第470回「GW時事放談」

東京ポッド許可局
 

マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオのラジオ「東京ポッド許可局」。4月23日の放送は「GW時事放談」。

タツオ:今、収録しているのは4月18日ですが…最近気になったこと、ありますか?

マキタ:円安かな。円安でね。

鹿島 :安くなっちゃってね。資産形成とか、どうすんの。

マキタ:金利がゼロに近いからね。

鹿島 :物価高でね。

タツオ:そんなの、2人から初めて聞いたけど。

タツオ:時事放談。ダウンタウンさんの漫才、ご覧になりました?

マキタ:何回も見ちゃった。味わっちゃったな。

タツオ:まず、使ったことないサイトにお金を払って、動画を見られるようにするって、結構な手間だったんです。

マキタ:ほんとに僕みたいな、細かい文字がダメな人にとっては、大変なんだよ。登録して、クレジットカードの決済まで登録してさ。それでも、それを越えてみたよ。

タツオ:エロパワーみたいなのに近いよね。

鹿島 :BSも開設して、すごいですね。

マキタ:クイズネタでしょ。あの2人が若かりし頃からやっていた定番のネタいくつかある中のクイズネタって、テッパン中のテッパンだったわけですよ。

タツオ:続編ありましたからね。

マキタ:ガキ使の初期の頃、VHSでソフト販売してましたけど。初期の初期に、定番のネタをかけながら、最終的には新ネタやってるんですよ。おろしたての。発狂度の高い。それ以降は、フリートークが漫才になってく。あれを見ているから、螺旋状に、彼らなりにネタを進化させていく途中でto be continuedになっていたので。それ以降を、今回の配信で観た気がするんですよ。

タツオ:今更カッチリ台本を起こしてネタ合わせって領域じゃないじゃん。確かに打ち合わせしないって、そうだよなって。「漫才久しぶりだね」ってところから入らざるをえなくて、で、「何する?」ってことになってって。相談だけでも5、6分かけてるわけよ。だけど、久しぶりにダウンタウンの間って、こういうことだよなって。内容ももちろんすごかったけど、テクニックや関係のものだったから。

マキタ:でも、うんことちんちんで笑いをとるわけじゃない。こっちはものすごい高跳びの新記録が出るんじゃないかって期待してるんだけど、バーの下をくぐるような感じで…

それぞれが最近気になったことを持ち寄った時事放談。詳しくはPodcastやラジオクラウドで!

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ