イモト、人の母ちゃんのケツを触る

イモトアヤコのすっぴんしゃん

イモトが、仕事復帰後から「めちゃめちゃお世話になっている人」について言及。以前立木早絵ちゃん「24時間テレビ」で一緒にキリマンジャロ登山をした立木早絵さん。その後も家族ぐるみの付き合いが続き、現在は早絵さんのお母さんがイモト宅にベビーシッターとして通っているという。ベテラン主婦からイモトは暮らしの知恵を授かっているようだ。

イモト、暮らしの知恵を授かる

イモト:実は最近いちばん会っているんじゃないかなっていうのが前も話したと思うんですけど、10年くらい前の「24時間テレビ」で一緒にキリマンジャロという山に登った「立木早絵ちゃん」という目にハンデがある女の子と、早絵ちゃんちゃんママにめちゃくちゃお世話になってて。家が近所というのもあって。なんと、早絵ちゃんのママが保育士やベビーシッターの資格とかを持っていて子供の世話ができるというから、今色々お手伝いをしに、週1でうちに来てもらっているんですよ。私がお仕事がある時は、「家の物は自由に使ってください」って言って。何なら、うちの台所は、私よりも早絵ちゃんママの方が詳しいじゃないかなというくらい(笑)

立木早絵さんママ=久味さんは料理上手

イモト:早絵ちゃんのお母さんが「久味(くみ)さん」っていうんです。名前の通り、本当にお料理が大好きで上手なんですよ。隔週の火曜日は早絵ちゃんのお母さんにお願いして、家族分のご飯も作ってもらって(笑)で、夫の石崎さんも含めて4人でいつも一緒に食べているんですよ。久味さんのごはんがまあ美味しい!天ぷらも最高だったし、この前は生姜焼きを作ってもらったり、ブリを捌いてブリのタタキを作ってくれたり。びっくりするくらい料理が上手で全部美味しいんですよ!「今日は何を食べられるんだろう?」と隔週の火曜日が楽しみで楽しみで(笑)

和歌山出身者が教える「梅仕事」のコツとは?

イモト:久味さんは長年主婦をやられているので、こういうふうに料理すればいいよとか“暮らしの知恵”がハンパないんですよね。この前は、6月といえば季節としては「梅」の時期じゃないですか。「梅仕事」って丁寧な暮らしじゃないですか。去年は私も余裕があったので、スーパーで梅を買ってきて「梅シロップ」を作ったりしてね。だいたい3週間くらいすると出来るんですけど。今年もやろうかなと思ったけど、なかなか時間が無くて。早絵ちゃんと久味さんの実家が和歌山なんですけど、実家のお庭に梅の木があって。無農薬の梅で。その梅を送ろうかと言ってくれて、ぜひぜひって言って梅2キロくらいもらったんですよ。

イモト:ただ、ロケも重なって梅を漬けることができなかったんですよ。そしたら、この前Q太郎君の面倒を見てもらう日に、梅に気づいた久味さんが「まだ漬けてないんですよね?」って(笑)「そうなんですよ、まだ冷蔵庫に入ってて・・・」って。そしたら久味さんが「そしたらお仕事に行ってる間に、私が漬けておこうか?」って(笑)「本当ですか~(笑)Q太郎が寝てる間にでも~」なんつって(笑)で、今年はお酒も飲めるようになったので「梅酒も一緒に漬けてもらっていいですかね~?」って(笑)1つの瓶は「梅酒」、もう一つは「梅シロップ」。

イモト:瓶があまり大きくなくて、ちょっと梅が余ったんですよ。久味さんが「イモトさん、もしよかったら余った梅で簡単に梅シロップが出来る方法があるんですけど、それもやっておきましょうか?」って。「簡単に?普通は3週間から1ヶ月くらいかかりますよね?」って聞いたら、久味さんが「いやなんと、12時間で梅シロップが作れるんやで~」って、和歌山ですから関西弁で(笑)何を使うかと言うと「炊飯器」を使って梅シロップを作るんですって!どうやるかと言うと、本当に簡単で。梅が1キロなら1キロを炊飯器に入れて、それと同じ量の氷砂糖、もしくはきび砂糖を入れて保温を押して「12時間」待つだけで明くる日には梅シロップが出来ているんですよ!ロケから帰ってきて朝起きたら、完璧な梅シロップが出来ていて!飲んでみたんですけど、味もカンペキ!1ヶ月待った梅シロップとなんら変わらないんですよ!自分ちでは梅シロップを早く飲みたいから、この方法でやっているって。そんなの、知らないじゃないですか!どこで知るんだろう?みたいな。そういった生活の知恵みたいなことをすごく色々知っていて。なので、今すごく教わってますね。第2の母みたいな感じで色々と教わっていて。

イモトの肌荒れが解消した「石鹸」

イモト:他にも安くて良い物もよく知っていて。私がお肌が荒れたことがあったんですよ。すごい乾燥もするし痛いしヒリヒリもするし。そしたら早絵ちゃんと久味さんが「私たちが使っている石鹸がすごく良い!しかも超安い!それで洗うともう肌荒れしないよ」って言うんですよ!本当かな?と思って。「くらしリズム」さんから出ている「お肌に優しい無添加石鹸」なんですよ。値段を調べると3個で239円とかいろんなサイトで違うかもしれないですけど。3個でワンコインしないくらいですよ。それで、我が家では顔から体から全部洗っているという。ほんとにツルツルになると。

「なかなか無いですよ、人の母ちゃんのケツを見るのは(笑)」

イモト:石鹸で洗うと突っ張るんだけど、久味さんにも「ホントにツルツルになるんやで~!」って言われて。最初「本当ですか?」って聞いたら、久味さんが「いやいや!ホントだから!ちょっと私のお尻、見てみぃ!!」っていきなりパンツを下ろしたんですよ、うちのリビングで(笑)「ホンマやから!お尻触ってみて!お尻、ツルツルやろ?」ってケツを出してきたんですよ!なかなか無いですよ、人の母ちゃんのケツを見るのは、生ケツ(笑)「じゃあちょっと・・・」って触らせてもらったんですけど(笑)マジでツルツル!さらさらじゃなくてしっとりのツルツルなんですよ!陶器みたいな(笑)綾瀬はるかさんのお肌みたいなおケツしてたんですよ。スゲェ!と思って。「本当にこの石鹸ですか?」って「この石鹸やでー!」って。

イモト:ちょっと試しに1個もらって今使っているんですけど、めっちゃいいかもしれない。匂いとかまったく無くて。見た目は素朴な石鹸なんです。使うとね、本当に肌が突っ張らないので。メイクした日はメイク落としして、その無添加石鹸を無印良品の泡立てて体を洗うやつがあるんですけど、あれで泡立ててその泡で体を洗う。そのまま体も洗うという。ですからコスパ的にもお金もかからないし。いや、めっちゃいいじゃんって思って。久味さんの知恵ってすごいんですよ!

自家製「どくだみ化粧水」

イモト:で、石鹸で洗顔した後につけるのが化粧水なんですけど、私が去年から気になっている「どくだみを使った化粧水」というものがあって。それは森三中の村上さんから教えてもらって。ちょっと肌が荒れた時に「私も肌が弱いからこれを作って使っているんだけど。もしよかったらあげようか」って言ってくれた「どくだみ化粧水」。森三中さんのYouTubeにもあがっているんですけど、どくだみのお花いっぱいを瓶に詰めて。その上にひたひたになるくらいウォッカを入れて3週間待つと出来るんですよ。それだけなんですけど去年から使っていたのが無くなってきたので今年もそれを作ろうと思って。で、そのことを前々から久味さんにも言っていたんですよ。そしたら「うちの庭に生えているから持ってきてあげる!」って言われて。この前、夕方にそれだけをうちに持ってきてくれたんですよ。で、どくだみの化粧水を一緒に作ってそれの完成を待っていえる状態なんです。

底抜けに明るい久味さん

イモト:食べ物から顔に塗る物まで久味さんに賄ってもらってるというか。マジで知識がすごいし、あと、底抜けに明るいんですよね。会うと元気になるし、うちのQ太郎のこともめちゃめちゃ可愛がってくれるんですよ。たまに夫の石崎さんが家でリモート仕事をしていると、ちょっと心配になるくらい大声で歌うんですよ。♪こーぶた! こーぶた! たーぬき!たーぬき!きーつね!きーつね!ねーこ!っていうのが外からも聞こえるくらい(笑)仕事から帰ってきて家に入ろうとすると、久味さんの♪ポンポコポン~!というのが毎回すごい聞こえるんですよ!ちょっと家で仕事をするには大変かなというボリュームなんです(笑)でも、すごく可愛がってくださって助かってますね。

立木早絵さん「FP」の資格取得!

イモト:ほんとに久味さんと早絵ちゃん親子には助けられてますね。ぜひね、「すっぴんしゃん」にゲストで来て欲しいんですよね!毎週この放送を聴いてますから。久味さんの知恵と早絵ちゃんの音楽活動と。あとね、早絵ちゃんはね、めちゃめちゃ頭が良いんですよ!今コロナでなかなか公演ができないってなった時に、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取ってます!だから、お金の相談は早絵ちゃんにして、ごはんなど生活の知恵は久味さんに相談して。めちゃくちゃお世話になっているんですよ。ポイントとかめっちゃ詳しいから、これでカードを作った方が良いとか、楽天ポイントがどうとか、お金の計算もすごいし。ぜひゲストに来ていただいて、いろんな方面のお悩み相談ができると思う!いろんな知識があるから。2人をゲストに来て欲しいなと思ってるんです。

(「イモトアヤコのすっぴんしゃん」6月29日放送)

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ