似顔絵の世界から、カリカチュア・ジャパン代表・アーティストのKageさん▼浜口京子さんとスパーリング仲間?格闘家になるはずが…似顔絵アーティスト?!

鈴木聖奈 LIFE LAB~○○のおじ様たち~
3/26(土)の放送では、似顔絵の世界から、カリカチュアジャパン代表・アーティストのKageさんをお迎えしてお届けしました。

「似顔絵とカリカチュアはどう違うの?」という疑問を持った聖奈さん。「カリカチュアとは『カリカーレ=誇張する』というイタリア語から来ている」んだそうで、人物の特徴を、より誇張して描いたもので、よりユニークに表現した似顔絵で、ヨーロッパが発祥でアメリカでエンターテインメント化されたものなんだそうです。

「初カレとのデートでお台場のジョイポリスやヴィーナスフォートにカリカチュアのお店があって、記念に描きたいけど、乙女心で初カレに言えない…」という思いでがあるという聖奈さん。なんと!Kageさんが設立したカリカチュアジャパンは、ジョイポリスで創業、ヴィーナスフォートが2店舗目だったそうです!!もしかしたら、あの時、Kageさんが、そのお店に座っていたのかも!!?

 

Kageさんは、2007年のカリカチュア世界大会など、優勝歴も多数で、ニューズウィーク誌が選ぶ「世界が尊敬する日本人100」にも選ばれています!すごい!!

そんなKageさんは元々、病弱であったため、体を強くしたいと思ったことから、アニマル浜口さんの道場に入門。浜口京子さんと同級生で、スパーリングパートナーだったそうです!そこから、格闘家を目指し…。あれ??似顔絵アーティストとしてのお話を伺うはずが…、アニマル浜口さんと京子さんのエピソードが濃い!!そしてそこから何故、カリカチュアアーティストになっていったのか??詳しくは、radikoタイムフリーで!!

 

番組後半では、Kageさんがカリカチュアを描くときに欠かせない「コピック」について、そしてカリカチュアの基本スケッチについて伺いました。ポイントは、最初の印象を逃さないよう、スケッチは素早く行うこと!対面でカリカチュアを描くライブスケッチでは、1人あたり5分程度で描き上げるそうです。下書きは1分で!まさに神業!!

 

♪OA曲♪「  風に吹かれて / JUDY AND MARY 」

4/2(土)の放送は、先週に引き続き、似顔絵・カリカチュアの世界から、アーティストのkageさんが登場!Kageさんからレクチャーを受けながら、聖奈さんがカリカチュアに挑戦!また、Kageさんが立ち上げた「カリカチュアジャパン」についてLABします。お楽しみに!!

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ