「生け花」の誕生には”仏教”が影響していた!

ISUZU presents 檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。
今朝は、「生け花」についてのお話でした。

6月6日は「生け花の日」です。実は、つい最近できた記念日で、2020年に「日本いけばな芸術協会」が定めました。日本には昔から、「6歳の6月6日に、習い事や芸事をはじめると上達する」という言い伝えがあるので、この日が記念日なんです。

さて、「生け花」ですが、その原形が生まれたのは飛鳥時代です。これには、仏教の伝来が大きく影響しています。仏教では、仏様に花を供える供花という風習があります。供花の代表は、仏教が生まれたインドに多い蓮の花ですが、日本では、それぞれの季節に応じた花が選ばれました。この行為が、生け花の原形ではないか、と言われています。また日本では、昔から高い樹木などに花を飾って神を招く習慣があり、それが発展したという説もあります。

「生け花」が明確な形で記録に登場するのは、室町時代です。この時代は、文化の担い手の中心が、貴族から武士に移り、書院造り建築や庭園、能楽、茶の湯など、今にも続く独特の文化が生まれます。その1つが「生け花」。とくに書院造りとの関係が深く、床の間を飾るために使われたのが「お花」。当時は「立て花」と呼ばれていたそうです。室町時代後期には、現代まで続く形式が確立されていきます。

現在では、高校生が生け花で競う「全国高校生・花いけバトル」という大会もあります。大会は、2人1組で、5分以内に花を生けるというのがルール。作品の評価に加え、生ける際の所作も審査の対象になります。使う器は事前の組み合わせ抽選で決まり、材料として使う花も、前日のリハーサルで初めて目にします。想定外なことや、ハプニングが起こる臨場感が醍醐味なんだそうです。

家の中に花があるだけで、豊かな気持ちになりますよね。「生け花」はじめてみようかな♪

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ