アナログゲームがここ10年で盛り上がった理由とは?【ドロッセルマイヤーズ代表・渡辺範明が語る】

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を垣間見て「聞けば世界がちょっと変わるといいな!」な特集コーナー「ビヨンド・ザ・カルチャー」、5月19日は…「次々と襲いかかる“遊び心”に、あなたは耐えられるか…!? 
クリエイティビティ&オリジナリティが詰まった見本市、 インディー“アナログゲーム”の世界がアツい!特集  by 渡辺範明」

ここ数年、日本でもすっかり市民権を得たアナログゲーム。「ごきぶりポーカー」「カルカソンヌ」「ハゲタカのえじき」「はぁっていうゲーム」など……さらにここ数年、アマチュアのゲーム作家たちがつくったオリジナルゲームを売る「ゲーム・マーケット」が大盛況で、今やマンガ同人誌の即売会「コミケ」のような盛り上がりを見せているそうなんです。

そこで今夜は、なぜ日本で今インディーのアナログゲームが盛り上がっているのか? 
そこでは一体どんなゲームが作られているのか?

とにかくえげつないほどのオリジナリティ、クリエイティビティ、 そして“遊び心”が詰まっているという、国産インディ・アナログゲームの世界。

ボードゲームメーカー「ドロッセルマイヤーズ」代表、渡辺範明さんに徹底解説いただきました!



紹介したのは…
・タルカ
・インフィニティミライボックス
・オジサンメッセージ
・1ミリ感覚
・テレパシ


 TBSラジオ『アフター6ジャンクション』は月~金18:00~21:00生放送。 FM90.5MHz、AM954kHz、PCやスマホならradikoでも。 聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。 
■番組メールアドレス:utamaru@tbs.co.jp 
■番組公式twitter: @after6junction 
■Instagram:after6junction 
■参考:前身番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(タマフル)」HP 

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ