特集「アメリカ軍統治下で一時は甲子園に出場できず、 それが今では全国屈指の強豪地域に。 高校野球を通して見る沖縄の日本復帰50年」外間一先×速水健朗▼2022年5月18日(水)放送分

荻上チキ・ Session

TBSラジオ『荻上チキ・Session』(平日午後3時半~生放送)
『荻上チキ・Session-22』から続く、新世代の評論家・荻上チキと南部広美がお送りする発信型ニュース番組。
今週は、荻上チキさんが休暇をとって番組をお休みしています。
18日(水)のピンチヒッターは、ライターの速水健朗さんです。

2022年5月18日(水) Main Session

アメリカ軍統治下で一時は甲子園に出場できず、 それが今では全国屈指の強豪地域に。 
高校野球を通して見る沖縄の日本復帰50年
 

リモート出演

沖縄県立博物館・主任学芸員の外間一先さん

特集

1972年5月15日に日本への復帰を果たした沖縄は、今月15日に復帰50年を迎えました。

1945年の終戦後、アメリカ軍に占領された沖縄からは、甲子園の予選への出場などが一時的にできなくなり、また、日本本土との交流もなくなったことで、学生野球のレベルは低下を余儀なくされました。

しかし、復帰前の1968年には興南(こうなん)高校が夏の甲子園でベスト4に進出。「興南旋風」を巻き起こすと、1990年、91年には沖縄水産が2年連続の準優勝。そして、1999年には春のセンバツで、沖縄尚学(しょうがく)が春夏通じて沖縄県勢初の甲子園優勝をもたらし、2010年には興南高校が春夏連覇を達成。

さらに、今月、ノーヒットノーランを達成したソフトバンクの東浜巨・投手、ホームランを量産する西武の山川穂高・選手、去年、新人王を獲得したオリックスの宮城大弥・投手など、プロ野球にも多くの一流選手を送り出して、現在では、全国屈指の野球強豪地域となっています。
 

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録はこちらからお願いします
===============================
「荻上チキ・Session」
TBSラジオで平日午後3時30分から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ。
===============================

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ