おすすめラジオクラウド 安住紳一郎の日曜天国「腸内活動天気予報」

こんにちは。文字起こし職人のみやーんです。僕が選んだラジオクラウドのおすすめコンテンツを紹介するコーナーの第118回目。今回は『安住紳一郎の日曜天国』の中から、安住紳一郎さんが自身の腸内活動をもとにして雨が降るか、降らないかを予報していたトークです。


安住:こういうような天気が水曜日まで続くってことですね。月曜日はかなり雨の可能性が強いということですね。でも、まだ梅雨じゃないっていうことなんですよね。 

中澤:ということですね。 

安住:はい。さて、今日も……これ、どうですか? うーん……降る。 

中澤:アハハハハハハハハッ! 

安住:もう適当ですね(笑)。 

中澤:サイコロ振っている感じで(笑)。 

安住:サイコロの目みたいなね。丁半博打してるみたいなね。もうね。何の根拠もない。うーん、降る! 降らないと見せかけて、降る。どうですか? 

中澤:いいと思います(笑)。 

安住:いいですね。ですって(笑)。なのでお出かけの方、ちょっと早めの帰宅がいいかもしれませんね。 

中澤:フフフ(笑)。そうですね(笑)。面白い(笑)。 

安住:もう全く何の科学的見地にも立ってなく。 

中澤:いつもこの気象予報士さんのお天気を発表した後に安住さんのその感じをね(笑)。 

安住:所感を発表しますからね。私の勘が予報を発表しますからね。うん。でもほら、第六感みたいなのがあるから。なんか第六感っていうのは間の腸で判断してるみたいな話、ありましたね。そういえば、なんか。「腸は第2の脳」って言ったりするでしょう? 

中澤:腸内細菌が決めてるみたいなこと? 

安住:細菌ね。ちょっと私も腸内細菌、たくさん持ってるみたいだから。「私の腸内細菌が今日の天気を当てています」って……もう訳がわからないよね? 

中澤:アハハハハハハハハッ! 突き動かされています?(笑)。 

安住:でもなんか、なんていうんですか? 最近はほら、腸内の菌の活動によって睡眠とかストレスが改善されるなんていう話が巷間、よく言われるじゃない? でもなんで、腸の中の状態で睡眠の質が変わるんだろうとか、素朴に思いますよね? 

中澤:思います。気持ちがね、上向いたり、いろいろとするって。 

安住:なんでだろう?って思って、ちょっと私も興味があったんでいろいろ見聞きしてみたんですけど。そしたらやっぱり、中澤さんはね、ミヤリサン製薬の番組をやってらっしゃったりするんで、詳しいと思いますが。本当にあれですよね。ストレスがかかるとお腹くだしちゃったりとか、キリキリ痛んだりとかするということで当然、気持ちとお腹が直結してるっていうのはよくわかるんですけど。一番最初に人間も細胞分裂する時って、腸のあたりからでき始めるみたいですね。 で、世の中にいろいろ生物があるんだけれども、頭の脳と腸、もちろん両方持ってる生物は多いんですけど。腸だけの生物はいるんですって。でも脳だけの生物はいないんですって。なので、どちらかというと生物にとって一番重要なのは腸。なので腸の都合によって他の機関ができ始めた可能性があるんで、もしかするとなんとなく脳の方が身分的に上のような印象がありますでしょう? なんとなく、司ってる感じで言うと。 

中澤:はい。 

安住:じゃなくて、実は腸がメインで。腸が判断するには煩わしいような瑣末なことを脳に判断させてるっていうような、そういうような考え方もあるらしくて。なので、生命を維持する分野では腸。で、その他のなんか「人のことが好き、嫌い:とか。「ペンを落とした」とか「右手が痛い」みたいな、そういう瑣末な出来事……「些末」って言うとちょっと極端ですけども。まあ、自分の生命維持に対してのさほど大きな問題じゃない分野は脳に判断させてるみたいな、そういうような考察をされてる先生もいて。「なるほどね!」みたいなね。 

中澤:腑に落ちるところ、ありますよね。 

安住:「そうか!」なんて思って。それで、なんか「第六感」とか言ったりするのも、その国の言葉では腸に相当する言葉を使って第六感っていうの当てはめてたりするらしいんですよ。「えっ、じゃあ腸、大事じゃん!」っていうことで、私の腸内活動で関東の天気を予報しています。 

中澤:フフフ(笑)。 

安住:長い! 話、長いよー! 真剣に耳を傾けて損をした。なにが、なにが「瑣末な判断は脳におまかせ」だよね? まあ、ほら。なに? 気象予報サービスとか、脳でやってるわけでしょう? ただ、私が腸内活動で天気予報をやってるから。うん。どうでもいいよ(笑)。なんか腸って英語で「Gut」って言うんでしょう? で、「Gut feeling」っていうと「第六感」みたいなことでしょう? そんなこともあって。はあ……ごめんなさいね。がっかりしたでしょう? 関東全がっかり。関東中が全員がっかり。俺もがっかりした。びっくりした。うん。「何を言ってるんだ?」みたいな。 

中澤:だから、あれですよね? みんなそれぞれ、皆さんの腸で決めればいいってことよね? 最後に決めるのは自分の腸ね。 

安住:そうそうそう。ということですよね。皆様でも、ありますでしょう? なんかなんだかんだ言われるんだけども、なんとなく自分の体の中では違うと思って結論出してるみたいな時、ありますでしょう? 

中澤:ありますですね(笑)。頑固に「自分はこう」って思う時、ありますよね。 

安住:で、一致しないみたいな、そういうところからいろいろ自律神経の乱れとかが始まったりするのかな? わからないけど。あんまり病気のことを軽々しく言っちゃいけないけどね。だから「よーし、今日はみんなでハンバーグ食べに行こう!」なんてハンバーグ屋さんに行く。で、席に着く。お水出される。おしぼり出される。メニュー出された後、なぜか「山菜おこわセット、お願いします」みたいな。そういう時、あるでしょう? 

中澤:ありますね(笑)。 

安住:あれは完全に脳と第2の脳、腸の「Gut feeling」が一致してない時なんだよね。もう、私の腸の「Gut feeling」は山菜おこわをなぜか言っちゃってるわけだよね。 

中澤:言っちゃっているのね。求めてるのね。 

安住:あるよね? そういう時ね。 

中澤:うん。すごくある。 

安住:「あれ? おかしいな。私はハンバーグを食べたくてこのレストランにやってきたのに、なぜメニューを開けて山菜おこわセットを頼んでるんだろう?」みたいな時は「Gut feeling」だね。うん。 

中澤:納得! 

安住:納得してますか? 本当に? なので、今日の関東地方は微妙な天気ですけど……私の「Gut feeling」、第六感では雨降らなそうで、降ります!(笑)。どうでもよい(笑)。 

中澤:ご参考になさってください(笑)。 

安住:どうぞ、ご参考になさってください。ありがとうございました。 

中澤:ありがとうございました(笑)。 

安住:本当に、ありがとうございましたー。久しぶりに内容がないね! こんなに内容がないのは本当にもう、自分でもびっくり。 

中澤:大好物ですよ(笑)。 

安住:大好物ですね。本当に。内容のない話が一番いい! そういう風に生きていきたい。宮沢賢治に合掌。本当に、こんな人生で申し訳ない。本当に。一生懸命生きてきた先達に申し訳ない。はあ……。

安住紳一郎さんの天気予報、どんどんざっくりした感じになってきて面白いですよねー(笑)。「Gut feeling」という言葉、初めて知りました。安住さんのおっしゃっていた第2の脳、腸についての情報、今度どこかでドヤ顔で話したいと思います!

ラジオクラウドアプリ誕生!

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ