54才男性・検査技師さんの俺の5つ星『幡ヶ谷にあった「上海軒」の肉みそ』に関する情報を募集中!

伊集院光とらじおと

54才男性・検査技師さんの俺の5つ星『幡ヶ谷にあった「上海軒」の肉みそ』

臨床検査技師の学校に通っていた1987年頃、渋谷区幡ヶ谷の六号坂商店街に「上海軒」という中華料理屋さんがありました。近くに医療系の学校がいくつかあったので、お昼時の店内は、地下の座敷まで医療系の学生でにぎわい、病院実習が辛い、国家試験がやばいという会話が飛び交っていました。そんな上海軒で私が一番好きだったのが、「肉みそ」と呼んでいた麺の上にきゅうりとひき肉の味噌が乗った料理です。この味噌がとにかくおいしく、直接キュウリをつけて食べたり、生化学実習の試薬を溶かす要領で、透明のスープに少しずつ肉味噌を溶かして、濃い部分と薄い部分の味を食べ比べたりしていました。全て食べ終わって、お皿の底に沈殿した生姜とスープを食べるのも楽しみでした。
しかし就職して落ち着いた頃、あんなに繁盛していた上海軒はなくなっていました。検査技師としてコロナ禍の最前線で忙しい日々を送る中で、上海軒と無駄話をしない真面目な店長がどうなったのか気になっています。なにかご存知の方は教えてください。

54才男性・検査詐欺師さんの俺の5つ星「幡ヶ谷にあった「上海軒」の肉みそ」に関する情報を募集中

2022年2月1日O.A.

●パーソナリティー:伊集院光

●アシスタント:竹内香苗

●調査員:お笑いコンビ・駆け抜けて軽トラ 餅田コシヒカリ

 

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ