何事もない日常、何もしなかった結果の幸せを寿ぐ「NAGI物語」はコロナ禍のラジオ投稿企画だからこそ

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を垣間見て「聞けば世界がちょっと変わるといいな!」な特集コーナー「ビヨンド・ザ・カルチャー」、1月13日は…投稿企画「N.A.G.I ~凪物語~」


「波物語」と聞いて思い浮かべる、ある絵面…皆さん、コロナ禍のいま、求められているのは、あの「波」な物語より、「波のない」、「凪」な物語ではないでしょうか?

「○○しようと思ってたけど、結局、出来なかった」「頑張ろうと思ったけど、結局、頑張らなかった」
   
……でも、それが、結果的にむしろよかった!という皆さんのエピソードを紹介し寿ぐ。

   これは停滞じゃない、高止まりだ!という「高止まり精神」を大切に、オミクロン株が猛威を振り始めた今だからこそ改めてお届けしたい新概念。

翌週からのレギュラーコーナー化に向け、拡大版スペシャルとしてお送りしました。
  



前回の凪物語の投稿例

●社会人でも通える大学に通おうとホームページを見たところホームページがよく分からず、断念 (「Amazonやヨドバシ.comのサイトがいかにきちんと設計されているかと痛感」)。 今はスポーツジムのサイトをよく見ている。
     
●スポーツジムに週5で通っていたが、一年を過ぎたあたりで行かなくなる。「膝に違和感がある。これは放っておけない」 「家でくつろぐ時間も重要」などゴマかしながら、ようやく一年後に退会。 月8000円で「人はいつでも変わることが出来る」という成功体験を得た。

●高校の修学旅行。まわりの体育会系のノリについていけずにボイコット。修学旅行の積立金で、ネオジオと「餓狼伝説2」を購入。こっちの方がいい思い出。

●外出できないので、高級な猫用ブラシで、飼い猫をブラッシング。今までなつかなかったネコがなつき始めたので、猫語翻訳アプリをかけてみたら「今から喧嘩だ!」「獲物は目の前!」と言っていた。

●米農家。いつものタイミングでイネ刈りが出来なかったが、実は熟しきった後にイネ刈りをしたほうがいいことが判明。常識が破られた。


 TBSラジオ『アフター6ジャンクション』は月~金18:00~21:00生放送。 FM90.5MHz、AM954kHz、PCやスマホならradikoでも。 聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。 
■番組メールアドレス:utamaru@tbs.co.jp 
■番組公式twitter: @after6junction 
■Instagram:after6junction 
■参考:前身番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(タマフル)」HP 

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ