猛暑日に涼を。江戸風鈴と南部風鈴、どちらの音色がお好みですか?

森本毅郎 スタンバイ!

猛暑日が続く中、少しでも涼を感じる音を届けようと思いまして、ガラスで出来た江戸風鈴と南部鉄で出来た南部風鈴を用意しました。皆さんはどちらの音色が好みでしょうか??昨日も、うだるような暑さの中、江戸風鈴と南部風鈴、聞き比べて頂きました。

■今日の暑さだと江戸風鈴だね

●「あぁ、自分はガラスの方がいいですね。江戸で。なんかより涼しげな気がしますね。ちょっと自分には音色が高すぎたかなと思います、南部鉄は。良いですね~。家にあったりするといいですよね。」

●「江戸。聞きやすい。涼し気、良いと思います。」

●「あぁ、昔ながらはこっちですかね。江戸です。昔聞いた、幼少の頃に聞いたような感じの音色ですかね。ちょっとでも心が爽やかになりますかね。やっぱりちょっと、気持ちが和らぎました。ありがとうございます。」

●「今の心境は今日の暑さだとこっちかな、江戸ですね。このクソ暑いジャングルの中に、この音が癒される感じがしていいですね。いや、なんか少し癒されました、ありがとうございます。良いもんですね、情緒があって。」

江戸風鈴の音色がお好みの人たちのお声でした。暑い中、風鈴の音色に耳を傾けてくれました!少し癒されましたと言って頂き、嬉しい限り!やっぱり、風鈴の音は情緒がありますよね。

■絹のような響き、琴線に響く南部風鈴!

一方、南部風鈴派の声です。

●「これいいですね。モノが良いですね、良い音してます。今の音では南部になちゃいました。変わりました、良い音してます。音が音楽的ですね、絹的な響きが何となく、涼しく感じますね。」

●「こっちの方が好きです、南部。なんか、清々しいなって感じがいいですね。これはこれでいいと思うんですけど、音的にはこっちのほうが好きです。」

●「南部、やっぱり南部は鉄なんで、響きがちょっと良いのかな、心地よい感じかな、涼しさを感じますよね。」

●「こっちかな、南部鉄。なんかね、この辺に響く感じ、琴線に響く。あぁ、でもいいね~、ホッとしますよ。」

やっぱり、南部鉄の方が響く感じがあるようですね。こればかりは好みですが、ガラスにはガラスの良さが、鉄には鉄の良さがありますね。今回、伺った中では「南部風鈴」派が若干多かったです。

お二人はどちらが好みですか?

森本&遠藤 (どちら?)

■風鈴で涼をとる、のは難しい??

これから夏本番!風鈴の音色で涼を感じて欲しいと思いますが、なかなかそれが出来ない事情がありました。

●「聞いてないな~。うん、久しぶり、聞かないね。夜はうるさいって言われるしね、結構ね。たまに聞くのはいいんじゃないですか。」

●「聞かないですね、全然。うるさいって逆に、そういう、都会がそうじゃないですか、うるさいって感じなっちゃうから。お向かいのマンションの物干し台に風鈴が掛けてあったんですが、その音がすごい響いてきて私の息子なんかうるさいって言ってましたね。いつの間にかもう仕舞われてましたけど、ご近所からそういう声があったのかどうか、ちょっと分からないですけど、寂しいですよね。時代が違うのかなって思っちゃう。」

●「最近、聞かないですもんね。ウチにもあるけど、近所迷惑だからって取ってますもんね。いや、苦情はないですよ、直接はないけども、取った方がいいんじゃないって言われて取りましたね。今の時代、結構、ムズカシイんじゃないですか。」

風鈴の音は近所迷惑になっちゃうんですね・・・。昔は、夏になったら風鈴を軒下や縁側にぶら下げるのが習慣だったけど、という方もいらっしゃいましたが、今はもう、ぶら下げにくい世の中になっているんです。住宅環境も変化していますし、仕方ないのでしょうかねぇ・・・。夏の風物詩から風鈴が消えちゃうのは寂しいですから、場所を選んで下げましょうかね。


取材・レポート:近堂かおり

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ