日立物流プレゼンツ『LOGISTEED CAFÉ』第5回「ニッポンの物流人」はエスラインギフ、東日本本部、本部長の伊藤耕作さん!

金曜ボイスログ

 

金曜昼下がり・・・物流業界を盛り上げよう!というコンセプトのもと、 
物流に関わる様々な人々がざっくばらんにトーキング。 
それが日立物流プレゼンツ『LOGISTEED CAFÉ』です。


臼井: 本日は、月イチ企画!「ニッポンの物流人」日本の物流業界で働くユニークな人々にスポットを当てて、 
お仕事の内容や人生に迫っていくコーナーです。

 

松宮:ミトンさん、こんにちは!本日は、物流における「EVトラック」の話題を、物流人に語っていただこうと思っています。

臼井:金曜ボイスログの特集でも、クルマ系Youtuberのウナ丼さんから、話題の電気自動車・EVを色々紹介してもらいましたが、EVトラックが、物流でどう活躍しているのか?気になります! 
では早速、本日の「ニッポンの物流人」をご紹介ください。

松宮:はい! 株式会社エスラインギフ、東日本本部 本部長の伊藤耕作さんです!よろしくお願いします!
 



伊藤:ミトンさん、初めまして!エスラインギフの伊藤です。よろしくお願いします。

臼井:伊藤さん、初めまして!こちらこそよろしくお願いします。
「エスラインギフ」さんは、どんな会社なんでしょうか?

伊藤:当社は岐阜県に本社を置く、社員約2,000名の物流会社です。主な事業としては38事業所を結ぶネットワーク輸送事業サービス、大型の家電・家具の、輸送だけでなくご自宅で組立・設置まで行うホームサービス事業、そして一般的な保管や物流加工等のロジスティクス事業があります。
特長としては、全国38事業所の輸送ネットワークに加え、グループ17社の輸送、ロジスティクス機能を組み合わせることで、全国104拠点の物流ネットワークをもち、これを活用して1通の封書から大型機械の輸送に止まらず、保管加工やセンター業務等のロジスティクス事業までワンストップサービスを提供できます。


臼井:伊藤さんは、どんなお仕事をされているのでしょうか?


伊藤:当社は東日本本部、中部本部、西日本本部と3つの本部を敷いておりますが、私は関東から札幌までを管轄する東日本本部の統括責任者として、営業、現業、総務・人事等を統括しています。


臼井:今日は「EVトラック」についてお話頂けるそうですが、EVトラックと、ガソリン車のトラックの大きな違いはどんな所でしょう?


伊藤:はい、完全にエンジンは無いトラックで、すべて電気モーターによる駆動で走ります。軽油を使用しませんので、CO2の排出は一切ゼロということになります。当社では現在、3台のEVトラックを使った店舗配送の業務をしていますが、この3台のEVトラック、化石燃料で走るトラックを使った場合に比べて、1カ月分のCO2の削減効果は、1本の杉の木が1年間で吸収するCO2の何本分だと思いますか?


臼井:想像できないなー。100本分ぐらいですか?


伊藤:答えは、800本分(※)です。(※ Tank To Wheel指標による)


臼井:800本分!!たったの1か月で!物流業界全体で置き換わっていけば相当な削減になりますね。


伊藤:はい、物流業界は産業全体のCO2排出量に占める割合が大きいものですから、社会的責任として、こうした取組みを進めていきたいと思います。


臼井:ただ、充電設備がまだ整っていませんから、長距離には向かないですよね。


伊藤:当社が導入する2トンEV車の走行可能距離は1回の充電で100kmぐらいなので、午前中の配送から戻ったら急速充電をして、100km以上の輸送をカバーしている状況です。ただ、エンジン音が一切ありませんので、騒音対策として都心部、住宅密集地、コンビニの夜間配送の仕事とは相性がよいと思います。


臼井:なるほど!都心部のお店の巡回輸送や個口配送にはぴったりですね。
この辺で曲をかけたいと思いますが、今日は、エスラインギフ、東日本本部の伊藤さんからリクエストお願い致します!


伊藤 :「Hump Back」の「拝啓、少年よ」でお願いします。
最近はバンド構成や、メロディラインや歌詞が複雑で伝わりにくい曲が最近は多い中、ふときいた曲で、シンプルで気持ちよく伝わってくるところが気に入って、よく聴いています。

 

Hump Back『拝啓、少年よ』

 

臼井:ということで、LOGISTEED CAFÉの月イチ企画!「ニッポンの物流人」、第5回目は、株式会社エスラインギフ、東日本本部の伊藤さんに、お話を伺いました。
伊藤さん、そしてガイド役の日立物流、バンコラン松宮さん、ありがとうございました!
月イチ企画「ニッポンの物流人」では、今後も様々な物流会社のユニークな人々を紹介していく予定です。


 

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ