岡本知高さんの ”恋におぼれ、酒におぼれた留学時代”

要 潤のMagic Hour

ゲストは先週に引き続き、ソプラニスタの岡本知高さん。

最上階10階にあり、 東京湾の一望できる    
『エグゼクティブ オーシャンビュー テラス スイート 1007号室』でお話伺います。

ハイアットリージェンシー東京ベイの詳細はこちら 
 

パリでの留学では『恋に溺れ、酒に溺れて...』?!

岡本さんは20代前半で、男性ソプラノやアルトの歴史があり、
古いクラシックオペラを学ぶことができる、フランス・パリに留学されていました。 

その当時を、人生で1番自由に生きていた時で、
”危険な恋に溺れ、酒にも溺れていた” と振り返られました。

要「お酒は、喉に影響なかったんですか?」

岡本「僕は、高知の男なので、20歳超えてからすごくお酒飲んでいて...
   フランスでは、ワインを飲んでいましたね。
   向こうでの生活は、毎日パーティーで...危険な恋に敗れた時は、
   朝、目が覚めると部屋にワインの空き瓶が7本あったこともありました(笑)
   そうなると、やっぱり声に影響があるんですよ!」

要「ですよね(笑)」

岡本「声の低い歌手の方々は、お酒を飲んでから本番に臨む方もいたんですけど...
   僕みたいな高い声だと、短距離走のような瞬発力が必要なので、
   声帯が充血しちゃうと、声に影響が出てしまうんですよね。
   日本に帰国してから、自分にしか分からない失敗ですけど失敗をしまして。
   『これは昨日の酒のせいだ』という公演で、そこから、お酒は断ちました!」

近藤「え!もう禁酒ですか?」

岡本「一生分飲んだな、と(笑)『はい!(お酒は)終わり!』って
   自分に魔法をかけたみたいにしたら、欲さなくなりました。」

そんな自由な生活、危険な恋、お酒に溺れた経験、
さらには、日常の些細な選択全てが  ”表現のエッセンス” に変わり、
現在の歌声につながっている、と感じているとのこと。

実は、日本の音楽大学のレベルは高く、パリで学ぶテクニックは、
ほとんどが日本で学んだことのあるものだったそう。

岡本「でも、フランスオペラやシャンソンなどの文化が生まれた場所で暮らし、
   外国人として過ごす、という生活自体が、
   留学をした理由だったんじゃないかな、と思うくらい。
   エッセンスを肌で感じるというのが、一番吸収できた事かな、と思いますね。」

要「現地でコンサートや歌を聞いて、刺激ももらいましたか?」

岡本「そうですね。1週間の半分くらいは、オペラに行ってました。
   1番安い席は、当時600円くらいだったんですよ!
   貧乏学生の僕が、毎晩のようにオペラに通えてました」

近藤「オペラというと、日本では敷居が高いイメージあります」

岡本「歌舞伎は、オペラと同じ時代に誕生した文化ですけど、
   日本人に近くて、遺伝子に組み込まれているような感じですよね。
   僕は、”外国人として、オペラを歌わせて頂いている”  という気持ちです。
   留学して、外国人の立場になって、初めてそう気付かされました。」

パリの師からの教え『歌えるものは、全て歌いなさい』

2002年に、パリのプーランク音楽院を首席で卒業。
帰国後すぐ、テレビ番組への出演をきっかけとして、日本での活動をスタートされました。

現在では、コンサートやミュージカル公演などに活躍の幅を広げていらっしゃいます。

岡本「留学したことで、自分の進みたい道が開けましたね。
   というのも、『古い音楽ばかりじゃなくて、あなたが歌えるモノは、全て歌いなさい』 と
   パリの先生方に教えていただきました。
   僕は、田原俊彦さんや中森明菜さん、美空ひばりさんとか、そういう音楽に囲まれて育ったので、
   『自分のオペラの声で、色んなジャンルの曲を歌ったらどんなに素敵か』と!
   そこで、オペラの道1本ではなく、芸能界の力をお借りして、
   自分のやりたいパフォーマンスをできる道を選びました。」

近藤「そういった岡本さんのご活躍で、オペラを少し身近に感じられます」

岡本「嬉しいです!最初は、衣装もすべて自己欲求だったのが、
   お客様に拍手をいただくことで、段々と、どうやったら喜んでいただけるのか、という
   エンターテイメントの出役の気持ちに変わっていきました!」

日常の延長としてコンサートを考えている岡本さんは、
歌でストレスを溜めながらも、歌でストレスを発散している、とのこと。

大学時代から行う、学校訪問コンサート

幅広く活躍される岡本さんですが、
大学時代から、全国各地の学校訪問コンサートをライフワークとされています。

訪問を始めたきっかけは、最初に声楽を教えてくれたという恩師からの誘いでした。

その時に行った初めてのソロコンサートは、自己欲求のまま、
学校で習っているオペラ歌曲やクラシックを披露...子供たちの心は掴めず、
大失敗に終わったのだとか。

岡本「色んな気づきを与えてもらったのが、学校訪問コンサートなので、
   僕にとっては原点なんです。
   今では、アニメソングや、その学校で習っている楽曲を歌っています。」

近藤「その公演を見た学生と再会、ということはありましたか?」

岡本「あるんですよ!この前、歌番組の舞台袖で、舞台に出る直前に
   若いスタッフの方が『岡本さんがうちの学校で公演してくださって、
   いつか舞台裏でスタッフとして、ご一緒したいと思ってたんです』って。
   もうね、泣けちゃって!歌う直前に言うなよ~って(笑)
   音大の先生になった子までいて!覚えててくださるのは本当嬉しいですし、
   そういう声を聞くと、みんな大きくなってるな~って元気になります!」

来週も、岡本さんと優雅な夕暮れ時を過ごします。
お楽しみに! 


OA楽曲

Boléro IV ~New Breath~/岡本知高(アルバム『Anthem』より)

 

番組からのプレゼント情報

5月29日(日)までに、番組公式Twitterをフォローして 
プレゼントキャンペーンのツイートをリツイートしてくださった方の中から...

毎月抽選で1名 に、当番組を収録しているホテル 
ハイアットリージェンシー東京ベイ『デラックスルーム ペア宿泊券』 をプレゼントいたします。

※ ソファーベッドを利用すれば、大人3名での利用も可能です。 
※ 添い寝であれば、小学生の方は無料です。 

※ プレゼントご希望の方は、番組公式Twitter『要潤のMagic Hour』をフォローして 
  キャンペーンのツイートをリツイート(もしくは引用リツイート)してください。 

※ 当選者の発表は、プレゼントの発送をもって かえさせて頂きます。

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ