青山学院大学生のクライミング選手 中村真緒さん & 駒込中学校・高等学校 「英会話」を学べる授業! 1月17日放送分▼石井大裕×山本楽×嘉蓮(TBSラジオ ・月曜21時~)

TOMAS presents High School a Go Go!!

「High School a Go Go!!」は、「学校」を取りまくいろいろな話題にスポットを当てて、高校生の興味ある話題や悩み、そして疑問などを直撃取材する「高校生活応援プログラム」です。ハイスクール・ア・ゴー・ゴー、通称「ハイゴー」です。

パーソナリティはTBSアナウンサーの石井大裕です。

 

2022年1月17日 放送

スタジオは、高校3年生の山本楽(やまもと・がく)さん、高校2年生の嘉蓮(かれん)さんとお送りしました。

高校生の主張

番組レポーターが各地の高校にお邪魔して、直撃インタビューをする「高校生の主張」のコーナー。新型コロナウイルスの感染防止対策をじゅうぶんに行い、高校とも時間をかけて対策について話し合ったうえで学校をお訪ねし、短時間の取材を行いました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

今週も、東京・文京区にあります「駒込中学校・高等学校」を紹介します。駒込中学校・高等学校は、教育理念に「全力を尽くす人間こそ、国や社会の宝である」を掲げていて、毎年、難関大学に合格者を出している進学校です。

今回は、駒込高校の「サッカー部」を取材しました。片桐千晶レポーターが、サッカー部の2年生、ボランチの本木大登(もとき・やまと)さん、サイドハーフの落合優希(おちあい・ゆうき)さん、ディフェンダーの石井克弥(いしい・かつや)さん、サイドバックの岡本壮太郎(おかもと・そうたろう)さんに聞きました。

片桐千晶レポーター:駒込高校の授業の特徴や取り組みを教えてください

生徒の皆さん:「駒込高校では『英会話授業』という、実際に海外から来てくださった外国人の先生に全て英語で進めてもらい、より日常的に英会話に触れる授業を行っています」(石井さん) 「自分は日本史の授業を受けています。1回の授業で学習する量がとても多いので、こまめに復習をしながら勉強しています」(本木さん) 「1年生の時に『職業を聞く会』があり、実際に働いてる方が学校に来てくれて、自分の将来を考える上でとても役に立ちました。自分は保育の分野を勉強したかったので、小学校の先生が実際に来てくれてとても役に立ちました」(落合さん)

片桐千晶レポーター:これからの進路、将来就きたい職業を教えてください

生徒の皆さん:「自分はサッカーの指導者やサッカークラブのスタッフなど、サッカー関連の仕事に就きたいと思っています。サッカー中心の生活をしてきたので、それを生かして楽しめる仕事をしたいです」(本木さん) 「僕は小学校の体育の先生、もしくはスポーツ関連の仕事に就きたいと思っています。勉強や部活を教えて、(生徒が)頭が良くなったり、部活で上手くなったりするのを支えていきたいと思っています」(落合さん) 「僕は大学に進学して、そこで建築学について学び、建築士になりたいと思っています。世界中の建築物などの設計に協力できるような建築士になりたいと思っています」(石井さん) 「小さい頃から経済について、とても興味があったので、将来は経済や経営の仕事に就きたいと思っています」(岡本さん)

 

なんでも課外授業

「学校ではあまり教えてもらわないかもしれないこと」をゲストを招いて色々と教えてもらうコーナー。今週も、スポーツクライミング選手の中村真緒さんをお迎えしました。

中村真緒さん

中村真緒さんは、2000年生まれ、東京都のご出身。小学6年生の時、家族と体験したボルダリングに熱中するようになり、ジムで練習を重ね、高校1年から本格的に競技として大会に参戦。その後は、日本クライミング界トップの野中生萌選手のパートナーとして、国体の東京代表の座を獲得したほか、「全日本クライミングユース選手権」で2年連続の優勝、さらにワールドカップ出場など、大きく飛躍、スポーツクライミング界・期待の星として注目されています。また、青山学院大学に通う現役の大学生でもあります

石井大裕アナウンサー、嘉蓮さん:中村さんは青山学院大学の4年生ですね。勉強とクライミングの両立は難しかったですか

中村真緒さん:高校1年生の頃は、勉強しなきゃいけないし、練習もしなければいけないしで(大変でした)、でも、今考えれば、頑張っていたのも悪くなかったなと思っています。(青山学院大学を志望した理由は)小学1年生から通っていた学校が学習院で、私立同士なので、幼稚園の仲良かった友達が青山学院に行っていたりして、進学したかったです。大学を選ぶ時に青山学院を志望しました。現在は、総合文化政策学部に在籍しています。大学には、いろいろやりたい子が入ってきます。総合文化政策学部は、例えばファッションのことなども学んだりできるので、けっこう広い視野を持てて、そういう面では自分もスポーツ専門でやってきて、(大学で)多様性の考え方が身についたなということは感じます。

石井大裕アナウンサー:来月、いよいよ大会ですね。こちらの目標を聞かせてください

中村真緒さん:来月の大会は「ボルダリングジャパンカップ」と「リードジャパンカップ」です。まず、ボルダリングは、ここ7年、ずっと日本代表なので代表権を落とさないことです。リードは1回も代表になったことがないので、頑張って代表になれたらと考えています。ボルダリングジャパンカップ、目標は3位以内です。

 

嘉蓮さんが今月から、連続ドラマに出演しています。テレビ朝日で放送中の「もしも、イケメンだけの高校があったら」です。ぜひ、応援をよろしくお願いします。その情報を耳にした山本楽さんが、収録の際、なんと「お祝いの花束」を買ってきてくれました!これにはスタジオの皆が大感激!優しい「お兄ちゃん」のような存在の楽さん!高校生活もあと僅かですね!スタジオの2人はもちろん、すべての高校生の皆さん、悔いのない高校生活を送ってくださいね!

番組は下記のバナーをクリックして、radikoのタイムフリーでお聴きください!放送後1週間以内、聴くことが出来ます!

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ