笑い飯・哲夫さん2周目!RX-7以外にも愛した車の話

UP GARAGE presents GARAGE HERO’s~愛車のこだわり~

車ラヴァーの安東弘樹が昼から車について熱く語る「カーマニア」向けのプログラム「ガレージヒーローズ」。
先週に引き続き、今週もお笑いコンビ「笑い飯」の哲夫さん登場!
先週は現在の愛車「RX-7 FD3S」愛を語ってもらいましたが、今週は過去に愛したアノ車の話を存分に伺いました。

<初めての車は「日産レパード」>

先週は16年間、今も愛し続ける「RX-7 FD3S」について伺いましたが、実は哲夫さんの最初の車はこれまた激レアな日産の「レパード(2代目)」なんです。

この車を購入したきっかけは、ご存知、国民的デカドラマ「あぶない刑事」の影響。
柴田恭兵さんがレパードのステアリングを握るその姿に、小学生だった哲夫さんがベタ惚れ!
「大人になったらいつか乗りたい!」と、その頃から決めていたんだそうです。

そして学生になった哲夫さん、念願だった2代目レパード(初期型)を購入!
当時、ソアラという強敵に完敗したレパードですが、その2ドア・ハードトップのフォルムは唯一無二!
アンディも「スタイリッシュでしたよねー」とベタ褒めです。

しかし初の愛車、初期型のレパードも故障を繰り返し、やがて壊れてしまったとか。
買い替えを余儀なくされた哲夫さんは、ピュアスポーツカーも考えたそうですが、気付けばレパードのオカワリ!
「もっとあぶない刑事で活躍したレパードの後期型に乗っていないじゃないか!」
…ということで、愛車2号機としてレパードの後期型を迎え入れたそうです。
そんなこんなで前期・後期と通算6年間、レパードでたくさんの思い出を作ったそうですよ。

<哲夫さんはMTマニア!>

先週、哲夫さんは「俺は日本で一番運転がうまい」と豪語。
そんな哲夫さんは当然「MT乗り」なんです!

ちなみに学生時代に乗っていたレパート、残念ながらMT仕様が見つからなかったとか。
でも我慢できない哲夫さんは、後期型を購入するとき、ミッション入れ替えにチャレンジ!
残念ながらその夢は叶わなかったそうですが、AT仕様のレパードを“よりMT的な乗り方”で楽しんでいたそうですよ。

そんなMTトークで盛り上がる哲夫さんとアンディ。
アンディも助手席に乗った人から「マニュアルでもオートマでもどっちでもいいじゃん。マニュアルかオートマか分からなかったし!」と言われたことがあったそうですが、それはMT乗りにとって最大の褒め言葉なんです!!
「スムーズなギアチェンジができているからそう言われるんですよね!」と、2人でキャッキャキャッキャ盛り上がっていました。

<哲夫さんのドライブの思い出>

先週、現在の愛車「RX-7 FD3S」はコンディションを保つためにあまり乗っていないとお話しされていましたが、レパード時代は学生だったためか、いろんなところにドライブに行ったそうです。

そんな中、思い出に残っているのが「レパードで行ったスキー場」
レパードは「FR(フロントエンジン・リアドライブ)」。
でもってスタットレスタイヤではなくチェーンでスキー場に…
トラクションもかからないし、なんて無謀な行為!?
雪道の下り坂は、そりゃ恐ろしいでしょう…
滑ったら終わりだと思い、時速3キロくらいでゆ~~~~っくり下っていたら、当然、大渋滞が発生。
抜かれるたびに「そんな車でスキーに来るんじゃねぇ!」と言われたとか(そりゃそうだ)。

次いで披露いただいたのが、それほど売れていなかった頃、千鳥・大吾さんの実家に遊びに行った時の話。
大吾さんの実家は「北木島」という、岡山県に属する有人島。
その島を愛車で走っていた時、突如、後ろから猛烈に煽る1台が登場!?
”なんか嫌だな”と思いその車をパスしたら、その車が哲夫さんの車の前で急ブレーキ。
「こりゃヤバい…」と思ってドキドキしていたら、そのドライバーは大吾さんのお父さんだったことが判明。
「家まで誘導してやろうと思ってな…」と(笑)
でもこれって危ないですよー!みなさん、改めて安全運転に努めましょう!

<来週はフリーアナウンサーの大島由香里さん登場!>

来週はモデルのマギーさん!
「大のスポーツカー・スーパーカー好き」のマギーさんの愛車歴を伺います。

<番組のSNSもチェックしてくださいね~>

番組のインスタグラムやツイッターでは、ゲストの写真や愛車をアップしています!
#garageheros
こちらを是非、フォローしてくださいね~
 

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ