「アロマンティック」「アセクシュアル」という言葉を、あなたは知っていますか?~多様な性を考える~

アシタノカレッジ

5月19日(木)のアシタノカレッジは
アシタノLOVE学部【アロマンティック・アセクシュアルを知る】と題してお届け。

電通ダイバーシティ・ラボが2020 年に行ったインターネット調査で、
「アセクシュアル・アロマンティック」の認知度に関して、
81.4%が「聞いたこともなく、意味も知らない」という結果に。
無作為抽出による調査ではないものの、まだまだ知られていないのが現状です。
その「アロマンティック・アセクシュアル」とはどのような人で、どのような苦悩があるのだろうか。

講師に、アロマンティック・アセクシュアル、Xジェンダーの当事者で、
ドラマ「恋せぬふたり」の考証を担当した「AsLoop」メンバーであり、
個人で学校・行政・メディアなどで、多様な性について伝える活動を行う なかけんこと中村健さんをお迎えしました。

「アセクシュアル」とは、性的に惹かれない、性的な魅力を感じない、性的欲求/ 性欲が他者に向かない
「アロマンティック」は、恋愛的に惹かれない、恋愛感情を抱かない
「Xジェンダー」は、性自認が男女二元論ではくくれないあり方
などといったような説明がされることが多いです。

「なかけんさんが"アロマンティック"”アセクシュアル”という言葉と出会ったのはいつごろなのか」「当事者としての想い」「AsLoopの活動内容」「AsLoopでの調査内容やそこから見えてきたこと、わかったこと」
など、当事者の想いから活動について詳しくお話を伺っていきました。

~~~

後半はNews & Calling
ニューヨーク在住の文筆家、佐久間裕美子さんにcalling。
佐久間さんも参加した中絶反対デモについてや、ニューヨーク州バッファローのスーパーでの銃乱射事件のお話を伺っていきました。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ