たけし軍団三人目の刺客!ラッシャー板前さん登場!師匠からクビを言い渡された理由とは?

UP GARAGE presents GARAGE HERO’s~愛車のこだわり~

車ラヴァーの安東弘樹が昼から車について熱く語る「カーマニア」向けのプログラム「ガレージヒーローズ」。
今週は「たけし軍団」から3組目の刺客ラッシャー板前さん!
モテるために購入した車、そして激レアな過去車についてのアツいトークを繰り広げました。

<ラッシャー板前さんが車を持った理由とは?>

ラッシャー板前さんが免許を取得したのは、高校卒業後、割烹料理屋さんで修行していた頃。
その時に出前を担当しなければならず、それで免許を取得したそうです。
それがキッカケとなり車に興味を持ったそうですが、その頃はまだマイカーが持っていない…。
そんなラッシャーさんは友人から「車を持っていないとダサいよ」と言われ、また「女性にモテたい」という至極当然の感情から一念発起し、先輩から9万円でローレルを購入!
これがラッシャーさんのファーストカーだったのです。

<ラッシャーさんのローレルとの思い出>

女性にモテたくて購入したローレル。
しかしこのマシン、なんとリッター3キロしか走らなかったそうです。
地元、千葉県松戸から原宿までの往復で満タンだったガソリンもスッカラカン??
しかもエアコンもぶっ壊れていたそうで、相当「過酷」な車だったそうです。

しかしそのローレルに対する愛情はかなりなもの。
オレンジ色のボディに合わせて、内装もオレンジにチェンジ!
しかも土足厳禁と愛車に対する気持ちが伝わってきますよね。
でも今考えると…「趣味が悪かったと思う」とポツリ。
肝心な女性もローレルには乗ってくれなかったそうで(涙)

<たけし師匠からクビを言い渡された!?>

割烹料理屋さんでの修行後のラッシャーさんは、みなさんもご存知の通りたけし軍団の仲間入り
当時はたけしさんの付き人をしながら「笑い」芸を学んでいました。

そんな付き人生活ですが、当然、師匠の「運転手」も務めなければなりません。
ローレルで運転技術を磨いたラッシャーさんですが、たけしさんの送り迎えとなれば乗っている車のレベルも全く違う…。
その車とはベンツの560SELと超でかい外車。しかも左ハンドル
そして後部座席にはたけし師匠
そのプレッシャーたるや…。

運転していると、知らぬ間にセンターラインに寄ってしまう
左ハンドルがセンターに寄るということは、自然に右側に座っている人と対向車の距離が近くなる。
「一番安全」と言われるドライバーと対角線上の後部座席(つまり右側後部座席)に座るたけしさんは身の危険を感じ…付き人3日目で「ドライバーとして枝豆を呼べ!」となったそうです。
それはすなわち「ドライバー・ラッシャー板前」のクビ宣言(笑)

しかしクビになったことで、たけし師匠と一緒にお酒が飲めるようになったとか。
それを横目に「なんで俺がラッシャーの運転手もやらないといけないんだよ」と不満の枝豆さんだったとか。

<意外な愛車にアンディ興奮!>

芸人としてデビューして、CMも決まり、そこからラッシャーさんはご自身の車を新車で購入するようになったそうです。
その愛車歴の中でも特にアンディがテンション上がったのが「日産 レパードJフェリー」

「こんなおしゃれななれば車はない!」「通が買う車!」「奥様がおしゃれに乗る車!」
とベタ褒めなんですが…残念ながらこの車、日本では全く売れなかったんです(涙)
アンディ曰く「アメリカ・西海岸では爆売れだった」とのことですが、何故か日本では惨敗。

でもそんな「Jフェリー」を購入したラッシャーさん。
アンディは「ラッシャーさんこそ、私の師匠です!」とそのセンスをベタ褒めです。
ちなみに軍団からは師匠「なんだこのメガネケースみたいな車は」とバカにされたとか。

それでも自分が「良い!」と思った車に乗れることって幸せなこと。
「Jフェリー」に一目惚れして購入したラッシャーさんは、今も素敵なカーライフをエンジョイされていますよ~。

<来週もお笑い芸人のラッシャー板前さん登場!>

来週もたけし軍団のラッシャー板前さん登場!
家族との微笑ましいエピソードも飛び出します!お楽しみに!

<番組のSNSもチェックしてくださいね~>

番組のインスタグラムやツイッターでは、ゲストの写真や愛車をアップしています!
#garageheros
こちらを是非、フォローしてくださいね~
 

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ