視覚に障害があるママ・パパの子育て

人権TODAY

~視覚に障害があるママ・パパの子育て~

おととしの9月にこのコーナーで
「視覚障がい者に向けた出張型ネイルサロン」を取材・リポートしたのですが、
その時に、自宅にネイリストを招いてネイルを楽しんでいた湯田安耶乃さん、
ご結婚されて現在は澤田安耶乃(さわだあやの)さんですが、
当時からのパートナーとの間に赤ちゃんができて来月出産予定です! 


この嬉しい知らせをきっかけに、
今回は『視覚に障害があるママ・パパの子育て』についてお送りします。
まずは、安耶乃さんに、久しぶりに電話でお話を聞きました。
 


元々体的に、小さい時に薬とか投与しているのでできにくいって言われていたんですね
赤ちゃん自体。なので、全然…その欲しいなっていうのはずっと二人で言ってたんですけれど、
理想は何人でっていう話はしてたんですけれど、やっぱり全然期待はしていなくて。
だからすごいびっくりしちゃって。二人で。フフフ。(澤田安耶乃さん)

 

幸せいっぱいのあやのさん!

当時から手を取り合って仲良くしていたお二人の赤ちゃんが生まれてくるのは、
取材をさせてもらった私もとても楽しみなんです。

安耶乃さんは今は産休中ですが、先月までは大きなお腹でマッサージの仕事もしていました。
そこで、安耶乃さんにこれまでの妊婦生活と今の想いを聞いてみました。



周りに、そのなんか視覚障がいがあって子どもを産んだ方で、同じくらいの歳の方みたいな
それこそマッサージをしてる方みたいなのもあんまり知り合いがいなくて。
マッサージ続けてた?っていうのも聞けなかったし、あまり聞く機会がなかったんですよね。
  
出産はちょっと怖いんですけれど、でも早く会いたいなっていうのはあります。
もうすごい元気にお腹の中で動いているので早く出てきてほしいなっていうのはありますね。(澤田安耶乃さん)

 

そこで、安耶乃さんのように視覚に障がいのあるお母さんやお父さんのコミュニティって
あるのかな?と思って調べたところ「かるがもの会」というサークルを見つけました。

設立して30年を迎えるサークルで、
昔は電話で連絡を取って情報交換をしていたそうですが、
近年はメーリングリストを使って、例えば新米ママが疑問に
思っていることを投げかけて、それに対して経験しているママたちが答えるなどの
情報交換をしています。


離乳食の作り方を教えてくださいとか、抱っこ紐は何を使っていますか?
検診にはどうやって行きますか?というような質問がメーリングリストで、
全国の会員に送信されます。現在は70家族が会員登録しているそうです。
この「かるがもの会」の代表の石井暁子(いしいあきこ)さんにお話を聞いてきました。
石井さん自身も全盲で、5歳の女の子がいる子育て中のママです。

 

やっぱり目が見えない分、哺乳瓶、口が最初どこにあるかなんていうので、もう抱っこして
ミルクを飲ませなきゃいけないっていう時にですね、こう親指と人差し指で哺乳瓶をかかえながら
中指で口元がどこにあるかなんて探りながらっていうのもやっていたんですけど。
子どもも、やっぱりこうだんだん哺乳瓶の方に向かって口を向けてくるんです。(石井暁子さん)

 
他にもおむつの交換や、お子さんの入浴、爪のケアなど
どうすれば目が見えなくても上手くできるのか?
お母さんだけではなく、視覚に障がいのあるお父さんも・ないお父さんも
最近はリモート飲み会などで情報交換しているそうです。
さらに、今のコロナ禍での子育ての工夫として、石井さんは子どもの手指の消毒の
仕方についてこんな工夫をしていることも教えてくれました。

 

消毒っていう所では、やっぱり消毒を本当にしているかっていうところが不安になって
しまうっていうのもありますので、実際に最初の頃は手を一緒にシュッシュって。
あと、娘から私が消毒液をこうシュッと吹きかけてもらう。一緒にやるっていうことを
常にやっている状態です。(石井暁子さん)

 

石井さんの5歳の娘さんは目が見えるので、今では娘さんから積極的に消毒液を吹きかけてくれるそうです。
誰にとっても大仕事の子育てですが、視覚に障害のあるお母さんたちは
こうしたコロナ禍の悩みも多くあるといいます。

ですが、こうして子どもと一緒に工夫をしたり、子育ての先輩たちに疑問に思ったことをメールで質問ができるのは
心強いですよね。
来月赤ちゃんが生まれる安耶乃さんもこのサークルに入るそうです。

「かるがもの会」のホームページには、サークルの入会案内のほか、
先輩ママ・パパの子育ての経験談もたくさん掲載されています。

ぜひご覧ください!💻http://karugamo.lifejp.net/

(担当:TBSラジオキャスター 加藤奈央)

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ