おとなも使いたくなる「こども文房具」

ジェーン・スー 生活は踊る

今年の4月に扶桑社から、文房具屋さん大賞PRESENTS『こども文房具2022』というムック本が発売されました。主に未就学児から小学校高学年を対象にした便利な知育・学童文房具というのが453アイテムも掲載されています。著者は他故壁氏さんと、ふじいなおみさんによるユニット「たこなお文具堂」。様々な媒体で文房具の情報を発信しています。

 
5月12日(木)の「生活情報」では、この本に掲載されているアイテムの中から、まさに未就学児から小学校高学年の子どもがいる蓮見アナが興味を持った「こども文房具」をご紹介しました。

 

①「シヤチハタ 手洗い練習スタンプ おててポン」

手のひらにスタンプを押して、そのスタンプがキレイに消えるまで石けんで手洗いをすることで、楽しみながら手洗いの練習ができるというもの。 
スタンプの絵柄はかわいらしい「バイキン」。メーカーによると、約1000回スタンプできるそうです。またインキには安全性に配慮した食用色素が使用されていますので、安心して使えそうです。価格は税込み550円。


②ソニック「リビガク スージーコロン 乾電池式卓上そうじ機」 

その名の通り、消しゴムのカスなどを吸い取ってくれる卓上のそうじ機。正方形のような形で、6cm程度と小さいのですが、吸引力は意外とパワフル。上向き排気となっているので、ゴミを巻き上げずにキャッチできます。

消しゴムのカス以外にも、食べ物のカスや工作の端切れなどを吸い取るのにもオススメ。モーターによる発熱を感知して電源を遮断してくれる「オーバーヒート防止機能」も付いています。また、開閉ボタンがあるのでゴミ捨ても簡単。価格は税込み1650円。


③ぺんてる「アンキスナップ」

見た目は蛍光ペンのような感じのこの「アンキスナップ」。 
ドリルなど暗記したいところをマーカーでなぞって専用のアプリからカメラで読み込むと、暗記シートを作ることができます。受験勉強などでも大活躍しそうです。

黒い部分をタップすると、下に隠れた部分を見ることができます。 
ほかにも様々な機能があるので気になった方は調べてみてください。こちらを使用するためのアプリ自体は無料ですが、使用する際はペンについているシリアル番号を打ち込む必要があります。また利用期間は1年間となっています。OSが対応しているかも確認してみてください。マーカータイプとボールペンタイプがあります。価格は税込み550円。

④墨運堂「ポップコーン ゆび筆」

こちらは握るのではなく、指先に装着して書く筆です。先についている筆に墨や絵の具をつけて、自由に指を動かすだけ。指先に装着するだけなので、握力が弱い方でも書く楽しさを実感できます。大人用と子ども用があるので、高齢の方にも良さそうです。

作:ジェーン・スー 

筆先部分が大、中、小の3種類あります。価格は税込み660~880円。

今回参考にした『こども文房具2022』(扶桑社)には、ご紹介したもの以外にもたくさんの知育・学童文房具が掲載されていますので、こちらもチェックしてみてください!


TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~木の11:00~13:00生放送。              
AM954kHz、FM90.5MHz、PCやスマートフォンはradikoでも。聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。              

■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp (読まれたらステッカー進呈)              
■ HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等)              
■ Twitter:@seikatsu954905 (日々のお知らせ)              
■ Instagram:seikatsu954905 (オンエアや取材裏フォト)              
■ Facebook:seikatsu954905 (番組情報と写真)               
■ LINE:https://page.line.me/seikatsu954905

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ