コンクール」土浦地区大会③日目レポート

こども音楽コンクール

令和4年度 第70期 TBSこども音楽コンクール。今回は8月5日(金)に茨城県土浦市にある「クラフトシビックホール土浦(土浦市民会館)」で無観客開催された「土浦地区大会③日目」の模様をレポートします。例年、土浦での地区大会は猛烈に暑い中で行われることが多いのですが、今年度は初日以外は気温も低めで、局地的な豪雨の心配はあったものの、まとまった雨にはならず、2日目と3日目は幸いにも過ごし安い天気となりました。土浦地区大会③日目には、茨城県内の小学校4校と中学校8校、合わせて12校から、およそ240人が参加。合唱、鍵盤打楽器四重奏、弦楽合奏、金管合奏、吹奏楽など、幅広い演奏形態の充実した演奏が次々と披露されました。
 

茨)ひたちなか市・枝川小学校(二部合唱)

 

茨)牛久市・牛久第一中学校(混声三部合唱)

 

茨)土浦市・大岩田小学校(金管合奏)

 

茨)古河市・総和中学校(弦楽合奏)

 

<司会>
高柳光希(TBSアナウンサー)

<審査員>
岩渕嘉瑩(声楽家)、外山和彦(作曲家)、深江彰(クラリネット奏者)、山田茂(合唱指揮者)、栗本真樹子(茨城県教育庁指導主事)。

<深江彰先生の講評>
本日は土浦地区大会③日目での皆さんの演奏を聴かせていただきました。新型コロナウイルスの爆発的な感染者の増加で心配でしたが、録音による審査ではなく、ステージでの皆さんの演奏を聴くことができたことが、何より嬉しかったです。3年ぶりのホールでの開催ということで、ステージでの演奏が初めてだった方も多かったのではないでしょうか?緊張感がある中で、一生懸命表現してくれた姿が印象的でした。合唱はマスクをしたままでしたが、皆さんの「表現したい」という気持ちがとても伝わってきて、生演奏ならではの感動を共有することができました。練習時間などにも制限がある中で難曲に取り組んでいる皆さんの情熱は、本当に素晴らしいと思います。音楽の活動が難しいこのような時代だからこそ、表現する喜びを一層感じることができると思います。コロナに負けず、これからも頑張っていきましょう。
 

深江彰(クラリネット奏者)

 

<高柳光希アナウンサーの感想>
土浦地区大会③日目の司会を担当させていただきました。ありがとうございました。コロナ禍で制限されることが多くある中、できることに目を向けて練習に取り組み、その成果を本番で遺憾なく発揮するみなさんの姿に胸を打たれました。悩んだことも苦労したこともあったかと思いますが、聴いている人の心にまっすぐ届く歌声や演奏が会場全体に響いていて、とても心地よい空間でした。本当にありがとうございました。
 

高柳光希(TBSアナウンサー)

 

●審査結果

<小学校 合唱部門>

優良
茨)ひたちなか市 枝川小学校(二部合唱)
茨)つくば市 吾妻小学校(三部合唱)


<中学校 合唱部門>

優秀
茨)ひたちなか市 佐野中学校(女声三部合唱)
茨)牛久市 牛久第一中学校(混声三部合唱)
茨)水戸市 第四中学校(女声三部合唱)


<小学校 管楽合奏部門>

優秀
茨)土浦市 大岩田小学校(金管合奏)

優良
茨)ひたちなか市 枝川小学校(吹奏楽)


<中学校 重奏部門>

優良
茨)土浦市 新治学園義務教育学校(鍵盤打楽器四重奏)


<中学校 合奏第1部門>

優良
茨)古河市 総和中学校(弦楽合奏)


<中学校 管楽合奏部門>

優秀
茨)ひたちなか市 佐野中学校(吹奏楽)
茨)水戸市 第四中学校(吹奏楽)

優良
茨)坂東市 猿島中学校(吹奏楽)



ご参加くださった小中学生の皆さん、素晴らしい演奏をありがとうございました!

※今年度の「こども音楽コンクール」について詳細はこちらをご参照ください。
 

★ TBSラジオ『こども音楽コンクール』
日曜日の朝6:00から6:30、放送中!
毎週、「こども音楽コンクール」で演奏された音源を紹介。
かわいらしい歌声からプロ顔負けのハイレベルな演奏まで、
小中学生の生き生きとした熱演をお楽しみください♪
※土浦地区大会③日目の演奏は9月11日(日)の放送でご紹介する予定です。

FM90.5MHz 、AM954kHz。PCやスマートフォンではradikoでもお聴き頂けます。
「radikoタイムフリー」を利用すると、放送後1週間までお聴き頂けます。(「こども音楽コンクール」で検索。再生開始後24時間以内であれば、合計3時間まで、いつでも聴取可能。首都圏エリアは無料です。)

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ