こんまり流!モノを買う基準

ジェーン・スー 生活は踊る

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』月~木曜日の午前11時から放送中

今日5月24日(火)のスーさん、これいいよ!は、番組初登場!片づけコンサルタントの近藤麻理恵さんでした。

近藤さんは・・・
幼少期から片づけの研究を始め、独自の片づけ法「こんまりメソッド」を編み出されます。2010年に出版した著書『人生がときめく片づけの魔法』が世界40か国以上で翻訳され、1300万部を超える世界的大ベストセラーに。2015年、アメリカ『TIME』誌で「世界でもっとも影響力のある100人」に選出。Netflixに冠番組を持ち、番組はエミー賞2部門にノミネートされました。

近藤さんといえば「こんまりメソッド」=「一度片づけたら、絶対に元に戻らない」独自に編み出した画期的な片づけ法が話題です。改めて確認しますと・・・

最も大事な5つのステップがあります。それが、

①理想の暮らしを考える 

②「モノ別」に片づける 

③触った瞬間に「ときめき」を感じるかどうかで判断する 

④正しい順番で片づける

⑤家にある「あらゆるモノの定位置」を決める

この5ステップを押さえれば、必ずあなたのおうちもスッキリ片づくはず。


 
今回はそんな片付けのお話だけでなく「こんまり流 モノを買う時の判断基準」と題してお話を伺いました。

片付ける、ではなくそもそも近藤さんがモノを買う時の基準は?
どのカテゴリーの買い物に関してもときめきや直感などの「主観的な基準」と、サイズや数、シチュエーションなどの「客観的な基準」の両方のバランスが大事だと考えているそう。

「主観的な基準」=ときめきで買う洋服としては、サイズ感がピタリと合うものを選びます。日本の5号サイズか、アメリカだとXSかXXSで検索したり。ただそれだけではなく「客観的な基準」とのバランスを見ます。具体的には、今持っている洋服を書き出して、傾向をカテゴリー分けしつつ、補充したいものを明確にしてから買われるそうです。
 

家具などの選び方は?

「デザインなどにときめくか」「サイズは家に合うか」「用途が明確か」で選びます!

そのためには、事前に準備しておくのがおすすめ!ときめく家具(orインテリア用品)に出会ったときに参考にできるよう、それぞれの部屋の写真を撮ってスマホに入れておきましょう。家の各部屋の寸法、クローゼットの内寸を測ったメモ、手持ちの家具と比較できる用に、それぞれの家具&収納家具のサイズをメモしたノートがあるそうです。
 

→まとめると・・・どのカテゴリーの買い物に関してもときめきや直感などの「主観的な基準」と、サイズや数、シチュエーションなどの「客観的な基準」の両方のバランスが大事!

ときめいたものであっても、買いすぎて部屋が狭くなって居心地悪くなっては本末転倒です。モノを買ったり持ったりするのは、自分や家族が幸せになるためにすることなので、その目的を見失わないように!

これまでご紹介したのはあくまでこんまりさんの選ぶ基準ですが、ご自分の場合はどうか考えてみてください!
ちなみに、ときめき基準を明確にさせるためは、家の片づけがやっぱりオススメ。片づけをすることで、買い物の仕方も変わります。
 

♪近藤さんからお知らせ♪
近藤さんの新しい本「おしゃべりな部屋」が中央公論新社より税込み1760円で発売されています!
ぜひ、チェックしてくださいね!!

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~木の11:00~13:00生放送。 AM954kHz、FM90.5MHz、PCやスマートフォンはradikoでも。 聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。   

■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp (読まれたらステッカー等進呈)   
■ HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等)   
■ Twitter:@seikatsu954905 (日々のお知らせ)   
■ Instagram:seikatsu954905 (オンエアや取材裏フォト)   
■ Facebook:seikatsu954905 (番組情報と写真)   
■ LINE:https://page.line.me/seikatsu954905

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ