瀬古利彦さんを迎えて、「走りたくなる?」一時間

サンスター 文化の泉 ラジオで語る昭和のはなし

今回の「ラジオで語る昭和のはなし」は、7月10日の参議院選挙の投票日に関連した特別番組の放送のため、放送するラジオ局によっては、通常の放送時間を変更してお届けします。このホームページで放送時間のご案内をしていますので、ご参照いただけましたら幸いです。

今回のテーマは「永遠のランナーが語る昭和のマラソン」です。

お客様は、元マラソン選手で陸上競技指導者の瀬古利彦さんです。

現代では身近で手ごろとなっているジョギングですが、瀬古さんは、昭和の50年代の初め、そのブームのきっかけを作ったおひとりといってよいでしょう。マラソンランナーとしてストイックに練習に取り組み、様々な大会で活躍する瀬古さんの姿に、日本中から声援が贈られましたね。

今回は、瀬古さんの半生を振り返りながら、日本の「マラソン」の歴史と今、そしてこれからを取り上げてまいります。どうぞ、お楽しみに。

番組は、放送終了後から一週間、「radiko」のタイムフリーでお聴だけます。下記のバナーをクリックしてください

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ