第58回「ウェルビーイング」!

スナックSDGs powered by みんな電力

毎週土曜日の夜に開店する「スナックSDGs」!
/7の放送へのご来店、ありがとうございました。

「再エネソムリエ」の大石英司TBSアナウンサーの上村彩子
毎週、さまざまなお客さまをお迎えします。

今回も素敵なゲストを2人お招きしました。
 


一人目は加藤綾菜さん。

1988年・広島県生まれ。
2011年に加藤茶さんと結婚。
45歳の年の差婚が話題になりますが、その当初は、大きなバッシングの嵐だったといいます。、
結婚から10年が経って、先日、
夫婦の日記『加トちゃんといっしょ』という本が出版になったばかりです。

 

二人目はみたらし加奈さん。

1993年、東京都生まれ。
臨床心理士として働く傍ら、メディアやSNSを通して
「メンタルヘルス」や「性被害」の正しい認知を広める活動をしています。
そして、パートナーと一緒に運営するYouTubeチャンネル
『わがしchannel』では、ライフスタイルやファッション、ビューティの情報を発信しています。

 

加藤)
「30代に突入したときに、周りの人たちが結婚・出産を経験していったんです。
 35歳までにできないと、体力的にしんどくない?っていう会話の中に自分がいて、
 『わたしもあと一年で・・』ていうことを、かとちゃんに話したら、
   "僕は、体ぼろぼろになっても良いし、治療を受けるから子供つくろう"って言ってくれて、
  ・・・それで、出産は辞めようと思いました。
 周りの声は関係ないし、かとちゃんが大事だし、生きてるだけでいいから。
 二人だけの幸せができてるから、一緒に生きていこうと思いました。
 強がりじゃなくて、堂々と二人でいるのが幸せだって言えます。」

 

パートナーと発信しているYouTubeについて

みたらし)
「最初は、思い出づくりで始めたんですけど、投稿していくうちに、
 自分たちが出しているコンテンツに意義が伴い始めているのに気づいてしまって。
 今の日本社会で同性同士のパートナーがいるっていうだけで、
 何かしらの社会的な意味ができてしまうんですね。ロールモデルが少ないので。
 書き込まれるコメントも、"ふたりの日常を見てると、普通と思うようになった"とか、
   "子供がおっきくなった時に、カミングアウトしてきたら、二人の動画を見せようと思います"とか、
   あったかい言葉が増えてきたので、もしかしたら誰かのロールモデルになれたり、
   こういう人もいるんだ、って思ってもらえることにもなるのかなって。
   なので、日常を発信している感じです。」

 

~~~~~~


「みんな電力」あらため「UPDATER」のさまざまな取り組みに注目する時間。
今週は、「みんなエアーさん いらっしゃ~い」

私たちの身の回りの「空気を見える化」して
必要に応じて適切な環境改善をおこなっていくサービスが「みんなエアー」

「みんなの力で世界の空気をアップデートして、ウェルビーイングを広げていこう」
ということで、さまざまな取り組みをおこなっている、新たなチャレンジについて、
UPDATERの「みんなエアー」チームから、山下麻美さんに、お話伺いました。


---


聞き逃した方は、
ぜひ、radikoのタイムフリーでどうぞ!

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ