経済困窮に苦しむ若者をサポート~設立から10周年を迎える「認定NPO法人D×P」のアクション~

アシタノカレッジ

6月23日(木)のアシタノカレッジは
【生きづらさを抱えた10代と出会い、社会とつなげる活動】と題してお届け。

こども家庭庁が来年4月に新設され、子育て支援や子どもの貧困対策などの幅広い分野を受け持ちますが、まだまだ課題が多く、困っている若者たちが多くいるのが現状です。

今あるセーフティネットから抜け落ちやすい若者(10代~20代)の不登校・中退・経済的困難など、さまざまな境遇の生きづらさを抱えた若者。
そんな若者と"人とのつながり"を通し、社会と繋げる活動をされる「認定NPO法人D×P」理事長の今井紀明さんを講師にお迎えしました。

今井さんはかつて対人恐怖症となるも、周りの友人などに支えられ復帰。
その後、中退・不登校を経験した10代と出会い、「親や先生から否定された」という経験が自身の経験と重なり、2012年にNPO法人D×Pを設立。
今では、経済困窮や家庭事情など、今あるセーフティネットから抜け落ちやすい「10代」が頼れる先をつくるべく、登録者8000名を超えるLINE相談「ユキサキチャット」で全国からの相談に応じています。

コロナによる影響によっても、経済困窮などによって苦しい想いをしてる若者は増えていて、
この若者たちが具体的にはどういった苦悩を抱え、その背景はどういったものがあるのか。
そして、今井さんのこれまでの活動を通しての想いをたくさん伺っていきました。

150名の困窮する10代に最大1年間の食糧支援を行う「月額寄付サポーター」
金銭的な不安を抱えて暮らす15~25歳の若者へ、お金やごはんを届け継続的にサポートする「ユキサキ支援パック」
その他各種活動については「認定NPO法人D×P」のホームページをチェックしてください👇
https://www.dreampossibility.com
  
~~~

【News & Calling】
沖縄県沖縄市生まれで、2021年10月に独立を発表してから沖縄を拠点に活動しているラッパーの、Rude-αさんにインタビュー🗣

6月23日は沖縄慰霊の日。
沖縄出身の方にとって沖縄慰霊の日とはどのような日なのかを伺いました。

そして新曲「うむい」に込められた「想い」についても伺っています!

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ