電車の中でタバコを吸っている人に注意する勇気、ありますか?

森本毅郎 スタンバイ!

先日、電車の中で加熱式タバコを吸っている人に注意をした男子高校生が、反対に殴る蹴るの暴行を受け、重傷を負うという痛ましい事件が起こりました。男子高校生の勇気ある行動が、悲しい結果になってしまいました。そこで今日は、同じ状況で皆さんはどうするのか?調べてきました。

「電車の中でタバコを吸っている人に注意する勇気、ありますか?」

 

★その勇気はないです。関わりたくない・・・。

●「うーん、ないです。そうですね、あんまり関わって自分が何されるか分からないんで、可能であれば関わりたくない。そういう時は遠くへ逃げます。」 

●「いや、ないですね。先方さんがどういう人間だか分からないので、もし何か、こちらに被害がね、被るかもしれないというのがあるのでどうしてもそこは勇気が出ない。」

●「ないです。なんか事件があったじゃないですか、ああいうのに巻き込まれるとって考えると、うーん、窓を開けたりとか出来るかもしれないんですけど、それぐらいしか出来ないと思います。」

注意して逆ギレされたら怖いですものね。見て見ぬフリをしちゃう、関わりたくないと思う人がやっぱり、多かった。電車内の窓を開けたりするくらいしか出来ないという最後の女性の気持ちもよく分かります。精一杯の抵抗、ですよね。

 

★キッチリ注意したいところです

一方、こういう声もありました。

●「注意はします。うーん、ま、怖いとは思うんですけど、やっぱり空間で決められたルールなんで、それは、みんなルール守って乗ってるわけだから、そこはルールに反した人は注意すると思います。暴力に巻き込まれる可能性はありますけど、それはやると思います。」

●「最近はちょっとダメですね、昔だったら結構言ったんですよね。自分じゃほら、正義の味方のつもりでいるから私。なんか今はそういう感じじゃないですね。ちょっとね、今は昔みたいな世の中じゃないですもん。言いたいけど言えないって感じはしますね。」

●「正直なところ、怖いですね。うーん、ちょっと勇気を絞れるかは分からないです。ただ、出来る事なら声をかけたいところです。自分に力があってもっと体格もあって、何かこうされそうになった時に自分の身を守れるのであれば、その力があるのであれば、やっぱりキッチリ注意したいところ。正義感と言えばちょっと格好がつくのかもしれないですけど、それはあります。」

正義感の強い人もいらっしゃいました。「注意すると思います」と答えた方はお一人でしたが、昔は言えたけど、今は年を取ったから言えないというご年配の方や、そして、注意したい気持ちはあるけど、現実的には勇気を振り絞れるかどうか分からないという女性も。腕っぷしに自信があるならいいですが、そういう人ばかりじゃありませんものね。最後の方は、自分が怪我をしたり、トラブルに巻き込まれたりすると悲しむ人もいるので・・・とおっしゃっていました。

★正しい行動だけど、それは正しい選択なのか?

そして、こういう声もありました。

●「あんまりないかなぁ、そういう意味では。別に見た目で判断するわけじゃないですけど、自分が暴力を振るわれてもしょうがないわけだし、働いているので働けなくなってもしょうがないわけだし、その何て言うかな、注意することが正しいとは思うけれど、それをあえてやる必要性があるのかどうかっていうのは微妙かな、疑問に感じるところはありますけどね。ちょっと変な話、過去の経験で言うと、昔ですけど、路上で酔っぱらっていると思うんだけど、カップルが、女の人が殴られていたんですよ。という状況があって、その時に注意しようかなって一瞬思ったけど、やっぱり注意しなかったんですよね。その代わり、警察を知り合いに呼んできてもらったりしたことがあったんで、その方が正しい選択かなっていうのは思いましたけどね。」

注意する事が正しい行動ではあるけども、それが正しい選択か、ということですね。相手がどんな人か分からない、刃物を持っているかもしれない、となると、警察を呼ぶほうが正しい選択なのでは、ということでした。今の世の中、危ないですものね。

 

★我関せずな社会じゃダメなんだけどね。

最後にこういう声がありました。

●「どうかな、たぶん、ないんじゃないかな~。実際どうなんだろうな~。今まで、私もね、電車の中で、ではないんですけど、ちょっと街中で注意して逆ギレされたことがあるんですよ。暴力はなかったですけど、怒鳴って追っかけて来て、そのまま逃げたんですけどね。なんか逆ギレする人が多いんでね~。本当はそういう社会じゃいけないんですけどね、我関知せずっていうんじゃ、何のための社会なのか分かりませんけど、何ていうのかな、もし誰かが注意した時に、逆にやられそうになった時に他の人が助けてくれるような社会になってたら恐らく皆注意すると思いますけどね。注意して、自分がやられても他に人が全然自分の事を助けてくれないという社会である以上は、たぶんね、しないでしょうね。」

我関せずな社会・・・。「特に、東京はそうだよね、地方はそうでもないけど」と。実際、先日の事件は止めに入った方はいました。しかし、都心では傍観者的な態度を取る人が多いのかもな・・・と思います。注意されて逆ギレ、注意して返り討ちにあっていても助けてもらえない。そんな社会では、確かに誰も注意しなくなってしまいます。

ダメな事はダメ!と普通に注意出来る社会になってほしい!それにしても、どうしてこんな社会になってしまったんでしょう・・・。

 

取材・レポート:近堂かおり

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ