コーヒーを牛乳で抽出すると世界が変わる?「ミルクブリュー」を飲んでみた!作ってみた!

ジェーン・スー 生活は踊る

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』月~木曜日の午前11時から放送中

みなさん「ミルクブリュー」ってご存じですか?

「ミルクブリュー」とは、コーヒーの粉を牛乳で抽出した飲み物。
「コールドブリュー」と言われる「水出しアイスコーヒー」なら聞いたことがあるかもしれません。これを牛乳で行うのが「ミルクブリュー」ということです。


「カフェオレとは違うの?」と思うかもしれませんが・・・

▼「カフェオレ」は、お湯で抽出したコーヒーを牛乳で割ったもの。

▼「ミルクブリュー」は牛乳だけで抽出、そして、冷蔵庫で低温で抽出するので、柔らかくて、全体的に馴染んだ味になります。コーヒーが苦手な人でも楽しめるそうです。これが最近、人気が出ているようなんです!

まずは飲んでみましょうということで、プロが作ったものをテイクアウトしてきました!

錦糸町にあるコーヒー専門店「バース コーヒー ロースタリー ハル」の「ミルクブリュー」1杯・税込み550円。

「もう色が(カフェオレより)白い!めっちゃ牛乳だけどコーヒー!」(スー)

「エチオピア系の豆はアイスに合わないと思ってたけど、そんなことない!ミルクブリューなら合うね!」(スー)

 

番組スタッフが作ってみた

ネット調べてみると、自分で作っている人も多数!ということで、番組でも作ってみました!作るのは、抽出時間を除けば超簡単!

用意するのは・・・

■牛乳 500ml

■コーヒーの粉 30グラム

■コーヒーパック(または、お茶パック)

■冷蔵できる容器

 

作り方は・・・

■パックにコーヒーの粉を入れる

■容器に牛乳とパックを入れる

■冷蔵庫で6~8時間浸してパックを取り出せば完成。

■浸す時間を長くすればするほど、コーヒーが濃くなるので、お好みで時間を増やしてみましょう。

■お好みで砂糖を入れるのもアリ

 

レシピのポイント

▼コーヒーの粉がもれると、漉し直さないといけなくなるので、パックの口をしっかり締める。

▼番組では、カルディの「コーヒーパック」を使いました!

飲み比べるとカフェオレとの違いや、豆の違いが一目瞭然ならぬ一飲瞭然!

その工程すら面倒だけど、家で飲めるようにしたい!という人には、そのままポンと牛乳に入れればOKという、パックの状態で売っているものもあります。さきほどの「バースコーヒーロスタリー ハル」や宮城県にある「KEYAKI COFFEE」の「ミルクブリューパック」。こちらは公式オンラインストアで購入できます。「ミルクブリューコーヒーパック」4個入り。税込み2,052円。別途送料がかかります。

また、今回は錦糸町のお店を紹介しましたが、番組調べでは、原宿にある「THINK OF THINGS」というコーヒー屋さんでも飲めるようですし、ほかにもミルクブリューを扱っているお店あるようです。

美味しいミルクブリューのお店を探すもよし。自分で粉から作るもよし。今年の夏はミルクブリューを楽しんでみて下さい!

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~木の11:00~13:00生放送。 AM954kHz、FM90.5MHz、PCやスマートフォンはradikoでも。 聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。   

■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp (読まれたらステッカー等進呈)   
■ HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等)   
■ Twitter:@seikatsu954905 (日々のお知らせ)   
■ Instagram:seikatsu954905 (オンエアや取材裏フォト)   
■ Facebook:seikatsu954905 (番組情報と写真)   
■ LINE:https://page.line.me/seikatsu954905

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ