【2022/05/22】自転車と鉄砲の意外な関係!?庶民文化研究家の町田忍さんをお迎えしました

自転車協会 presents ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信するTBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時)

今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

 

先週に引き続き、ゲストは庶民文化研究家の町田忍さん。

 

「この方ほど昭和に詳しい人はいない」と疋田さんも絶賛する町田さんに、自転車が日本の経済発展にいかに貢献してきたかをお聞きしました。

 

かつて自転車が日本の輸出の花形だった時代があるそうです。そして、今回のハイライトは自転車と銃の意外な関係。実は、鉄砲の銃身を作る技術が自転車フレームのパイプを作る技術に応用され、発展を遂げたのだそうです。

 

そして、昭和以前の文化にも造詣が深く、「自転車史研究会」にも在籍されていた町田さんから、「明治時代、自転車は家一軒と同じ価値を持つ高級品」「ゴムが不足していた時代は自転車を買ってもタイヤがなく、ほかで代用するしかなかった」「かつては自転車税なるものが存在。これでは世間の足として広まらないとの理由から昭和33年にようやく撤廃された」といった興味深いお話が次々と飛び出します。

スタジオにお持ちいただいた自転車カタログ

詳しくは音声でお楽しみください。


番組ではメールを募集中です。

自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、

サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、

自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、

「忘れられない愛車の思い出」などなど。

cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!


 

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ